マメジン

マメジンのカテゴリアーカイブ

マメジン納会マメジンの納会は先週末だったが、少し遅れて本日紹介させていただくことにする。市民が大豆を作る普及活動を続けているのがマメジンだが、今年の畑での活動を終了した。11月21日(土)に、寺町の玄米菜食てんてん明制さんで納会を開催した。参加者は11名と過去最多となった。来年の味噌づくりから新規参加予定の方もこの納会から参加いただいた。てんてんさんの料理はマクロビオテック仕様なので肉も野菜も使っていない。ベジタリアンやベジタリアン的な食生活を好む人が多いマメジンのメンバーにも大好評である。通常、お酒は置いていないが、お酒の持ち込みは歓迎とのことなので、一人一品のアルコールを持ち寄っての納会となった。

のブログ記事の詳細を読む

畑で大豆のさやを分別マメジン自由が丘の畑で収穫作業を行なった。朝は7℃程度と冷え込んだがよい天気に恵まれ、朝8時過ぎには日差しの暖かさもあり汗ばむくらいになった。今年の豆人の栽培作物は大豆が畑面積の約半分だが、その他に落花生やサツマイモなどを植えていた。今日はこれらのほとんどを収穫した。大豆は適度に乾燥してさやだけになっているので、根本を大ばさみで切り取り、いったんブルーシートの上に集める。その後、さやだけをはずしひとまとめにしたあと、ネットの袋に入れておく。本来なら、豆叩きを行い、さやの中の入っている乾燥した大豆だけを取り出したいところだが、その作業をする場所と時間がないためだ。

のブログ記事の詳細を読む

マメジンの畑で作業金沢は雨が降ったあと好天に恵まれ、昨日の百万石まつりの百万石行列も雨にあわずに済んだ。マメジン自由が丘の畑は適度なお湿りを持った土で作業がはかどりやすい絶好のコンデション。日曜の朝6時半からサツマイモの定植作業の予定に、油谷氏、長岡氏、北野氏、勘村氏、遠田が集まった。畑の空きスペースを耕し畝を作りサツマイモを定植、あとは落花生を植えた。大豆もほぼ無事に定着しているようで土寄せをした。土の状態がよいようで、雑草の生え方も元気がよい。土寄せをしながら草むしりし、今日の作業で畑の空きスペースがなくなり、畑が全部埋まった。あとは、草むしりや土寄せをしながら秋の収穫を笑顔で迎えたいものだ。

のブログ記事の詳細を読む

サツマイモの苗五郎島金時の生産農家として有名なかわにさんからさつまいもの苗を譲っていただいた。五郎島金時は高系14号という品種のさつまいもである。高系14号は西日本で広く使われており、徳島県の「なると金時」をはじめ、宮崎県の「宮崎紅」、鹿児島県の「べにさつま」、高知県の「土佐紅」、千葉県の「大栄愛娘」などのブランドはすべて同じ品種である。しかし、同じ品種の高系14号でも、各地で独自の品種改良や栽培マニュアルがあり、かなり差別化され別ブランドとして認識されているのが現状だ。たとえば、五郎島金時は、「船底植えをする」とか「マルチを使わない」とか「生産や出荷の時期が決まっている」とか「認定された生産農家しか名乗ってはいけない」などの取り決めがある。

のブログ記事の詳細を読む

落花生はうまく芽が出なかった先週マメジンの畑で植えた落花生の一部をわけてもらい自宅に持ち帰り植えてみた。しかし、残念ながらうまく芽が出なかった。3粒植えた落花生は、植えたすべての場所にもぐらが通った跡があった。掘り起こしてみると発芽した落花生の先の部分が食いちぎられているような感じになっている。もぐらは肉食(ミミズや虫などが餌)なので、野菜は食べない。だからもぐらが食べたわけではない。この落花生の発芽部分はもぐらがいたずらに削ってしまったのか、それとも掘り起こされたところを鳥に食べられたのかはわからない。いずれにしても、直接的にはもぐら被害といえるだろう。残念である。

