グーグルアナリティクス(Analytics)

グーグルアナリティクス(Analytics)のカテゴリアーカイブ

googlesg200.jpgGoogleアナリティクスの管理画面に「Googleシグナル」という新機能が使えるようになった。これは、クロスデバイストラッキングができるようになるという待望の機能である。クロスデバイストラッキングとは、同じユーザーがPCとスマホを使い分けている場合でも、同じユーザーのアクセスと判断して記録し分析できるようになる機能である。これまでは、同じユーザーでも、PCとスマホは別のアクセス情報としてしか分析できなかったが、これからはずいぶんと分析しやすくなるはずである。

のブログ記事の詳細を読む

analyticsgamenhenkou200.jpgGoogleアナリティクスへのログイン方法が変わった。
Google検索で「アナリティクス」と検索すると表示されるURLは
https://www.google.com/intl/ja/analytics/
のままである。しかし、このURLをクリックすると表示されるページは
https://marketingplatform.google.com/about/
になった。Googleマーケティングプラットフォームの画面である。リダイレクトをかけてまでこのページに誘導するのはGoogleの大きな意図がありそうである。

のブログ記事の詳細を読む

crewebrefanalytics.jpgあるネットショップのアクセス解析を見ていると不思議な参照メディア(URL名)を見つけた。コンバージョンにつながっているセッションに多発している。調べてみるとクレジット決済ページからのリンクだった。お客様が購入処理のさいにクレジット番号を入力するページがクレジット決済サービス独自のURLの場合、そのページから引き続き購入完了処理をするために戻ってきたアクセスを記録しているようである。

のブログ記事の詳細を読む

analyticshozonkikansetting200.jpgGoogleAnalytics(グーグル・アナリティクス)のデータ保存期間が約2年間程度に制限されることになった。これまではデータの保存期間の制限がなかったので、数年分の比較ができた。長期間WEBビジネスを展開している事業者にとっては大幅な機能低下となる。
この対策が用意されているので、データの保存期間を延長したい場合は必ず設定しておこう。データ保持期間を「自動的に期限切れにならない」にしておくのがよい。

のブログ記事の詳細を読む

webtestkekkasoba.jpgGoogleアナリティクスのウェブテスト(いわゆるABテスト)を実施した。「北陸の蕎麦食べ歩き」というブログサイトの「十割蕎麦二八そば」のページで、下部に動画がある場合とそうでない場合を比較したテストである。当初は「下部に動画があるほうが滞在時間が伸びる」だろうと仮説を設定してゴール設定を10分滞在というコンバージョンにしたら仮説が特定できなかった。そこであらためて「5分以上滞在」というコンバージョンをゴール設定してABテストを実施したところ、動画があるほうがコンバージョンの達成率が28.91%高いことがわかった。

のブログ記事の詳細を読む

webtestsoba200.jpgワードプレス(WordPress)でABテストを行ってみた。ABテストとは、用意されたAとBという2つのページで、どちらのほうが成果がでるかを実証実験することである。Googleアナリティクスには無料でABテストができるので、その機能を使った。条件としては測定したいページのヘッダ部分に特定のコードを挿入する必要がある。そこで「Per page add to head」というヘッダ挿入ができるプラグインを使った。
ABテストで測定したのは、「北陸の蕎麦食べ歩き」の「十割蕎麦と二八そば」のページで、動画の有無で滞在時間が伸びるかどうかをチェックした。

のブログ記事の詳細を読む

analytics201706a.jpgGoogleAnalytics(グーグルアナリティクス)にログインすると、表示される内容が大きく変わった。画面のような案内になり、アナリティクス、タグマネージャ、データスタジオの3つの「利用開始ボタン」が並んで表示されるようになった。

のブログ記事の詳細を読む

webmasterstoolsdown.jpg常時SSLに移行するWEBサイトが増えてきたが、アクセス解析系の設定が不十分な例が多い。つい忘れてしまいがちだが、自社のWEBサイトを常時SSLにしたあとにはグーグルアナリティクスとサーチコンソールもhttps対応にするため設定を修正する必要がある。修正していないとアクセス解析するデータが不正確になるため、どきっとする解析結果が表示されたりする。
今回は、対前年でほぼ同程度のアクセス推移しているWEBサイトで、集客キーワードが激減(検索アナリティクス)したように見えたという事例を紹介する。

のブログ記事の詳細を読む

abtest.jpgWEBサイトを運営するマーケティングにABテストといわれる手法がある。ABテストとは文字通りAのページとBのページの2種類でどちらのほうが効果があるかを測定し、より効果がでるほうを選択するという継続的な仮説検証の手法である。ABテストツールは有料WEBサービスとして各社から提供されているが、かなり高額なので中小企業のWEBサイトでは使いにくい。そこで、無料で使えるABテストツールとして、グーグルアナリティクス(GoogleAnalytics)を活用するのがよい。設定は少しややこしいが、手順通りになれば設定できる。

のブログ記事の詳細を読む

常時SSLにした後はアナリティクスの設定を見直す常時SSLにした後はアナリティクスの設定を見直そう。SSL化した直後は、検索結果に表示されるURLはまだhttpのままである。だから、閲覧されるWEBページは「https」と「http」がしばらく混在するはずだ。できるだけ確実にデータを集計するためにもアナリティクスの設定を早めに修正しておく。
設定を修正するのは2箇所。プロパティの部分とビューの部分で、それぞれURLを「https」か「http」かのどちらかを選択することになっている。SSL化する前は「http」になっているはずなので、「https」に変更する。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加