気になる本・書籍、電子書籍のカテゴリアーカイブ

質問中心の研修質問中心の研修で名を馳せている野原ひでお氏がDVDを出した。「質問中心の研修講師養成講座(基礎編)」というタイトルの二枚組DVDである。このDVDの内容は、実際に実施されたセミナーの様子を編集したものだ。また特徴的なのは、研修会講師を対象としていることで、いわば講師のための研修内容になっている。しかも、このDVDは基礎編であり、基礎編に続く応用編というか上級編が実際の研修として行われているという。
企業研修講師として人気の野原ひでお氏だけに、内容も十分満足できるものになっている。受講生の気持ちをぐっとひきよせる極意がふんだんに詰まっている。セミナー講師をすでに行なったことがある人も、これから講師になろうとする人にもおすすめのDVDである。

のブログ記事の詳細を読む

楽天の電子書籍「kobo」 今月、モバイルルータの楽天スーパーwifiを契約したが、そのときのおまけで楽天の電子書籍「kobo」がついてきた。「kobo」は7インチ程度のタブレット端末で、アイパッドミニやネクサス7など、現状のタブレットでもっとも人気の7インチサイズというのがいい。「kobo」は電子書籍とし認知されているが、インターネット接続できるブラウザとしても使える多機能な7インチ端末という期待もある。電池も長持ちしそうだ。
しかし、画面がモノクロで画面表示が遅くちらつきがあったりして、動きがあるWEBサイトなどはとても閲覧できない。やはり、電子書籍の専用端末として割りきって使ったほうがよさそうだ。

のブログ記事の詳細を読む

50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか? 50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?という書籍が人気になっている。ビジネス書だがストリー仕立てになっているので現代人にもとっつきやすく読みやすいのだろう。これは「もしドラ」にも共通しており、ビジネス書籍のヒット要因なのだろう。
書籍の内容は、リストラしても利益が増えないしくみをうまく説明している。ビジネス書籍としても管理会計やバランス・スコアカードや店舗運営のことがわかりやすく書かれている良書である。

のブログ記事の詳細を読む

電子書籍元年だった2012年 電子書籍元年だったといえる2012年。来年(2013年)はより一層電子書籍が普及するだろう。アップルがIPADを発売した2010年以降タブレットの人気は急上昇。佐々木俊尚氏が出した「電子書籍の衝撃」にもあるように、マスメディアの崩壊と同時に急速に電子書籍という概念が広まった。そして2012年、電子書籍のインフラとしてちょうどよい7インチのタブレットが各社から出揃った。amazonから本命のKindleも発売され、いよいよ機は熟した感がある。電子書籍はこれから花開くだろう。
では、消費者として電子書籍とどうつきあうか?「BEソーシャル!」という書籍で検証してみた。

のブログ記事の詳細を読む

スマフォでも読める「日経ビジネスDigital」を新規契約約20年購読していた紙媒体の日経ビジネスを解約した。理由は読み終わった雑誌の処分に困るからだ。代わってスマフォでも読める「日経ビジネスDigital」を新規契約した。雑誌版と内容は同じで、インターネットで読む電子書籍の一種である。パソコンでも、アンドロイドでも、iPhone(iPod touch)でも同じIDで読むことができる。最新版でもバックナンバーでも雑誌をダウンロードできるので、wifi環境がないところでも読むことができるので、電車の中で読むのにも便利だ。

のブログ記事の詳細を読む

これだけ知ればコンサルティングのプロ 「これだけ知ればコンサルティングのプロ」は、船井総研の五十棲剛史氏の最新著書。しかし、一般の書店では買えない。なぜなら、この本は電子書籍でしか販売されていないからだ。購入はApp Storeからダウンロードする。iPhoneでもiPadでもどちらでも読むことができる。写真はiPadだが、この電子書籍はiPhone用に最適化されているようで、iPadでは画面が小さくて少し読みにくい。またiPadの電子書籍は縦書きのものが多かったので横書きだとは思わなかった。電子書籍といっても規格が一定ではないので、購入時は注意が必要だ。

のブログ記事の詳細を読む

Ipad_denshisyoseki ふくい支援センターでは今晩、「電子書籍の衝撃」の著者である佐々木俊尚氏のセミナがある。タイトルは「激変するメディア環境とマーケティングの未来を語る」。佐々木俊尚氏は、これまでもグーグルが開いたビジネスの変化をいち早く伝えた一流のITジャーナリスト。先般もソフトバンクの孫正義氏との光の道巌流島UST対談が印象的だった。さぁ、今夜はなにを話してくれるのか期待したい。

のブログ記事の詳細を読む

またあなたから買いたい!またあなたから買いたい!この本は、「カリスマ新幹線アテンダントの一瞬で心をつかむ技術」というサブタイトルがついた斎藤泉氏の著書だ。
斎藤泉氏は山形新幹線つばさの車内販売アテンダントとして記録的な売上をしたことで知られている。つばさは満席時でも400席程度、車内販売の平均額は7万円程度といわれているが、斎藤泉氏は26万円強の売上をしたり、187個の駅弁を販売したりという輝かしい実績を持っている。
満席で400席しかない車内で、1時間というランチタイムの時間内に、どうやって187個もの弁当を完売したのか。斎藤泉氏の綿密な下調べと準備、チャレンジ精神、そしてお客さまを思う心の強さに感動した。

のブログ記事の詳細を読む

Techo2weeks見開き2週間が1週間ごとに移動できて、自在に使える便利な可変式手帳が「スライド手帳」だ。この1週間分の紙の動きには「あっ」という人が多数いる。遠田も初めて見た時は「なるほど、こんな3次元的な使い方があったか」と驚いた。B5サイズでたっぷり書けるし、見開き2週間が俯瞰できるし、忙しいビジネスマンにはぴったりの手帳ではないだろうか。まもなく大手百貨店等で正式発売になる見込みのようだが、先行して「スライド手帳」は無料モニタを募集している。

のブログ記事の詳細を読む

Yowamusigatuyomusi 読みたいと思いアマゾンで検索したら該当無し。「弱虫が強虫になる」という本はどこで手に入れることができるのだろう?

希望の心理学
脳を知って子供も私も強虫に
家庭は意識して作る時代
弱虫が強虫になる 和田周平

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加