ビジネスモデル研究

ビジネスモデル研究のカテゴリアーカイブ

インターンシップインターンシップとは学生が企業で実際の業務体験を行うことである。就職戦線の変化と採用活動の多様化により、インターンシップも短期と長期の2つにわかれ、別の役割を持つようになってきた。短期インターンシップは1日あるいは1週間程度で、疑似業務体験などのグループワークなどを行う。短期インターンシップの目的は企業の採用活動の一貫である。
一方、長期インターンシップは1ヶ月から半年程度の長期間、実際の社員以上の権限で業務を行うことが多く、学生にとってやりがいある社会人体験となる。企業として長期インターンシップを行う目的は、その学生そのもの採用よりも、インターンシップを通じて新ビジネスにチャレンジしたり、パイロット的なマーケティング調査をしたりなど、あらたな事業活動に取り組むきっかけとして活用している例が多いようだ。

のブログ記事の詳細を読む

機械に奪われる仕事 オックスフォード大学のオズボーン教授は「機械に奪われる仕事」という論文を2013年に発表した。その後、この論文はあちこちで波紋が広がった。この先なくなってしまう職種について具体的に指摘されていたからだ。
機械に奪われる職業ランキングの上位で、1位は小売販売員、2位は会計士、3位は一般事務員となっている。いずれもコンピュータや通信の発達により人がいなくても処理できるようになることが容易に想像できる職業である。2位の会計士はアメリカの論文なのでアメリカの事情を表しているため、日本では税理士を筆頭に、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士などの士業などにも影響があると考えられる。

のブログ記事の詳細を読む

法人コンサル営業営業マン育成道場「法人コンサル営業マン育成道場」というタイトルの企業内研修がある。運営しているの道場主は有限会社アクトコンサルタント代表の大森啓司氏(中小企業診断士)。
この風変わりなタイトルは大森啓司氏の強みと特徴を表している。大森啓司氏は、遠田が尊敬する先輩コンサルタントで、中小企業診断士試験の勉強会仲間でも兄貴分。早々に中小企業診断士に合格し、その後外資系コンサルタント会社に転職し実力を発揮。そして1999年に経営コンサルタントとして独立して現在に至っている。今でも背中を追いかけている先輩コンサルタントであるが、また新たなことにチャレンジする旺盛なバイタリティとチャレンジ精神には感動する。

のブログ記事の詳細を読む

三和メッキ工業の清水栄次さん三和メッキ工業の清水栄次さんの講演が石川県地場産業振興センターで行われた。講演タイトルは、製造業Web活用営業戦略セミナ 「かっこつける必要は全然ない。」となっていた。しかし、かっこつける必要ないというけれど、清水さんの生き様がにじみ出た熱いトークは本当にかっこよかった。まさに「オレ流」。21世紀の中小製造業が切り開くビジネスモデルのお手本のひとつは、間違いなく「三和メッキ工業」である。

のブログ記事の詳細を読む

おさしみ直送便石川県産業創出支援機構(ISICO)が発行している情報誌「ISICO」68号に興味深い記事があった。「おさしみ直送便」というWEBサイトを運営している能登七尾の産魚店のネット進出レポートである。この鮮魚店は七尾市の有限会社川端鮮魚。
ビジネスモデルの特徴は「刺身の通販」を「オーダーメイド」で行なっているということである。お客様のリクエストに応じて、鮮魚を刺身にしたり、マリネやサラダなどの加工も行い小分けにしたり、きめ細かい対応で順調に売上が伸びているということだ。

のブログ記事の詳細を読む

Saintan 兵庫県三田市にサント・アンというケーキ店がある。単独の路面店としてはとても大きなケーキ屋さんだ。元気で親切な接客、どんな要望にも徹底して応えようとする姿勢。ご要望にはNOを言わず可能な限り応える。小さなクレームにも全力で対応するなど、販売を中心に製造スタッフまでもが全てお客様本位に動くのがこの店の強さだ。

のブログ記事の詳細を読む

西辻一真氏地産地消ではなく自産自消をとなえるのが西辻一真氏(写真)の経営する株式会社マイファーム。自分で作った野菜を自分で食べたいという都市生活者のニーズをつかみビジネスにした。マイファームは貸し農園を運営しており、会員に月額5000円程度で約4坪の畑をレンタルする。この「体験農園サービス」で都市部(東名阪)にビジネス展開し、すでに50以上の貸し農園があり、今年も20以上の貸し農園を新規オープンさせている。今年のマイファームの売上は約1.8億円に達しようとしている。

のブログ記事の詳細を読む

ペット日本の子供(15歳未満)人口は約1,860万人。一方国内の犬猫飼育数は、約2,168万頭。つまり、ペット数の方が子供の数を大きく上回っている。少子化問題が叫ばれているが、少子化と同時にペット増加という構造変化が起きている。ペットの家族化も進んでおり、「コンパニオン・アニマル(伴侶動物)」ともいわれるようだ。このためペットビジネスも増加中。少なくなった子供向けよりもペット向けのビジネスのほうが将来に期待できるかもしれないからだ。

のブログ記事の詳細を読む

手芸店のはぎれ手芸店の人気が上昇している。特に首都圏ではユザワヤが出店攻勢をかけている現象が目につく。ユザワヤは、これまでは首都圏でも山手線の外側だったが、最近は銀座、新宿、渋谷と都心に集中して出店したり出店を計画している。特徴は、ファストファッション店舗の隣への出店が多いということだ。それもほとんどユニクロの隣。ユニクロの隣に手芸店を出店すると繁盛する理由はなにか?

のブログ記事の詳細を読む

EkinakacutJR高田馬場駅の駅構内に床屋がある。10分で1000円カットのヘアカット専門店QBハウスだ。もともと「時間買い」という点では電車の待ち時間10分でカットができるといいなと思っていたので、駅ナカ床屋ビジネスモデルは整合性が高い。駅ナカのビジネスが面白い展開になりそうだ。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加