MTOSで行こう!Movable Type Open Source > MTOSインストール方法

MTOSのインストール方法(標準的なインストール)

MTOSのインストール方法

このページで説明するMTOSインストール方法は、データベースをMYSQLではなくSQliteに変更してMTOSをインストールする場合で説明しています。(商用のMTをさくらインターネットにインストールする方法はhttp://www.movabletype.jpに公開されていますので、あわせて参考にしてみてはいかがでしょうか。)

ここでは「さくらインターネット」のレンタルサーバにMTOSをインストールする手順を紹介します。今回使用するサーバの基本情報は下記のようになっているとします。

レンタルサーバ さくらインターネット
契約プラン ライト
ドメイン http://domodomo.sakura.ne.jp/my_first_blog/
アプリケーションURL http://domodomo.sakura.ne.jp/blog/
使用データベース SQlite

まずはMTOSをダウンロードします。MTOSのプログラムはオープンソースで無料なので、面倒な登録なしでシックスアパートのウェブサイトから案内にしたがえば簡単にダウンロードできます。
最新版は
http://www.movabletype.jp/opensource/getting-the-source.html
mt4dl.jpg

からダウンロードします。(2008/12/3現在の最新版はMTOS-4.23-ja)

ダウンロードしたファイルはいったんハードディスクに保存します。ファイルは zip 形式または tar.gz 形式で圧縮されているため、まずはあなたのコンピューター上に解凍する必要があります。

 

お使いの解凍ソフトを使用して解凍してください。解凍が終了すると「MTOS-4.2-ja」というフォルダが作成されます。

mtos42.jpg

この時点ではまだファイル名やディレクトリ名の変更は行わないでよいです。

自分のPCにMTOSのフォルダを作る(インストール準備)

ここから自分のPCでMTOSのインストール準備を始めます。
まずは自分のPCにMTOSのフォルダを準備します。
仮にマイドキュメントに「ホームページ」というフォルダを作ったということにします。
この「ホームページ」に「www」を作り、さらに「www」の中に「blog」を作ります。

pcwww.jpg
上記の「MTOS-4.2-ja」の中身をこの「blog」にコピー&ペーストで貼り付けます。
そして、その後2つの作業を行います。
1.mt-config.cgiの作成
2.dbフォルダの作成
できあがったフォルダの状態は以下のようになります。

 

mtos42settei.jpg

1.mt-config.cgiの作成
mt-config.cgiをテキストエディタで作成する必要がある。サンプルは以下の通りだがオレンジ文字のところは自分のサーバの設定に変更してください。

##          Movable Type configuration file
# The CGIPath is the URL to your Movable Type directory
CGIPath    /blog/

# The StaticWebPath is the URL to your mt-static directory
# Note: Check the installation documentation to find out
# whether this is required for your environment.  If it is not,
# simply remove it or comment out the line by prepending a "#".
StaticWebPath    /blog/mt-static

#================ DATABASE SETTINGS ==================
#   REMOVE all sections below that refer to databases
#   other than the one you will be using.

##### SQLITE #####
ObjectDriver DBI::sqlite
Database ./db/mtdb.db

DBUmask 0022
HTMLUmask 0022
UploadUmask 0022
DirUmask 0022

AltTemplate feed results_feed.tmpl

#======== RichTextEditor ==========
RichTextEditor FCKeditor
2.dbフォルダの作成
dbフォルダを作成し、dbフォルダの中には「.htaccess」を作成しておいておく。
「.htaccess」の中身は
<Files *>
<Limit GET>
deny from all
</Limit>
</Files>
としておく。
ここではこの2つのファイルとフォルダをダウンロード(mt-config.zip)できるようにしましたのでダウンロードして解凍してご利用ください。

MTOSのインストール

いよいよサーバにMTOSをインストールします。MTOS には対話式のインストールウィザードが用意されているので、面倒な設定作業はほとんど必要ありません。

データベースの設定

MTOSで利用するデータベースの設定を確認します。
ここではSQliteを選択します。さくらレンタルサーバではあらかじめSQliteのデータベースが用意されているので、新たに作成する必要はありません。

