無料の経営相談のカテゴリアーカイブ

中小機構の窓口相談公的機関の経営支援メニューがこの年度末でいくつか変更がある。商工会や商工会議所で伝統的に行なわれてきたエキスパートバンク事業が廃止になった。代替措置としてはネットワークアドバイザ事業や専門家派遣の事業があり、石川県では無料で派遣を受けられる企業ドック制度が中心になっていくだろう。
そのような中で、国(中小機構)の無料で経営相談ができる窓口相談事業は来年度も続く。中小機構の窓口相談は平日毎日行なっているのが特徴で、いろんな専門分野のエキスパートが対応している。

のブログ記事の詳細を読む

無料の経営相談無料の経営相談サービスを国および公的機関が運営している。そのひとつが独立行政法人の中小企業基盤整備機構が行なっている経営窓口相談である。全国9箇所にある支部では、無料の経営相談を専門家と直に対面して行なうことができる。遠田は北陸支部にて経営相談の担当をしているが、遠田以外にも多数のアドバイザがいて、平日なら毎日午後に面談時間が設けられている。

のブログ記事の詳細を読む

石川県の地場産新館無料の経営相談として、企業ドックやネットワークアドバイザ事業や中小企業基盤整備機構の窓口相談事業などが、中小企業経営者のために用意されている。運営主体が若干違うが、いずれも国県地域が中小企業者の経営改善のために専門家に無料で相談できるしくみとして提供されているものである。経営環境の変化で苦しんでいる経営者や新たな機会をとらえて積極的に事業展開しようという経営者にとっても有効なアドバイスがもらえる可能性が高いので、ぜひとも積極的に利用してほしい。

のブログ記事の詳細を読む

企業ドック 企業ドックは石川県内の中小企業経営者のための無料相談の制度である。昨年創設され今年はかなりの制度利用があるという。環境変化が激しい昨今、自社の強みと弱みを見つめ直し、新たな機会にチャレンジしていくためにも、外部専門家と相談するのは有効である。相談内容は経営全般が対象で、財務でも人事でも生産でも販売でもなんでもOK。WEBマーケティングやホームページを使った販路開拓というテーマでもOKなので、中小企業者にとっては使い勝手がよい制度である。

のブログ記事の詳細を読む

月に二度は金沢駅西口で経営相談の窓口対応 中小企業基盤整備機構北陸支部の窓口相談には月に2回ペースで対応している。今日は窓口相談対応日で、WEBマーケティングに関する相談に対応した。
中小企業基盤整備機構北陸支部は金沢駅西口からすぐの全面ガラスのように反射するパークビルの10階にあり、この中小企業基盤整備機構の窓口相談は無料である。希望者は予約を入れてから来訪してほしい。

のブログ記事の詳細を読む

石川県地場産業振興センター新館1Fのコンベンションホール特設会場石川県地場産業振興センター新館1Fのコンベンションホール特設会場にて石川県産の食材を使った商品の販路開拓相談会を2月23日(水)に行った。会場内は、8つ程度のブース(小間)に区切られ、テーマごとの相談に相談者と相談員が1対1で対応する。すべてのブースが予約でいっぱいで満席で回っていた。

のブログ記事の詳細を読む

企業ドック石川県では中小企業を対象とした「企業ドック」を実施している。国の中小企業施策情報を発信している「J-net21」では支援情報ヘッドラインで石川県の企業ドック制度を「専門家等の派遣・募集」する制度として紹介している。内容は、石川県内中小企業の様々な経営課題に対応し、経営悪化を未然に防ぐため、企業に外部専門家を無料で派遣します。...というものだ。

のブログ記事の詳細を読む

中小企業基盤整備機構の窓口相談中小企業基盤整備機構の窓口相談は無料である。金沢駅西口のパークビル10Fにある北陸支部では、平日の午後1時から5時まで窓口による経営相談を行っている。相談の応対は中小企業診断士や弁護士や税理士などの専門員が担当し、相談者おひとり(一組)あたり1時間程度の相談に応じている。遠田の経営相談の担当日はドモドモコーポレーションのWEBサイトにて公開している。

のブログ記事の詳細を読む

金沢駅西パークビル10階から見える景色もさわやかな青空今日は中小企業基盤整備機構の窓口相談担当日である。お昼ごろの金沢はとてもいい天気。金沢駅西パークビル10階から見える景色もさわやかな青空だ。

のブログ記事の詳細を読む

中小企業基盤整備機構北陸支部中小企業基盤整備機構北陸支部では無料の窓口相談を実施している。窓口相談は中小企業診断士や弁護士や税理士などの専門員が対応している。おおむね平日の午後1時から5時までが対応時間で、おひとり1時間程度の相談に応じている。内容は、経営や法律や税務などビジネスに関連することならば基本的になんでもOK。詳細は基盤整備機構におたずねください。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加