のブログ記事の詳細を読む

マメジン自由が丘の畑で野菜の苗作りGW中の準備作業に引き続き、マメジンの本格的な畑活動が始まった。今日は朝から小雨模様だったが作業決行。耕運機で畑を耕し、肥料をまいて、もう一度畑を耕した。こうして畑の準備を整えてから、野菜苗を作るための苗床を畑に用意。大豆を中心に、その他の野菜の種をまいた。そのあと苗床には十分に水をやった。これでちゃんと発芽してくれれば、2週間後をめどに大豆の定植作業を行うことになる。

のブログ記事の詳細を読む

マメジン2015の活動始まるGWの中日である5月4日(月・祝)はマメジンの今年の畑の活動開始の日になった。昨年と同じ自由が丘の約70坪の区画を今年も借りることができた。約半年放置した畑は草ぼうぼうになっているので、まずは草むしりから始めることにした。今日はマメジン新加入の新人さんもいて総勢5名。クワを使う人、手作業で草むしりをする人にわかれて小一時間ほど作業。あいにく雨がぱらつく天候だったので早々に引き上げた。
今後の予定は、5月9日(土)朝8:00から耕うん機を使って畑を耕し大豆の苗作りを行うという本格的な畑作業が始まる。

のブログ記事の詳細を読む

味噌作りマメジンの活動は1999年にスタートした。味噌づくりはその翌年の2000年冬からなので今回の味噌づくりは15回めになる。毎年恒例となった味噌づくりだが、今年は20名以上の参加がありマメジン味噌づくり15回めも楽しく仕込みができた。マメジンの味噌づくりの基本レシピは毎年同じである。しかし、自然な食品を使った手作りで無添加なので毎年微妙に味が違う。大失敗はないが少なからず当たり外れもある。で、ここ数年のマメジンの味噌は劇的にうまくなっている。これは15年同じ味噌を食べているマメジン仲間ほぼ全員の意見なので間違いないだろう。マメジンの味噌がうまくなったのはなぜか?

のブログ記事の詳細を読む

マメジン納会マメジン納会が11月29日(いいにくの日)夜、てんてん野町で開催された。「いいにくの日なのに肉を食べないベジタリアン料理のてんてんさんで開催するとは皮肉ですか」というニクイ会話で楽しく始まった。てんてんさんの料理はベジタリアン向きでマクロビオテック仕様だが、ノンベジ(普通食で肉や魚を食べる人たち)でも十分に満足してもらえるテイストを持っている。砂糖を使わないがそれ以外の調味料が充実しているのと、野菜のうまみを強く引き出す料理法に長けているからだろう。またお酒にあわせてスパイシー感を出してくれるのでお酒がおいしく進むのもうれしい。今回の料理予算は一人@3000円。お酒持ち込み歓迎ということなので、持ち込み料300円をプラスして、各自がいろんなお酒を持ち寄った。

のブログ記事の詳細を読む

ブラックピーナッツ11月2日のマメジンの自由が丘畑で収穫したのは大豆だけでない。さつまいもや落花生なども収穫し、落花生は二種類あった。そのうちの一つが黒落花生(ブラックピーナッツ)だ。黒落花生は見た目はほとんど普通の落花生と変わらないが、殻を破って中身を見ると実が真っ黒なのである。
この黒落花生を塩ゆでしていただいた。採れたての落花生だからできる食べ方だがこの食べ方はとてもおいしい。生の落花生をよく水洗いして、たっぷりの水で沸かしたお湯で茹でるのである。適量の塩を入れ、湯で時間は30分くらいだろうか、お湯から取り出すと熱々のゆで落花生だ。普通の落花生と黒落花生の二種類をいただいたが、見た目のインパクトもあり、黒落花生の人気が高かった。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加