ブログ活用(Blog)のカテゴリアーカイブ

lineblogstart.jpgLINEブログは芸能人や有名人たちが書いていたスマホだけのブログだった。11月14日から一般人でもこのLINEブログを使えるようになった。LINEユーザーなら無料で使える。LINEブログ専用のアプリをスマホにインストールして、あらたにIDと名前を決めるだけである。パスワード設定はないので、LINEのほうで認証しているのだろう。
まずはアカウント登録してLINEBLOGを始めてみた。

のブログ記事の詳細を読む

goatsignup200.jpgKDDIが新たに「g.o.a.d」というブログサービスをスタートした。無料で使えて、スマホでの投稿が簡単、写真が中心というもの。いわばインスタグラム型ブログといっていいだろう。
試しにアカウントを作成してブログを開始したが、なんと「パスワードが不要」というログイン方式になっている。これには驚いた。メールアドレスを入れてログインを押すと、そのメール宛にログイン画面URLが送られてくる。15分間だけ有効なログインURLになっているようで、そのログインをクリックするだけで新たな記事が書けるようになっている。写真が中心なので、ほぼスマホだけで運営できるのがいい。

のブログ記事の詳細を読む

cmsのこれからCMSのこれまでを考え、CMSのこれからを考えてみた。CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、クラウド上でコンテンツを管理する便利なシステムだ。ユーザーが使うクライアント側は、ブラウザさえ使えればパソコンの機種はウィンドウズでもMacでもいいし、最近はスマフォやタブレットでも問題なく使える。一方クラウド側(システム側)はインターネットのサーバ上で動いており、システムを提供する側が常に最新で便利な環境に整備してくれるはずである。しかし最近の環境変化は早く、クラウド側の方が常に最新で便利な環境を提供してくれるとは限らない。むしろ環境変化に追いつかず使いにくくなっていいったCMSもある。

のブログ記事の詳細を読む

ブログで記事を300件書くブログでのWEBマーケティングの基本はブログ記事を書くことである。では、何件くらい書けば検索にヒットして安定的にアクセス増加しだすのかということを、よく聞かれる。ひとつのめどとして、ブログで記事を300件以上書けば検索エンジンからの集客が安定的に増加する。これは経験則からの数値であるが、記事数300件を超えると月間アクセス数が1000件を超えるようになることが多い。うまくいい記事を書ける人は記事数100件で同様の効果を得ることができることがあるが、まず最初は質よりも量が大事。記事数300件を目標に書いてみてはどうだろう。

のブログ記事の詳細を読む

レスポンシブデザインレスポンシブWEBデザインとは、1つのhtmlでパソコンでもタブレットでもスマートフォンでも最適表示をしてくれる可変幅対応のデザインCSSである。エージェントで切り替えてパソコン用やスマートフォン用に作成された別々のhtmlを見せる方式は複数のhtmlが存在してしまうため管理がややこしい。これからはレスポンシブ対応を主にしていきたい。
アクセス解析を見ていると、今年に入ってから急激にスマートフォンユーザーのアクセスが増加しており、すでにパソコンユーザーの閲覧数を超えているWEBサイトが多い。この急激な変化にネットショップやブログなどのWEBサイトがまだ対応できていないという例も多い。レスポンシブ対応の近道として、WordPressやMovableTypeなどのブログで、レスポンシブ対応のデザインテーマを選択することである。

のブログ記事の詳細を読む

アメブロのヘルプページアメブロのヘルプページに利用規約が書いてあり、そこには商用利用禁止が明確に書かれている。実際のところアメブロ利用者には商用目的が多い。昨年あたりからアメブロ商用利用者がアカウント削除されているという話が急増している。さらに昨年12月からはアメブロ内のスパムブログ撲滅の動きもでてきた。AmebaにSEOスパムの通報機能が設置された。この理由について、アメブロを運営しているサイバーエージェントの「サイバーエージェントSEO情報ブログ」では、スパムブログに頭を悩ませておりその対策であることをうちあけている。つまり、アメブロで規約違反の商用ブログは今後ますますアカウント削除などの対策が強化されそうな状況になっている。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加