サーバーへのアップロード

次はダウンロードして解凍したファイルをサーバにアップロードします。

アップロードには FTP クライアントソフトを利用します。
ここではWindowsで標準といわれているFFFTPを使います。

sakura-008.png

アイコンをダブルクリックしてソフトを起動します。くわしくはFTPの使い方をご覧ください。

FFFTPでサーバへの接続ができると、左側に表示されているのが自分のパソコンの中身で、右側に表示されているのがさくらのサーバのファイル群になります。この右側にMTOSを格納するフォルダ「blog」を作成します。さくらレンタルサーバではこの「www」フォルダがあなたのホームページスペースのホームディレクトリとなります。ここにMTOSを格納するフォルダ「blog」を作成するため、右側のウィンドウにマウスの矢印の先端を持って行き右クリックして「フォルダ作成」ボタンをクリックします。すると「フォルダ作成」というウィンドウが現れますので「blog」と打ち込みます。
FTPでMTOSを作る1

フォルダ作成ダイアログが表示されるので「blog」と入力し「OK」ボタンをクリックします。

これでアップロードの準備は完了です。パスが「/home/domodomo/www/blog」(domodomoはユーザー名)となっていることを確認してください。

左側で解凍した Movable Type の全フォルダ、ファイルを選択し「アップロード」ボタンをクリックします。

自動的にアップロード作業がはじまります。全部で 2000以上のファイルがあるので接続環境によってはアップロードにはかなり時間がかかります。途中でアップロードが停止していないか時々確認するといいでしょう。

万一アップロードが途中で停止してしまったり、FTPソフトがフリーズしてしまった場合は改めてFTPソフトを立ち上げ直し、アップロードをやり直しましょう。

以上でアップロード作業は終了です。

イ ンストールがうまくいかない原因の多くはアップロード作業の失敗にあります。アップロードされていないファイルやフォルダーが1個でもあると Movable Type が正常に動作しない可能性があります。特に途中でアップロードが止まってしまい、作業をやり直した場合はアップロードに失敗したファイルがないかどうか確 認してください。

パーミッションの設定

プログラムのアップロードが終わったら、拡張子が".cgi"となっているファイル (mt.cgi や mt-search.cgi のようなファイルです) に実行権限 (execute) を割り当てる作業を行います。

sakura-022.png

引き続き FFFTP を使用し、Shift キーを押しながら拡張子が .cgi になっているファイルをすべて選択し、「コマンド」メニュー、もしくは右クリックすると表示されるコンテキストメニューから「属性変更」を選択します。

sakura-023.png

「属性の変更」ダイアログが表示されるので「実行」チェックボックスにすべてチェックを入れます。

sakura-024.png

右下の「現在の属性」が「755」になっていることを確認してから「OK」ボタンをクリックします。「現在の属性」に直接「755」という数字を入力しても構いません。

以上でパーミッションの設定は終了です。

インストールウィザード

最後にインストールウィザードを使って各種設定作業を行います。

ブ ラウザを開いてMTOSをインストールしたサイトパスに「mt.cgi」を付けたURL、ここでは「http://domodomo.sakura.ne.jp/blog/mt.cgi」に アクセスします。もちろん URL はサーバ名と作成したフォルダ名によって変わります。

sakura-025.png

インストールウィザードが表示されます。「開始」ボタンをクリックしましょう。

sakura-026.png

Movable Type が動作するのに必要な Perl モジュールが揃っているかどうか調べるシステムチェックが行われます。問題なければ「次へ」をクリックしましょう。

接続テストが行われ、問題ない場合は「データベースの設定が完了しました」と表示されます。「次へ」ボタンをクリックしましょう。ここでエラーがでた場合は入力した項目が間違っている可能性があります。とくに「データベース名」と「パスワード」をしっかり確認しましょう。
以上で設定は終了です。Movable Type の構成ファイルに設定が自動的に書き込まれます。「次へ」ボタンをクリックしましょう。

