東京オリンピック開催中に新型コロナ感染症第5波で緊急事態宣言、石川県にも「まん防」が適用

金沢駅の鼓門東京オリンピックでは連日日本人選手の活躍が報じられていますが、同時に新型コロナ感染症の感染者数が増加しています。この第5波で、緊急事態宣言のエリアが拡大し、石川県にも「まん防」が適用が発表されました。期間は8月末まで。
金沢市の飲食店等には営業時短要請と酒類提供の原則禁止になったため、せっかくの観光シーズンなのに重苦しい空気感もあります。7月末日の今日はよく晴れた土曜日で絶好の行楽日和ですが、金沢市内の観光エリアの人出は少なめでした。

金沢駅の鼓門

金沢駅の鼓門あたりには、それなりに人出がありました。

kanazawa20210731002.jpg

金沢駅兼六園口を出て市内中心部に向かう道。「用水の街」という説明パネル越しに撮影してみました。道を歩く人影はまばらでした。

kanazawa20210731003.jpg

武蔵ヶ辻交差点のエムザ前の信号待ち。近江町市場の中も人影が少なめです。

kanazawa20210731004.jpg

いつもの土曜に比較するとかなり人は少ないですね。

kanazawa20210731005.jpg

近江町市場内には、ところどころ氷柱がおいてあります。涼しげですね。この氷柱には美しい花が入っていてとてもきれいでした。

新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、石川県を含む5つの道府県に、まん延防止等重点措置を適用

manbokyotoishikawanado20210731.jpg

https://corona.go.jp/emergency/

内閣官房の新型コロナウイルス感染症対策のページにて最新情報が公開されています。

7月30日に開かれた政府の基本的対処方針分科会で、西村経済再生担当大臣は石川など5つの道府県に対してまん延防止等重点措置を適用することを発表しました。この期間は、8月2日(月)から31日までで、石川県内は金沢市が主対象。県内での適用は5月16日から6月13日までの間以来で2回目です。今回は、金沢市だけではなく、隣接する野々市市や白山市にも飲食店などの時短要請がでています。

「まん延防止等重点措置」の適用について
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kenmin/covid19/documents/210730.pdf

詳細は石川県のホームページにて公開されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/07/kanazawamanbou.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/07/kanazawamanbou.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2021/07/kanazawamanbou.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。