情報系ソフトやWEBサービスなどのカテゴリアーカイブ

すぐに使えるCGIホームページのトップページで新着情報として最新情報を表示する方法をいくつか試してみた。キャンペーンページの上部に更新情報を表示するため、iframeで使えるものが欲しかった。老舗のCGIサービスやブログパーツなどを調べ、よさそうなものは試してみたが、今ひとつしっくりこない。そんな中で「これはなかなか使える」と思えたのがこれ。CMS「すぐ使えるCGI」。ネーミングもなかなかいい。ダウンロードして解凍し、ほぼそのままFTPでアップロードするだけでちゃんと稼働するというのも気に入った。

のブログ記事の詳細を読む

折り返し翻訳折り返し翻訳という日本語を日本語に翻訳するWEBサービスがある。日本語を英語に翻訳しそのあとその英語をもう一度日本語に翻訳するという一連の翻訳を一度にできるサービスである。もとの日本語とは全然意味が違う言葉になったりしておもしろい表現になることがある。もともとこの手法は、記事を書くときなどにライターさんなどに使われていた。原稿書きに行き詰まった場合などに「日本語→英語→日本語」と訳してみたりすると、言葉の深みと広がりがでて、その発見からまた筆が進むというわけである。もともとはGoogle翻訳を使うことが多かったが、この折り返し翻訳だと一発ででるので便利だ。

のブログ記事の詳細を読む

インターネット国勢調査今年の国勢調査は「インターネット国勢調査」元年である。紙ベースではなくネット回答が優先して行われ、ネット回答がなかった世帯のみ調査員が訪問して従来型の紙での回収という流れになる。情報通信技術(ICT)の発展により調査手法や国民の理解度も進化したといえる。国民としても負担軽減や利便性向上につながるためおおいに賛成である。ちなみに世界的にも国民全世帯を対象としたオンライン調査は世界最大級の規模で、事実上世界初といっていいだろう。スマートフォンからでも回答できるため、想定している回答数は1000万世帯超だという。はたしてどうなるか。

のブログ記事の詳細を読む

GTmetrixホームページの表示速度測定をしてみよう。あまりに表示速度が遅いようならなんらかの対策が必要である。表示速度が遅いとホームページを閲覧してくれているユーザーの満足度が低下するだけでなく、Googleからの評価も低下し検索順位の低下が懸念されるからである。
ホームページ(レンタルサーバー)の表示速度測定をしてくれるWEBサービスはいくつかあるようだが、ここでは「http://gtmetrix.com」を使って測定してみた。

のブログ記事の詳細を読む

多数の枚数をプリントWEBサイト内の全ページを印刷するという、とても多くの枚数のプリントをしなければならなくなるかもしれない。持続化補助金の採択を受けてWEBサイトをリニューアルした場合、リニューアル前とリニューアル後の両方のページを証拠として印刷して提出する必要があるという。あるサイトはCMS構築されているため、リニューアルページ数で計算すると500ページは軽く超える。リニューアル前後の両方をプリントするとなると単純に1000枚の印刷が必要になる。しかも上下に長いWEBページはA4で1枚に印刷がおさまりそうにない。事務手続き上、どのように対応すればいいのだろうか。

のブログ記事の詳細を読む

祝電はDmail祝電をDmailで送った。DmailはNTTが運営するインターネット電報である。パソコンでもスマホでもWEB画面から入力と送信ができる。考えてみれば電報とは古いインフラで、相手先に電話がなくても短文を届けるしくみだ。昭和のイメージがぷんぷんする。今やインターネット時代で、一人ひとりがスマホなどの情報端末を持つのが不通の時代だ。
それでも人の心(自分自身)というのはそれほど革新できていないのかもしれない。創立50年のお祝い事にLINEやFacebookのメッセージだけというのも味気ないと感じ、祝電をDmailで送ることにした。

のブログ記事の詳細を読む

bunbackupデータのバックアップを毎日定時に自動で行うソフトではBunBackupが便利だ。フリーソフトなのに高機能で安定して稼働してくれているのがいい。もちろん、パソコンの重要なデータはクラウドのデータストレージに同期化してバックアップしておくのがいい。ドロップボックスやワンドライブ(マイクロソフト)などを使うのがいいだろう。
遠田は事務所にFAXとwifiでつながったノートパソコンを24時間オンにしている。ドロップボックスで最新FAXをアップし、外出先のノートPCで更新したファイルもドロップボックスで更新する。そのうえで、毎日定時(深夜0時1分)に特定フォルダだけを外付けHDDにもバックアップしている。ドロップボックスのフォルダは容量上限が気になるので、不要になったファイルを削除したり移動したりすることがある。定時バックアップの時間に存在したファイルは外付けHDDに自動バックアップされているのでもしものときでも安心だ。履歴管理としても便利。こうしておくことで二重三重のバックアップになる。

のブログ記事の詳細を読む

写真素材ちょっとした写真素材を探すときに便利なWEBサービスを見つけた。「photolibrary.jp」という写真素材の提供サイトだ。すでに270万枚以上の写真ストックがあり、毎月5万枚ペースで写真ストックが増えている。写真のかなりの部分が無料か100円程度。数点でも数百円レベルでそれなりに写真を揃えることができる。なんといっても多数の写真を低価格ですぐに収集(その場でダウンロード)できるのが魅力である。以前は「レンタル写真サービス」を利用したこともあるが、今はまずこのようなサイトで探したほうが早い。
たまたま「錆びた金属のイメージ写真」を探していたらこのWEBサービスにめぐりあった。結局、無料の素材のよいのがあったので会員登録して、その場で該当する写真をダウンロードしたらすぐに使うことができた。とてもよくできた便利な写真サービスである。

のブログ記事の詳細を読む

feedwindRSSを表示するブログパーツをあらためて探してみた。最近はWordPressのウィジェットにもRSSがついていたり、無料ブログにもなんらかのRSSリーダーのブログパーツがついていたりすることが多いので、特別必要というほどものもでもない。
しかし、WEBデザイン的に収まりのサイズを微調整できたり、表示が安定していたり、自動スクロールさせたりとか、細かい要求がでてくると専用のブログパーツでないと対応できない。いくつかのブログパーツを調べてみたところ「feedwind」がなかなかいい。簡単にきめ細かい設定ができて、表示も早く安定しているようだ。

のブログ記事の詳細を読む

ドコモの動画で未来の通信イメージがわかるドコモがYouTubeで提供している動画を見た。2020年という近未来のウェアラブルコンピュータ通信イメージがわかる。メガネ型やコンタクトレンズ型の通信端末を使い、遠く離れた人とビデオ動画通信ができるということを表した動画だ。10分弱の動画だがストーリー仕立てになっていて、なかなかおもしろい。
インドに住むママグプタというホームステイのお世話をしていた女性をはげまそうという内容になっている。主役は金沢に住むユキという女子高校生。金沢市のひがし茶屋街を歩きながら外国にいる友人と会話するシーンもあった。あと6年でここまで通信環境は劇的に変化するのかどうかはわからないが、ありえないとはいえないくらい通信環境は変化しているのでもしかしたらそれ以上に進化するのかもしれない。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加