講演会やセミナー講師の実績

講演会やセミナー講師の実績のカテゴリアーカイブ

中小小売サービス業のデジタル対応のこれから「中小小売やサービス業のデジタル対応のこれから」というタイトルで勉強会を開催した。白山商工会議所の卸小売サービスの部会が主催しているセミナーで、一部で遠田が話し、二部ではこれまでの部会長だった福住裕氏が話した。
今回初めて福住裕氏の話をお聞きしたが内容が秀逸で驚いた。デジタルシフトやDX(デジタルトランスフォーメーション)についてこれほど明確にとらえて展望や課題を語る小売店経営者はなかなかいないだろう。約1時間語ったのは、アフターデジタルとビフォーデジタルの世界観、顧客体験(UX)に注目すること、立ちはだかる壁の存在、MaaS(モビリティアズアサービス)、デジタルと実店舗のシームレス化(OMO)、どうやって生き残るか、本当の顧客志向とはなんなのか、など。

 →

monzenshokokaiha3f.jpg先週に引き続き門前町商工会にやってきた。門前町商工会は輪島市の門前総合支所(旧門前町役場の建物)の3階にある。
今日は売上アップ講習会2019の2回めで、テーマはネットやSNSを活用した販売促進である。月曜日の午後ということで理美容関係の方も参加されていたようだ。ネットショップではなく実店舗を構える小売やサービス業の方のほうがSNS活用に興味が高いように感じる。また、Googleマイビジネスの登録がされていない店舗がかなりあるように感じたので、対応策が必要だろう。セミナー後の商工会のサポートに期待したい。

 →

nougyouseminar20191120.jpgいしかわ農業総合支援機構では農業者向けのセミナーを連続で開催している。今日は「販促およびネット活用」というテーマで遠田が講師を担当した。
内容は、情報発信の方法、集客の構造、SNSの特徴と活用法、検索エンジンからの集客など。ワークと事例を交えながら約3時間のセミナーだった。

 →

monzenmachishokokaiiten.jpg久しぶりに門前町商工会に来たら場所が移転していた。現在の場所は、輪島市の門前総合支所(旧門前町役場の建物)の3階になっていた。その3階にある防災会議室というところが本日のセミナー会場だった。
セミナー内容は売上アップに関することを2回にわけて実施する予定で、今回が1回めで「市場調査による顧客ターゲティング」がテーマ。ちなみに、来週の11月25日(月)にはネット活用についてをテーマにして2回めを予定している。

 →

中小企業診断士の日記念セミナー中小企業診断士の日を記念したセミナーを石川県中小企業診断士会が開催した。今年のテーマはAIと働き方である。基調講演は先進的なIT活用製造業として県内では有名な株式会社小林製作所の小林社長。
パネルディスカッションは、石川県商工労働部の渡辺氏、石川労働局の大高氏、石川県情報システム工業会の東田氏、そして私。(いちおう遠田は石川県中小企業診断士会の会員ということもあり、大役をやらせていただいた)

 →

能登ITパワーアップセミナー約3年前から能登エリアのネットセミナーに取り組んできた。ISICO(石川県産業創出支援機構)主催で、能登の事業者を主対象にしたネット活用のワーク主体の勉強会である。今回の勉強会は最終発表で、各事業者が考えてきた事業コンセプトプランをグループ内で発表し、グループ内の1事業者が全体の前で発表するというスタイルである。
そのような流れなので、セミナー看板に「遠田幹雄先生」と書かれるのは少し気恥ずかしいが、主催者側のご厚意としてありがたく受け止めたい。

 →

かみいち女性のためのプチ起業塾かみいち女性のためのプチ起業塾は今年7期め。とても息が長い創業起業の塾だ。都市部でなく女性に限定しているというニッチさなのに、定員15名を超える申し込みがある人気の講座は特筆モノである。
その人気の講座で「お金と経営」についてのセミナーを担当した。毎回平日月曜日の夜18時スタートという日程設定だが、今日だけは文化の日の祝日振替で休日。それでも家庭を持つ女性にとって夕食の支度をすませて夜に向けて外出するというのは、とても強い意志を持って学びに来ているということだ。頭が下がる思いである。

 →

6次産業化研修トライアルコース6次産業化研修トライアルコース、チャレンジコースの経営・財務のセミナー講師を担当した。このセミナーは、いしかわ農業総合支援機構が主催しており「耕稼塾」という一連の農業者向け研修の一環として実施されている。
今回は、価格決定の方法、CVP分析、損益分岐点売上高のワーク、財務諸表の概要説明などを行った。

 →

農家民宿や農家レストラン向けのプロモーションセミナースローツーリズムセミナーを奥能登の健康の森で開催した。6月に同じ対象者(農家民宿や農家レストランなど)向けに「経営編」を実施しているが、今回は「プロモーション編」である。
前回と同じ参加者もいたが、過半数はあらたな参加者で、ずいぶんと受講者が増えた。経営や財務というテーマよりもプロモーション(販促やSNS)のほうが受けがよいようである。

 →

シニア起業のススメ「シニア起業のススメ」というセミナー講師をさせていただいた。会場は福井県立図書館で日曜日の午前中という開催時間帯。対象は定年後で創業に興味を持っていたり、すでに創業していたり、定年前でも創業起業に興味を持っている40歳以上の人たちである。ほぼ想定通りの対象者の方々が約20名参加してくれた。
シニア起業の場合は、報酬よりも生きがいを重視するという人も多い。また、資金面よりも顧客の獲得が課題であることが多い。そのあたりを踏まえたセミナー内容にさせていただいた。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加