楽天モバイルの新料金が発表、4月以降も継続利用したほうがよさそうな内容でした

楽天モバイル楽天モバイルの新料金が発表になりました。一言でいうと想定外に安くてびっくりです。遠田が現在利用している楽天Unlimitedは5月まで無料で利用できますが、その後は解約を前提にしていました。しかし、この料金プランをみて、継続しようかなという考えに変わりました。
利用方法によってはかなり安く使えて、ひょっとしたら実質無料で利用できる可能性もあるからです。

楽天モバイルの現状

現状の楽天モバイルは利用エリアが狭いです。遠田が住んでいるかほく市では楽天の電波がまだ飛んでいないので、利用する際はパートナー回線(au)での接続になります。パートナー回線は月に5GBの上限があり、現在の使用量は4.6GBで、残りは0.4GBしかありません。5GBを超えると通信制限がかかるので、Unlimitedの意味がありませんね。

また、楽天モバイルはauとのパートナー回線の契約を3月末で終了と予想されていました。楽天モバイルの電波エリアに入らないところにいたらまったく役に立たないSIMになってしまいます。

こんな状況ではほとんどメリットがないなと思っていました。

rakutenmbnokoriyouryou04.jpg

楽天回線通信可能エリアの拡大

楽天回線のエリア拡大があまり進んでいないと思っていました。
ですが、今調べたら3月末までにはほぼ自分の可動エリアがカバーできるようになります。かほく市、金沢市、野々市市、白山市あたりの市街地はほぼカバーできるようです。

https://network.mobile.rakuten.co.jp/

rakutenmberia202103matsu.jpg
3月末のエリア(楽天回線拡大エリアが自分の居住地をカバーしています)

料金の実質値下げ

楽天モバイルは4月からの料金形態が変わります。これまでの利用者は自動的に新料金プランになり、月額最大2980円ですが利用量が少なければ安くなります。

20GB以上なら2980円
3GBから20GBなら1980円
1GBから3GBなら980円
1GB未満ならなんと0円

1GB未満が0円というのは驚きです。現状の利用状況なら1980円になりそうですが、もう少し利用量を減らせば980円でいけるかもしれません。
また、予備のSIMとして確保して無料のままで保有し続けてもいいなと思いました。

rakutenmbimg-plan-01.jpg

▼スマホページでみた料金プラン内容

rakutenunlimit56.jpg

現在、遠田は3枚のSIMを利用しているので、楽天SIMの使い方を考えなおしました。これからも保有していくことになると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/01/rakutenmobile.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/01/rakutenmobile.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2021/01/rakutenmobile.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。