セミナーの予定

セミナーの予定のカテゴリアーカイブ

cashlesstaiou200.jpg金沢商工会議所にて7月16日に、キャッシュレス決済関連をひとまとめにしたセミナーと体験会が開催される。
キャッシュレス決済などについての全体的な内容の説明を遠田が担当する。その後に、クラウド会計とキャッシュレス決済の説明が北國銀行より、エアレジを使ったPOSレジの説明がリクルートより、それぞれセミナー形式で行われる予定である。さらに、当日はデモ機器が持ち込まれており、体験することもできるのが特徴的である。この日なら、セミナーも体験も全部可能となっている。まだキャッシュレス決済対応に迷っている方には最適のセミナーではないだろうか。

 →

slowtourismseminar200.jpg奥能登で「農家民宿・農家レストラン講座~経営編~」を開催することになった。対象は、農家民宿や農家カフェなどをこれから始めようと考えている方や、関連ビジネスを行っている方など。もちろん、すでに開業していてなにかヒントを得たいという方も大歓迎。
会場は輪島市にある石川県健康の森総合交流センターという緑の中にある施設。日時は6月27日(木)14時から。

 →

priceseminar200.jpg価格について考えてもらうセミナーを開催することになった。ネットショップやネット活用ビジネスを展開している中小企業者が主な受講対象だが、リアル店舗やサービス業の方でも参考になるはずである。
今年10月から消費税率が10%になり、価格改定は避けられない状況である。
価格の決め方について、原価計算や損益分岐点計算および戦略的思考を交えて「価格決定」を再検討する機会になれば幸いである。

 →

キャッシュレス決済令和元年はキャッシュレス決済元年かもしれない。昨年、急激に普及し始めたスマホのQRコード決済サービスは令和時代に勢いを増している。コンビニやドラッグストアを中心に普及しはじめて、これからはスーパーや一般小売店への普及が始まっている。
また今年10月からは消費税が10%になることもあり、小売店や飲食店は軽減税率対応のレジに刷新する必要がある。
これらの現状や対応策についての説明会を石川県下5会場で行うことになった。対象は石川県酒販組合加盟の小売店(いわゆる酒屋さん)である。

 →

tsubatasougyoujyuku2019fl01200.jpg各地で創業者支援セミナーが開催される運びだが、石川県中央部では津幡町商工会が開催を計画している。
7月21日から9月8日までの日曜日の午前開催で合計8回の予定。起業を検討していたり興味を持っている会社員や主婦、学生でも参加しやすいよう、日曜日の午前という設定になっている。受講料は無料だが、事前に予約が必要である。

 →

hakusanshokokaigishoitseminar200.jpg白山商工会議所でIT導入補助金とレジ補助金についての説明会講師を担当することになった。
日時は2019年6月4日(火)14:00から、場所は白山商工会議所の建物の3階にある研修室である。
今年10月から消費税は10%に増税されることが決まっており、その対応が迫られている。しかし、「どうせ政治的に増税見送りになるんじゃないか」という様子見気分の経営者も多いようで、レジ未対応の飲食店や商店がまだまだ多いのが現実である。
悠長なことを言っていると9月までに準備が間に合わない可能性がでてくるので、消費税10%未対応ならいますぐ対応を考えよう。

 →

aibenkyoukai.jpgAIのオープンな勉強会が始まる。昨年取り組んできた五郎島金時の形を判定するAIが実際この春に農家に導入された。導入した農家は有限会社かわにさんで、五郎島金時の「秀/優/良など」という形の判定をAIが行うことにより、熟練農業者のようなノウハウがないアルバイトでも作業ができるような環境を作ることができた。たった半年で劇的に経営環境を変えることができる可能性がAIにある。しかも、そのAIの基礎的な取り組みはほぼ無料でできる時代だ。
そんな時代感覚をもってAIの勉強会が始まる。その説明会が4月17日(水)夜、金沢武蔵のビジネスプラザで開催される。興味を持ったすべての方にぜひとも参加してほしいと考えている。

 →

Fax201934.jpgIT導入補助金とレジ補助金(軽減税率対策)の2つをセットで説明する場を担当させてもらうことになった。3月28日午後2時より、加賀商工会議所にて行う。今回は北陸銀行が共催となっており、金融機関側の関心も高いことがわかる。今年10月から消費税は10%となることが予定されており、そのさいに食品などは8%に据え置く「軽減税率」が実施される。軽減税率でややこしいのは、同じ食品でも店内飲食だと10%持ち帰りだと8%と、税率が変化することである。飲食店や食品を扱う店舗ではレジを刷新しないと対応が困難だろう。

 →

genkinsmphikaku.jpgキャッシュレス決済についてのセミナーを2箇所で開催する。テーマは「キャッシュレス経済の進展と中小企業の対応策」である。
2/18:羽咋市商工会にて午後1時30分から
2/19:宝達志水町商工会にて午後2時00分から
商業やサービス業の経営者には関心が高まっているようだ。とくに導入コストがほとんどかからないQRコード決済に関しては興味津々な状況だろう。

 →

noshokorenkeikomatsu200.jpg飲食店や食品ビジネス担当者向け農商工連携セミナーを開催する。場所は小松商工会議所、日時は2月8日(金)15時から。
農業を取り巻くビジネスには「農商工連携」と「6次産業化」がある。よく似た意味であるが、法的には意図が違うので注意したい。「農商工連携」は商工業者が主役で根拠法は経済産業省系、「6次産業化」は農林漁業者が主役で根拠法は農林水産大臣系である。

 →
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加