midori-image.jpgおさしみ直送便を運営している有限会社川端鮮魚の川端海富理(みどり)さんがホームページをリニューアルした。これまではJIMDOで運営していて、買い物かごがなかったが、今度はショップサーブを利用して買い物かごを完備した。
元々利用していたドメインは「noto-sakana.com」だったが新サイト「sashimi.co.jp」にリダイレクトしている。
旧サイトは「https://noto-sakara.jimdo.com」で、まだ閲覧することができるようである。

のブログ記事の詳細を読む

Fax201934.jpgIT導入補助金とレジ補助金(軽減税率対策)の2つをセットで説明する場を担当させてもらうことになった。3月28日午後2時より、加賀商工会議所にて行う。今回は北陸銀行が共催となっており、金融機関側の関心も高いことがわかる。今年10月から消費税は10%となることが予定されており、そのさいに食品などは8%に据え置く「軽減税率」が実施される。軽減税率でややこしいのは、同じ食品でも店内飲食だと10%持ち帰りだと8%と、税率が変化することである。飲食店や食品を扱う店舗ではレジを刷新しないと対応が困難だろう。

のブログ記事の詳細を読む

nourinsyugyouseminar01.jpgいしかわ農林漁業就職合同面談会&就業セミナーが地場産本館で開催された。農業法人や農業者にとっては大規模な求人イベントである。ここ数年のリクルートビジネスは学生側の超売り手市場になっている。企業側からすると求人してもなかなか応募がないという苦しい状況が続いている。農業界でも担い手不足、人手不足は深刻で、農業に就業しようという人は減少傾向のようである。

のブログ記事の詳細を読む

cruise209.jpgペンションクルーズは石川県志賀町にあるペンション。この地で開業したのが1985年なので今年で34年めとなる。開業当時はペンションがブームになっていた時代だった。その後も、長野オリンピック開催された1998年ころまではそれなりに人気だった。しかし、2000年以降、ペンションブームは下火になっていった。そんな逆風のなか、ペンションの原点であるアットホームさとプライバシーを守れる客室や充実した設備を両立させ、ペンションクルーズは健在である。

のブログ記事の詳細を読む

リトルの法則リトルの法則とは、「L=λ×W」で表す待ち行列問題の公式のひとつ。
 店の中にいる客数(人)
λ 入店する人の割合(人/時間)
 店内で過ごす時間(時間)
たったこれだけの式だがいろいろと応用できる。たとえば、自分が並んでいる行列の待ち時間を計算することもできる。
参考→https://ja.wikipedia.org/リトルの法則

のブログ記事の詳細を読む

senna200.jpg2019年KCG例会は異色の経営者シリーズというふれこみ。2月例会の講師はBAR我楽(がらく)を経営している仙名珠乃さん。テーマは「我楽流コミュニティの作り方」だった。我楽というBARは毎週木曜日の夜に「ドリームナイト」という場を作っている。毎回、個性的なスピーカーを招き1時間ほど話をしてもらい、その後いっしょに食事をとるというスタイルのコミュニティである。すでに200回以上開催しているというから驚きである。

のブログ記事の詳細を読む

fukuinougyousnsseminar200.jpg福井県の農業者向けのSNS活用セミナーを開催した。会場は越前市の武生商工会館3階。テーマはSNSやホームページを活用して農業者のビジネスを商売繁盛させること。販路開拓(新規の取引先と出会う)、既存客との交流(接客)、商品の販売(ネット通販)などの取り組みについて具体例をあげながら紹介した。

のブログ記事の詳細を読む

domodomonafudakansya.jpg石川県小松市には3つのライオンズクラブがあるそうだ。そのうちのひとつが「小松青雲ライオンズクラブ」。毎月2回の例会を実施しているそうだ。2月19日夜、サンルート小松にて行われた例会で「Google活用」について講演させていただいた。アルコール抜きの純粋な経営者のための勉強会という印象だった。だらだらと時間延長もなくきちっとした例会運営。まじめな経営者たちが集まる場に参加させていただき感謝である。

のブログ記事の詳細を読む

payseminarhoudatsushimizushokokai.jpg宝達志水町商工会にて「キャッシュレス経済の進展と中小企業の対応策」というセミナーを行った。商業やサービス業関係の方を中心に40名以上者参加があり、関心の高さを実感した。参加していた商業サービス業の方々は「キャッシュレス決済は対応しなくちゃいけないけどどうしていいかわからない」という方が多かったようだ。
まずは店舗側に負担がないQR決済からスタートし、慣れてきたらクレジットカードやデビットカードの決済ができる端末を導入することを検討することを提案した。

のブログ記事の詳細を読む

hakuishokokaicrseminar.jpg羽咋市商工会で「キャッシュレス対応セミナー」を開催した。内容はキャッシュレス経済の進展やキャッシュレス決済に関する情報を提供する研修会である。先週からPayPayの100億円あげますキャンペーン第二弾が開始されたことで関心も高まっているようだ。商業サービス業関係の方を中心に多数の受講者が集まってくれた。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加