ズープス(Xoops)のカテゴリアーカイブ

XOOPS_ProtectorXOOPSサイトにログインしようとして何度もPWを試していたりすると「You are registered as BAD_IP by Protector.」というメッセージが出て、それ以降アクセスできなくなってしまう。これはXOOPSのProtectorモジュールの拒否IPに登録されてしまった場合に発生する現象。Protectorモジュールは不正アクセスを防止するために一定時間内に何度もアタック(パスワード総当たりなど)されると防御するしくみを持っている。これをBrute Force対策といい、初期設定では10分以内に10回以上ログインに失敗すると、そのIPを拒否するようになっている。このため連続して10回ログインに失敗すると拒否IP登録されログインできなくなる。

さて、昨日は19位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

のブログ記事の詳細を読む

日本語版XOOPS(ズープス)現在、日本語版XOOPS(ズープス)は主に2種ある。旧来からあるXOOPS2.0.xJP系列と、2007年に正式版がリリースされたXOOPS Cube Legacy2.1.x系列だ。どちらも日本語のズープスキューブ(http://xoopscube.jp/)から無料ダウンロードで使用可能だ。では、XOOPSを使うならどっちのXOOPSを使うのがよいだろうか?またバージョンアップなどの対応ではどうすればいいか?

さて、昨日は17位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

のブログ記事の詳細を読む

Php4php5 PHP4のサポートが2008年8月に終了するため、今年は多くのレンタルサーバがPHP4からPHP5に移行するようだ。さくらインターネットは6月をめどにPHP5に切り替わる予定。今やMT(ムーバブルタイプ)xoops(ズープス)ワードプレスなどブログやCMSがメジャーになった。これらのブログやCMSではPHPおよびMySQLを使っている例が多いが、データベースに関わる問題に備えPHP5へのスムーズな移行準備しておく必要がある。

さて、昨日は16位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

のブログ記事の詳細を読む

ネットショップ倶利伽羅合戦の特設サイトネットショップ倶利伽羅合戦の特設サイトを開設。とりあえずxoops(ズープス)にて器だけ。これからコンテンツを整えていく予定。倶利伽羅合戦石川県チームの方いかが?

さて、昨日は20位。今日は何位かな?⇒ぽちっとクリックお願いします

のブログ記事の詳細を読む

Xoopscube_1 xoops(ズープス)のバージョンアップされた。最新安定バージョン(2006/4/29リリース)2.0.14 JPならPHP5.1でも稼動するとのこと。さっそく、遠田.jpにxoopsをインストールした。遠田.jpのサーバはphp5.1なので、これまでのxoops2.0.13は不具合が多く使えなかった。xoops2.0.14 JPならPHP5.1でも問題なく動くようになった。
xoops.tohda.comもバージョンアップし、少し動きが軽快になった。同時に、いくつかのモジュールも相次いでバージョンアップされていたため更新。とくにpiCalはセキュリティ面から0.86にバージョンアップしておく必要がありそうだ。
XOOPS Cubeとは、xoopsそのものではない。ちょっとややこしいので注意。xoops情報はXOOPS Cube公式サイトにて。

さて、昨日は8位。今日は何位かな?⇒

のブログ記事の詳細を読む

xoopskanrigamen最近xoopsに関する問合せが増えてきた。とくに管理画面の使い方がわかりにくいという。その管理画面の説明をムービーで行っているサイトを発見した。http://www.broad.ne.jp/xoops/だ。ムービー画面はこちらから

のブログ記事の詳細を読む

xoopstohdacom久しぶりにxoops(ズープス)ページをリニューアルした。http://xoops.tohda.com/グループウェア機能とコミュニケーション機能の融合がうまくいくかどうかの実験をかねたリニューアルだ。
今回は、自分が使いやすいようにグループウェア的機能も充実させた。日程管理がここからできるようになる。公開できる予定と公開できない予定が混在して管理できるのがいい。さらに、登録ユーザも同じように使うことができる。さらにxoops内にブログモジュールと掲示板モジュールを組み込んでコミュニケーション機能を充実させた。しばらくはこのカタチで運用してみる。

のブログ記事の詳細を読む

xoopsブログが隆盛。今年上半期の話題商品1位が「ブログ」だったことでも一般の方々に浸透したことがわかる。実はブログも広義のCMS(コンテンツマネジメントシステム)のひとつである。CMSの長所は、htmlを知らなくてもデザイン的に統合されたwebページ作成が可能なことだ。しくみは、テキストデータとWebページのテンプレート(デザイン)を、それぞれバックエンド・データベースを入力しておき、条件にそってテキストデータとテンプレートから新しいWebページを自動的に生成する。
さて、CMSではやはりhttp://jp.xoops.org/だろう。…ということでインストールしてみた。器を作るまではわりとスムーズだった。ブログのMTのインストールよりスムーズにできた。しかも費用は0円。既存サーバの要件でOKだったためハード追加費用0円。書籍は買っていないので0円。ソフト費用も0円。しかし問題はここからだ。肝心のコンテンツ作成のテンプレートでよいものがない。誰かおしえて。(^^;
試作ページ⇒http://xoops.tohda.com/

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加