経営合宿のカテゴリアーカイブ

経営合宿の朝食準備風景経営環境の変化が早い。ビジネスモデルの陳腐化も早い。これまで成功していたやり方はいつのまにか古くなってしまい、いつしか時代適合しなくなっていく。企業は常に未来を見据えて経営戦略の見直しを行なう必要がある。しかし、このようなことの重要性はわかっていても緊急性が乏しいだけに、未来への構想を練る時間を作れないまま、ずるずると過去のやり方をひきづっているケースが圧倒的に多い。
そこで、中小企業経営者には社員参加型の経営合宿を実施することを提案したい。一泊二日でじっくりとインプットとアウトプットを行なうのがいい。(写真は朝食準備の風景)

のブログ記事の詳細を読む

石川県青少年総合研修センター石川県青少年総合研修センターは金沢市内で宿泊できる研修会場。卯辰山の丘陵の丘の上に建ち浅野川を見下ろすことができるよい立地である。徒歩で行けるような商業施設が近隣にないため、合宿型の研修をするにはもってこいだ。
とくに春は多数の桜が咲き誇り、花見をする場所としても隠れた名所になっている。研修の合間に外を見れば、満開の桜の花と金沢の風景が眼下に広がるという絶好のロケーションである。この時期は新入社員研修なども多く、複数のグループが泊まりがけで研修を行なっていた。中には「スプリングキャンプ」と銘打った経営合宿を行なっている企業もあった。

のブログ記事の詳細を読む

プレゼン合宿中小企業者には、年に一度くらい定期的な経営合宿を行うことを勧めている。SWOT分析や戦略立案のための経営合宿でもよいが、今回は「プレゼン強化」をテーマにした。このプレゼン合宿は社員のプレゼンテーション能力向上を目的として、二人で一チームとしたチームごとのプレゼンを行う。前日の夜に1回目の発表、翌日の昼前に2回目の発表を行なった。

のブログ記事の詳細を読む

ビジネスプレゼン合宿石川県商工会連合会青年部の調査研究委員会は「ビジネスプレゼン合宿」を昨日と今日の二日にかけて行った。参加したのは事前に5分のプレゼンを用意してきた約20名。初日に発表したあと、講師からの講評をうけ、グループディスカッションで仲間同士で意見交換し、自分のプレゼンをブラッシュアップする案を固める。その夜および翌朝までにプレゼン内容を磨き上げる。そして翌朝午前9時からプレゼン本番の開始。奇跡の一夜漬けでプレゼン内容が格段によくなった受講生もいて、プレゼン合宿は大成功だった。

のブログ記事の詳細を読む

スプリングキャンプは一泊二日の経営合宿スプリングキャンプは一泊二日の経営合宿。経営戦略を磨き実効性を高めるためには年に一度は行うと有効だ。今回、この中小企業では「ホスピタリティ」をテーマにした経営合宿を行なった。異業種のサービス業事例ビデオを見てグループで意見交換して発表したり、自分の思いを3分間スピーチで発表したり、全員参加の経営合宿だった。

のブログ記事の詳細を読む

SWOT分析から対策案をひねり出す中小企業にこそ戦略立案が重要だ。生きた経営戦略を立案実行するためには、経営者のトップダウンだけではなく、第一線の社員たちも意思決定に参加する全員参加のボトムアップ型の経営戦略づくりが有効。その方法としては経営合宿がある。一夜を共にし、知恵を出しあって「あるべき姿」に向かっていく術を探ろう。戦略立案手法としてはBSC(バランススコアカード)を活用する。写真はSWOT分析から対策案をひねり出しているところ。

のブログ記事の詳細を読む

Swotgassyukuikenkoukan泊り込みで自社のSWOT分析する経営合宿。SWOT分析とは、S:強み、W:弱み、O:機会、T:脅威という4つの象限で自社の現状を分析する経営分析ツールである。自社を取り巻く経営環境を内部要因の強みと弱み、外部環境の機会と脅威にわけて列挙し整理する。
SWOT分析でしっかりと現状分析を行ったら、次は対策(アクションプラン)を考える。対策はTOWS分析というシートを使うと案を出しやすい。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加