Twitterアカウントのパスワードがわからなくてログインできなくなったときの対策

twitteracountpw200.jpg企業広報のためにTwitterを使っている企業も増えています。それにつれてログインできなくなって「無管理状態」のアカウントも増えているようです。しかし、企業公式Twitterアカウントが放置されてしまうととても具合が悪いです。グーグルで社名を検索すると、企業サイトと同じくらいの検索順位で表示されるのに、まったく更新されていない状況になっている企業公式Twitterアカウントをよく見るようになりました。
このような場合、企業公式Twitterアカウントはパスワードがわからなくてログインできなくなっているケースが多いです。とくに当時の担当者が辞めてしまったとか、設定したときのメールアドレスを廃止してしまったときとか、容易にパスワード再発行ができないときにどうすればいいかについて検討してみました。

Twitterアカウントのパスワードを変更する方法

Twitterのアカウントがわからないことはないはずです。

たとえば、遠田幹雄のTwitterアカウントは「@tohdamikio」ですが、そのさいのURLはhttps://twitter.com/tohdamikioです。TwitterのURLであるhttps://twitter.com/のうしろにアカウント名をプラスすれば、そのアカウントのTwitterのURLになるからです。

なので、アカウントさえわかればパスワードのリセットができる画面でトライできます。

Twitterのパスワードをリセットする
https://twitter.com/account/begin_password_reset

twitteracountpw.jpg

上記の画面では、Twitterアカウント名だけで手続き開始ができます。
しかし、二段階認証の設定をしていた場合とそうでない場合などで、次の画面が違います。

二段階認証を済ませていた場合のパスワードリセット方法

実際に遠田幹雄のアカウントで試してみると次のような画面になります。

twitteracountpwtohdamikio.jpg

ここまでは、たとえ他人のアカウントでもトライすることができます。
重要なのはこの先です。

メールアドレスを入力しないと次に進めません。

正しいメールアドレスを入れると次の画面になります。

twitteracountpwdenwabangou.jpg

遠田は2段階認証をオンにしているので、携帯の電話番号を入れないと本人認証ができないようです。こうなると正しい携帯番号を入力し、届いたSMSを入力しないと次の画面に進めません。

二段階認証を設定していない場合は、メールアドレスさえわかっていればパスワードリセットがしやすいです。

二段階認証を設定していない場合のパスワードリセット方法

Twitterのパスワードをリセットする
https://twitter.com/account/begin_password_reset

の画面で、メールアドレスを入れると「どのようにパスワードをリセットしますか?」という画面になります。

twitteracountpwmail.jpg

上記の画面だと、表示されているメールアドレスが正しければ、次に進めます。
そのメールアドレスにパスワードをリセットするためのリンクがついたメールが届きます。
すると、パスワードを変更することが可能になります。

上記の例では、おそらくGmailだと推測できるので、「la*********@gmail.com」というメールアドレスに心当たりがあればパスワードの再発行ができそうです。

メールアドレスがわからない場合

しかし、このメールアドレスに心当たりがない場合(例えば、すでに辞めた社員の個人メールアドレスだった場合など)だと、とても困ります。

それでもあきらめるべきではありません。

最後の手段としては、Twitter社に対して現状を詳しく説明した上で、なんらかの方法でアカウントを復活できるようにおねがいするメールを送ることです。過去には、この方法でアカウント復活ができた例もあります。

Twitterのオンラインヘルプを参照する

Twitterのヘルプには以下のような情報があります。

紛失したり忘れたパスワードをリセットする方法
https://help.twitter.com/ja/managing-your-account/forgotten-or-lost-password-reset

なお、企業公式だったTwitterアカウントを削除することについてはおすすめしません。

なぜかというと、アカウントを削除してしまうと、30日後にはそのアカウントは誰でも取得可能なアカウントになってしまうからです。誰かにアカウント取得されてしまうと、その後に不正な利用をされてしまう可能性があります。

なりすましやアカウント乗っ取りと同じようなことが、ルール的に不正でない方法でアカウント取得されてしまう可能性があるわけです。

ですから、もしも公式Twitterアカウントは更新しないにしても、削除はせずに管理できる状況を保って保有し続けることが大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/02/twitterlostpassword.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/02/twitterlostpassword.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2021/02/twitterlostpassword.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。