無料の経営相談

無料の経営相談のカテゴリアーカイブ

kikounosoudanroom20210408200.jpg中小企業基盤整備機構北陸では無料の経営相談窓口を開いています。平日午後限定で1社あたり1時間ほどで、事前予約が必要ですが、何度ご利用いただいても無料で回数制限がないというのが大きな特徴です。
4月から令和3年度が始まり、今年度も遠田はこの経営相談の担当アドバイザをさせていただくことになりました。これから1年、どうぞよろしくおねがいします。

 →

kanazawaporkbldg20210304200.jpg金沢駅の西口(兼六園口ではなく県庁側)を出ると、目の前にでーんと見えるピカピカの鏡張りのようなビルがあります。この建物は金沢パークビルといいます。この金沢パークビルは12階までありますが、10階には中小企業基盤整備機構北陸支部(略称は中小機構)があります。
この中小機構では毎月、無料の経営相談窓口があり、遠田もアドバイザーとして対応させていただいています。

 →

beagreatsmalltobirakaihou.jpg中小企業基盤整備機構北陸にて無料の窓口経営相談を担当して10年以上経過しています。今年はコロナ禍の影響で、密を避けたいということからでしょうか、相談室にご来訪される方が減少しています。これまでは午後に3枠の相談予約がぎっしり入っていましたが、今年はわりと空いている日が増えています。
相談室では、感染症対策はしっかりしていますし、モバイルwifiルータを配備してもらいましたので、ノートパソコンを持ち込んでもらってもネット接続が可能になりました。さらに、オンライン面談や電話相談にも対応しています。

 →

中小機構北陸の窓口相談中小機構北陸の窓口相談では経営やITなどさまざまな相談に無料で対応しています。遠田は平均して月に2回程度窓口にでています。WEB系のご相談が多いので、ご自身のノートPCを持参する方も多いのですが、中小機構北陸にはインターネット環境がありませんでした。
改善を希望していたのですが、対応策としてポケットwifiルーターを用意していただくことができました。今日から使用開始しました。
これで相談者はノートPCやタブレットを持参していただければ無線LANでネット接続ができるようになります。

 →

IT相談のアドバイザ派遣この「経営相談アドバイザー派遣」は、新型コロナウイルス感染症で影響を受けた中小企業者等を対象に支援機関が実施する経営相談会等に対して専門家を無料派遣する制度です。
相談したい事業者はもよりの支援機関(ISICOや商工会・商工会議所等)に申し込みをしてもらえば、中小企業基盤整備機構を経由して遠田が派遣されることになります。直接訪問も可能ですが、オンライン面談でも対応ができます。

 →

富山県商工会連合会本日は富山県商工会連合会にてIT相談会の対応をさせていただきました。中小企業者からの相談は無料で対応します。今回は5件の事前予約があり、休憩時間がまったくないくらい、ギチギチにスケジュールが詰まっていました。富山県の商工会では熱心に指導されているんでしょうね。
持続化補助金を活用し、販路開拓のためにホームページを開設したり、SNSを活用したいという相談が多かったです。

 →

toyamaitsoudan_200.jpg富山市でIT活用相談会の対応をさせていただくことになりました。会場の富山県中小企業研修センター4階は富山県商工会連合会の建物で、日程は8月19日、27日、9月3日、9月8日を予定しています。
この日程のうち、遠田は8月27日(木)の担当となり、終日会場にて相談対応をさせていただきます。会場には駐車場もありますが、JR富山駅にも近いので公共交通機関で来場するのも便利な場所です。1社1時間程度という制限はありますが、無料相談なので気軽にご利用いただきたいです。

 →

中小企業基盤整備機構遠田は中小企業基盤整備機構北陸の無料経営相談を月に2回ペースで担当しています。コロナ禍以降、狭い相談室での面談を躊躇する方が増えたようで、相談案件が減少しているようです。機構では感染症対策として、ドアを常時開放し、相談室のテーブルの上に飛沫防止の遮蔽板(透明なアクリルシールド)を設置してあります。
さらに本日の相談案件はiPadを使ったオンライン面談もありました。

 →

中小企業基盤整備機構の無料窓口相談本日は中小企業基盤整備機構の無料窓口相談の予定日です。しかし、新型コロナウイルス感染症対策として緊急事態宣言が出されたこともあり、窓口への移動を自粛させていただきました。
機構では扉を開放したり、相談室のドアを閉めずに開けたままにしたり、など独自の対策もされています。しかし、自宅から金沢駅近くにある機構への往復は結局だれかと会うことになり、自分が感染あるいは感染源になってしまうリスクがあります。また、本日の相談予定者全員が電話相談でよいということでした。
なので、今回は機構に行くことをやめ、独自対応として自宅からZOOMを使ったオンラインミーティングとさせていただきました。

 →

smrjmadoguti2020.jpg中小企業基盤整備機構北陸では平日午後に経営窓口相談が開かれている。遠田は月2回平均で対応しているが、3月の相談案件が満席(満杯)となった。本日の相談業務対応後に事務方から相談案件の追加要請を受けて3月にもう一日窓口業務を担当することになった。
追加の日程は3月17日(火)午後。
なお、当初予定の3月24日(火)はすでに満席なので相談業務を受けることができない。関係各位にはお手数であるが、窓口相談の予約など詳細は基盤整備機構に確認をしてほしい。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加