成功事例や繁盛店のカテゴリアーカイブ

20160606gizmodo_panasonic_01.jpgギズモードというプロ視点の記事を紹介するWEBサイトに能美市の電気屋さんが紹介された。タイトルは「"街のでんきやさん"って何しているの?」となっており、マチの電気屋さんの密着取材の様子を紹介する記事になっている。取材対象は石川県能美市の電気店「アンド・はとや」である。
一昔前のマチの電気屋さんというと、地域の便利屋さんで白物家電(冷蔵庫、エアコン、洗濯機)などの購入先だった。しかし、今ではどうだろう。白物家電は大型電気店やネット通販での購入に変わってしまったというユーザーが多いのではないだろうか。今、自分のマチに電気屋さんが残っていないという例も多いのではないだろうか。

のブログ記事の詳細を読む

phocaseのEC事例スマホケースを販売するネットショップ「phocase」のEC事例がフェレットプラスに掲載されていた。年商1億円超のネットショップの詳細な数値を含んだ分析データでこれはとても参考になる。公開してくれたネットショップ・オーナーとフェレットプラスには感謝したい。
2014年10月のデータとして、アクセス数(セッション)約413000、売上1627万円、購買人数約5500人という数値が公開されている。という公開数値から試算すると概算で、転換率は1.3%、1アクセス単価は40円となる。集客施策の特徴としてPPC広告(リスティング)からコンテンツSEOに切り替え、今ではリスティング広告を0にしたという点である。この施策がうまくいったからこそ、データ公開ができたのだろう。

のブログ記事の詳細を読む

アンティーク家具ショップのハンドル(水野商品館) ネットショップコンテンスト北陸の初代グランプリアンティーク家具ショップのハンドル(水野商品館)さんである。今月、福井市春山に実店舗をリニューアルオープンした。手狭になっていた本店の敷地内に、経営しているシャルドネ福井店を移転させ複合店として生まれ変わった。
写真の看板は旧店舗時代からずっと使っているものをそのまま使っている。アンティーク商品を扱うだけあって、古いもの、よいものを、大事に長く使う、という姿勢がまたいい。

のブログ記事の詳細を読む

ローズストーンの小林美輪さんローズストーン店長の小林美和子さんにはオーラがある。小林美和子さんは、美人で会う人の心をつかみファンにしてしまう話術がある。それだけではなく、相手のことを思いやる「ホスピタリティ」がすばらしい。とにかく、初めて小林美和子さんに会った人から「小林美和子さんにはオーラがありますね。」という言葉を聞かされることが多い。ローズストーン(小林大伸堂)は実店舗の魅力を活かすWEBサイトとネット通販の相乗効果を発揮している。さすが、北陸ネットショップグランプリ2012の受賞店である。
今回の講演は、社長の小林照明氏ではなく、実店舗の店長であり奥様である小林美和子さんだから、接客やサービスなどについても語ってくれるはず。ますます興味深い、いいセミナーになるはずである。

のブログ記事の詳細を読む

パティシエ・エス・コヤマ兵庫県三田市の「パティシエ・エス・コヤマ」は超人気スイーツ店。TVチャンピオンで優勝したことで有名になった小山氏が2003年にオープンした。今でも人気は絶大だ。開店時間の10時より30分前に店に行くとすでに駐車場はほぼ満杯、店頭には50人以上が行列を作っていた。買うまでに1時間は待つことになりそうだ。お目当ての商品は「小山ロール」だろう。人気商品の小山ロールは賞味期限が当日限りなので、買ったその日のうちに食べる。行列に並んだことが、おいしさをさらに引き立てる。

のブログ記事の詳細を読む

Saintan 兵庫県三田市にサント・アンというケーキ店がある。単独の路面店としてはとても大きなケーキ屋さんだ。元気で親切な接客、どんな要望にも徹底して応えようとする姿勢。ご要望にはNOを言わず可能な限り応える。小さなクレームにも全力で対応するなど、販売を中心に製造スタッフまでもが全てお客様本位に動くのがこの店の強さだ。

のブログ記事の詳細を読む

野菜工場で水耕栽培店舗併設型植物工場が増えている。サンドイッチチェーンのサブウェイの導入で話題になった野菜工場だが、今年4月にオープンした金沢高柳のメープルハウスにも水耕栽培の野菜工場が設置されている。
メープルハウスの植物工場はレタスやルッコラなど葉物野菜を栽培している。種まきから収穫までの期間は約30日なので、年間2万株程度を収穫できそうだ。

のブログ記事の詳細を読む

ローズストーン小林夫妻小林大伸堂はネットショップで有名だがローズストーンという実店舗も運営している。店舗オーナーの小林照明さんは、 印鑑に対して絶対のこだわりを持つ職人さんだ。開運印鑑など多様なハンコ類を販売しているが、最後は必ず納得いくまで手彫りで仕上げている。ネットショップとしての成功事例でよく取り上げられているが、実店舗もおしゃれで素晴らしい。
そして、実店舗では奥様の美輪さんの存在がキラリと光る。そこにいるだけでまわりがパッと明るくなるというオーラを発しているよう。小林夫妻はとても仲良しで「夫婦仲のよいネットショップは繁盛する」という事例の代表格である。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加