ホームページの運営管理費は月額いくらが妥当でしょうか

ホームページの運営管理費ホームページの運営管理費について質問をいただくことがあります。中小企業ではマーケティング目的で新規ホームページを立ち上げて運営するケースが増えています。そのさいに大きく以下のような3つのケースが考えられます。
1.自社で構築し運営も自社
2.外注制作して自社で運営
3.外注制作して運営も制作会社の協力を得ながら運営
今回の質問は上記の2で、外注制作して自社で運営している企業です。実際に中小企業で一番多いのがこのケースではないでしょうか。

ホームページの運営管理費は月額いくらが妥当でしょうか

ホームページの運営管理費は月額いくらくらいかかるのか。まずは基本的に最低限かかる費用がいくらくらい必要なのかを知っておく必要があります。そのうえで、自社にはどのケースが適しているのか。また、外注するとしたらいくらくらいの費用がかかるのか。検討していきましょう。

hpkanrisoubakan640.jpg

まず、自社で構築し運用も自社という場合です。

自分でWordPressのようなCMSを使って構築し、自社運用するイメージですね。小規模から中規模までのサイトが構築可能です。当社もこのケースに当てはまります。(当社ではWordPressとムーバブルタイプを併用しています)

この場合に必要な費用は
・レンタルサーバ費用
・CMS費用
・ドメイン管理費
・SSL証明書など付帯費用
になります。

さくらインターネット、ロリポップ、エックスサーバーなどが候補にあがるでしょう。もっとも安くあげたいのなら、WordPress+無料SSL+安いレンタルサーバという組み合わせですね。

例えば、さくらインターネットなら総額で年間1万円程度でも運営可能です。
内訳は、
・レンタルサーバー代金:約5000円(スタンダードの場合)
・ドメイン料金:約2000円(com)、約4000円(jp)
・SSL証明書:無料
・CMS利用料(WordPress):無料
です。

ドメインが「.com」なら合計約7000円、「.jp」なら約9000円です。

うまくいけばこれだけで済みます。
ですから、自社制作で自社運用だとかかる費用はこれだけです。月額にすると1000円程度ですね。

しかし、ネットを取り巻く環境変化は早くて激しいので、ときどきトラブルに見舞われたり、不具合が起きて、外部のヘルプが必要になるときがあります。そのときのためにも、月額費用を払ってでもサポートを得たいという方もいます。困ったときの任意保険みたいなイメージですね。

実際に、自社で構築したとしても、外注構築したとしても、その後のサポートを期待して「ホームページ管理費」として月額契約したいというニーズが増えているようです。

ホームページ管理費の相場感

ホームページ管理費を外注する場合の月額の相場感について調べてみると、ちょうどよくまとまっていたサイトがありました。

ホームページ管理費の内訳と相場を徹底解説!【2021年最新版】
https://web-kanji.com/posts/hp-runningcost

このサイトから一覧表を引用させてもらいました。

hpkanrisoubakan.jpg

相場感として、月額で、5千円、5千~2万円、2万~5万円、5万円以上、という4つの価格帯に分けてあります。この分け方は実感としてわかりやすいと思いました。

月額5千円

月額で5千円というのは、月額契約では最低レベルの外注費だと思います。期待できることは、保険的なことでしょうね。もしも、なにかあったら対応してくれるというレベルかな。レンタルサーバや無料SSLなどの環境変化対応や、WordPressのアップデートにも対応してくれる場合があります。
通常は自社で運営しているけどなにかあったときに不安だから、という中小企業向けです。

月額5千~2万円

月額で5千円~2万円だと、サポートを外注する場合の一般的な価格帯だと思います。上記のような最低限のサポートに加え、月次のレポートや、数ページ程度の情報更新などが含まれている場合もあります。
また、レンタルサーバの管理も制作事業者さんに依頼している場合も、このくらいの月額の範囲になることが多いようです。

月額2万~5万円

月額で、2万円~5万円というのは、それなりにコストをかけている感じですね。
この価格帯の場合は、けっこうサービス提供の内容が業者さんによって違います。レポートが充実している場合もありますが、記事更新などについてはやってくれる場合とまったくやらない場合があります。
事前に業者さんと内容についてよく相談しておかないと、なにか問題があったときにトラブルになる可能性があるので注意してください。

月額5万円以上

月額で、5万円だと、がっつりとネットビジネスを展開しているタイプの中小企業者さんが利用している感じです。かなり運営面でも関与してくれることが多いです。
ただし、社員と違い、一日中拘束できませんし、過剰な期待は禁物です。コンテンツマーケティングやSEO対策や企画立案などで、しっかりと関与してもらうときは、数十万くらい支払っている例が多いです。なにには、成果報酬的に売上や粗利益の1割などというような契約もあったりします。

みなさんはどのような外注サポートが希望ですか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/02/hpkanrihi.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/02/hpkanrihi.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2021/02/hpkanrihi.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。