輪島のお醤油屋さんが工場内に店舗を開設しました、谷川醸造さんの直営店オープン

谷川醸造さんの直営店オープン石川県輪島市で人気NO1醤油は「サクラ醤油」です。奥能登で絶大な人気を誇る「サクラ醤油」を製造している醸造元・谷川醸造さんが、工場内に直営店をオープンしました。場所はマルコーさんというスーパーマーケットの隣です。
ちょっとお店を覗いてみました。とてもおしゃれなお店で、中はギャラリーというか、カフェバーというか、なんだか伝統的な醤油という商品を販売している小売店にはみえません。

谷川醸造は輪島市のお醤油屋さんです

A46BA032-9A9C-4101-A98E-8E0858CB7064.jpg

工場と事務所の間の建物内スペースを店舗にしたようです。「サクラ醤油」というのれんがかかっています。

E87A934C-026C-4934-BAF3-04F54573CFFC.jpg

のれんをくぐって店内に入ると、小さいながらも風情ある空間になっていました。

商品の並び方がギャラリーぽいですね。また、木製のテーブルと椅子があるので、ちょっとした飲食店のようなイメージもあります。醤油づくり教室や味噌作り教室などの体験会もできそうですね。

B303C898-7680-43A8-81D6-DBC6B2702BCE.jpg

ちょっと小粋な空間なので、夜はここで強めのお酒を飲むようなカフェバーにしてもいいんじゃないかと思いました。あ、これはおじさん的な考えですね、失礼しました。

CCCE3AAB-8EDC-427D-9A75-41B08D40630A.jpg

「サクラ」というカタカナ文字の下に谷川醸造さんのロゴマークがあり、そのマークを挟んで「醤油」という文字が大きく書かれているのれんです。

「サクラ醤油」が正式名称のようですが、私はカタカナのサクラよりも、ひらがなのさくらのほうを連想していまいます。輪島在住の人々に愛されているお醤油で、その地元の数名の人からは、ひらがなで「さくら醤油」と書くんだよ、と教えられた記憶があるからです。けっこう、ひらがなの「さくら」をイメージする人が多いような気がします。

サクラ醤油は少し甘めのお醤油で、お刺身にはそのまま、調理にもあわせやすい家庭用の調味料です。いつのまにか、我が家で常用するお醤油になりました。

谷川醸造株式会社
https://tanigawa-jozo.com/

サクラ醤油(通販サイト)
https://sakurashoyu.com/

サクラ醤油は通販で購入することもできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/07/tanigawajozo.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2021/07/tanigawajozo.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2021/07/tanigawajozo.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。