ムーバブルタイプ(MovableType)のカテゴリアーカイブ

mtos_fckeditor_mt4i.jpgMTOS(ムーバブルタイプオープンソース)の利用を推進していたのはかれこれ10年以上も前である。そのころの記事は相当古く今となっては利用価値がほとんどなくなっている。しかも、スマホ対応できていない、SSL化対応ができていないなど、時代にあわない状況のページになっている。Googleサーチコンソールから警告がでておりなんとかしなくてはならない。いっそこのMTOSの古い記事は消してしまおうかとも考えた。しかし、もしもの備忘録としてとっておくことにした。

のブログ記事の詳細を読む

関連記事矢印MovableTypeで記事ページに関連記事一覧5件を表示できるようにカスタマイズした。参考にしたのはMovableTypeのカスタマイズでは定評ある藤本さんのブログ。
https://www.h-fj.com/blog/archives/2013/01/16-120356.php
カスタマイズ内容は
・同じカテゴリ5件を関連記事として表示
・サムネール画像を左右200ピクセルで表示
である。

のブログ記事の詳細を読む

mt637.jpg当サイトのCMSはMovableType(ムーバブルタイプ)を利用している。使い始めたことのバージョンは3だったが、現在のバージョンは6になっている。パッチリリースの案内が先月きており、ようやく最新版にアップデートできた。MovableType最新バージョンは6.3.7になっている。
さて、MovableTypeは4月にバージョン7が発売の予定である。ひょっとしたらバージョン6としてのアップデートは今回が最終になるかもしれない。

のブログ記事の詳細を読む

MovableTypeの文字サイズを大きくする当サイトはMovableTypeで構築されている。レスポンシブデザインになっているので同じURLのままでPCでもスマホでも見やすいはずである。しかし、最近ではスマホでの閲覧のほうが増加してきたため、スマホでの見やすさをより重視する必要性を感じていた。というのは、スマホで当サイトを見ると文字サイズが小さいという苦情を時々聞くようになったからである。そこで、文字サイズを大きくするためスタイルシートを編集した。

のブログ記事の詳細を読む

mthtaccess.jpgのサムネイル画像404エラーが多発している。当サイトが2月に実施したドメイン変更以後の現象である。階層ごと同じであれば301リダイレクトがうまくいくはずだのだが、MovableTypeで再構築したさいに個別記事のURL(パーマリンク)が変わってしまった記事がいくつかあるようだ。そのURLが変わってしまった記事は「ページが見つかりませんでした」という404エラーになってしまっている。その対策として「.htaccess」内の301リダイレクトを追加して対応することにした。「.htaccess」の内容の編集はMovableType内のテンプレートで新規作成した。

のブログ記事の詳細を読む

mt-medic.cgiでパスワード変更なんらかの不具合でログインできなくなってしまったMovableTypeにログインする方法を発見した。「mt-medic.cgi」を使うことでパスワード変更ができた。
MovableTypeを利用しているWEBサーバ上のフォルダに「mt-medic.cgi」をアップロードして権限を実行可能(755など)に変更しアクセスするとパスワード変更ができる管理画面が表示される。例:https://********.com/mt/mt-medic.cgi
mt-medic.cgiの管理画面が表示されたら、以下の手順でパスワード変更ができた。

のブログ記事の詳細を読む

MovableTypeのメール設定MovableTypeを利用している場合、システム管理者のメール設定をちゃんとしておかないともしものときにログインできなくなってしまうことがある。システム管理者のメール設定はしてなくても普段は問題なので気づかないので注意が必要だ。
今回は、管理者としてムーバブルタイプにログインできなくなってしまい、パスワードを再発行しようとしたができないという不具合に直面した。「メールが正しく送信されませんでした。xxxxxxx.com:587」というエラーメッセージが表示される。この原因は「mt-config.cgi」内にあるメール設定をきちんとしていなかったことだった。

のブログ記事の詳細を読む

MovableType6.3.3当サイトで利用しているCMSはMovableTypeである。本日シックス・アパート社からMovableTypeのアップデートの案内があった。最新バージョンは6.3.3になり、すでにプログラムをダウンロードできるようになっていた。今週は当サイトのメンテナンスを集中して行っていたところなので、早速最新版にアップデートした。
まずは、シックス・アパート社のユーザーページにログインすると、取得済みライセンスの最新版一覧を見ることができる。その画面から最新版のMT6.3.3の圧縮ファイル(zip形式)をダウンロードする。その後、以下の手順で作業を進める。

のブログ記事の詳細を読む

mt632.jpg当サイトでは「MovableType6」を利用している。いまやブログのCMSの代表格は「WordPress」になってしまったが、かつては「MovableType」が主役だった。そんな背景もあり、長年使用しているブログCMSは今でもMovableTypeで構築されている場合もある。とくに企業や公共機関でMovableTypeの利用が多かったので今でも利用し続けているという例が多い。
さて、MovableTypeはWordPressと違い有料なのでライセンスが必要である。以前ソフトウエア版を購入していたのであれば最新版をダウンロードすることができる。現在利用している当サイトのバージョンは6.2.2だった。現在の最新バージョンは6.3.2になっている。そこで、最新バージョンのMovableTypeをダウンロードした。

のブログ記事の詳細を読む

mt622dandd.jpgMovableTypeを6.22にアップグレードしてもっとも変化したのは管理画面がhttpsのSSLになったことである。しかし、そのこと自体は地味な変化であり、自身の操作感にはほとんど変化はない。それよりも大きな変化は写真のアップロードが楽になったことだ。ブログ記事を書くときに画像選択が「ドラッグ&ドロップ」で可能になった。またアップロードしたあとの画像の回転などの修正機能が追加されており、親切である。写真をアップしブログ記事を書くことがとても楽になっている。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加