ガレットのカテゴリアーカイブ

ガレットのできあがり京都三条のCHOICEというベーガンカフェで開催されたマクロビ教室に参加した。参加目的は3つ。1.越前蕎麦粉を使ったガレットをはじめ様々なベーガン料理の作り方を教えてくれること。2.そのガレットなどその日の料理を食べられ、しかも有機ワインとともに楽しむことができるという楽しそうな会だったこと。3.様々なベジタリアン料理を作り楽しく明るいことでも有名なeriko先生に会ってみたかったこと。目的はすべて達成できた。蕎麦好きワイン好きなベジタリアンの遠田としては三拍子揃ったすばらしく魅力的な会だった。
参加者はほとんど女性で、意識の高いすばらしい方ばかりだったのも大きな発見。京都日帰り参加を決断できたもの今回の蕎麦粉を提供した福井市のカガセイフン加賀健太郎氏が車で往復するからと、同乗を誘ってくれたもの。ご縁に感謝した。

のブログ記事の詳細を読む

ガレット蕎麦粉100%のガレットが気に入っている。蕎麦屋から蕎麦粉を買うことがあるが、ほとんどは自宅でガレットを焼いて食べることで消費していた。焼いた蕎麦はうまいのである。ガレットとはフランス北西部(ブルターニュ地方)の郷土料理で蕎麦粉を水で溶き鉄板で焼いたものだ。卵や野菜やハムなどをのせて食べるのが一般的。最近、ガレットの人気が高まっているようで、クレープ屋さんの新メニューになったり、カフェの人気メニューになったり、ガレット専門店までできたりと外食でもガレットが食べられるようになってきた。
先日、名古屋に出張したさいにガレット専門店でガレットをいただいた。トマトと卵と生ハムが具だったが、ベジタリアンの遠田はハムがNGなので抜いてもらった。ガレットはなんといっても生地がうまい。外側はカリカリしているが生地の中身はわりともっちりしていて食べごたえがある。蕎麦粉100%なので、ある意味十割蕎麦といえる。蕎麦の風味は焼いたほうが特徴がでるかもしれない。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加