初期ユーザーアカウントの作成

各種設定作業が終了したら初期ユーザーアカウントの作成を行います。このアカウントは、あなたの Movable Type でシステム管理者権限を持つ特別なアカウントです。

後でこのアカウントの権限を変更することも可能ですが、まずは管理者権限のあるアカウントが少なくともひとつ存在することが必要なのです。

mtos_01.jpg

初期ユーザーアカウント作成画面が表示されたら必要項目を入力し「次へ」ボタンをクリックします。

ユーザー名

ログインするときのユーザー名を指定します。

表示する名前

ブログに表示する名前を指定します。ユーザー名と同様でも構いませんが、セキュリティー上できれば別の名前にした方がよいでしょう。

メールアドレス

メールアドレスを入力します。

使用言語

利用する言語を選択します。

パスワード

パスワードを入力します。

パスワードを再入力

パスワードをもう一度入力します。

パスワード再設定用のフレーズ

パスワードを忘れたときに、パスワードを再設定するために必要になる秘密のキーワードを入力します。このキーワードを忘れてしまうと、パスワードを再設定する機能は利用できません。

最初のブログの作成

最後に最初に作成するブログの設定を行います。設定画面でブログ名と URL を指定すれば、自動的にデータベースを構築して最初のブログを作成します。もちろんブログ名などの設定はあとから変更することができますし、このあとさらに別のブログを作成することも可能です。

mtos_02.jpg

ブログ作成画面が表示されるので必要項目を入力して「インストール」ボタンをクリックします。

ブログ名

ブログ名を入力します。後から変更できます。

ブログ URL

ブ ログの URL を指定します。ここで指定したディレクトリーは実際に存在する必要があります。例えば「http://domodomo.sakura.ne.jp/news/」 と指定したのであれば「news」というディレクトリーをルート以下にあらかじめ作成しておく必要があります。

公開パス

ブ ログのメインページである「index.html」へのパスを指定します。「/」で始まる絶対パスを使うことが望ましいですが、MTOSをインストールしたディレクトリからの相対パスにしてもかまいません。公開パスはブログURLと同じディレクトリを指している必要があります。

タイムゾーン

ブログのタイムゾーンを指定します。日本で作成しているのであれば「UTC+9(日本標準時)」を選択しましょう。

「インストール」ボタンを押すとデータベースの初期化が行われます。

mtos_03.jpg

しばらく待つとデータベースが初期化されインストールが完了します。「Movable Type にサインイン」ボタンをクリックしてみましょう。

 

mtos_04.jpg

Movable Type(MTOS) の管理画面が表示されます。すでに作成した初期アカウントでログインしている状態なので、すぐに記事を投稿することができます。(この画面はMTOS4.2です)

 

※なお、さくらインターネットにMTOSをインストールする場合は、
カスタマイズ済みデータベース(インストール後のプラグイン設定やテンプレートカスタマイズがあらかじめ済んでいてSQliteのデータベースが入っている)を使うと設定が楽です。
 

カスタマイズデータのダウンロードは無料です。
こちらのダウンロードフォームから申し込んでください。

 

MTOSのインストール方法(標準的なインストール)MTOSで行こう!Movable Type Open Source

フェイスブックの「いいね」はいいですね。

はてなブックマーク:  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク数  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク  ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録  user ドモドモ[TOP]

株式会社ドモドモコーポレーション


株式会社ドモドモコーポレーション
〒929-1171 石川県かほく市木津ロ64-1 電話076-285-8058 IP電話:050-1462-8058
遠田幹雄 経済産業大臣登録 中小企業診断士#301227 ITコーディネータ#0026162002C
※事務所所在地は地図上で金沢市北部のかほく市JR横山駅近く、
 石川県庁からクルマで約30分北上したところです。
 【ドモドモコーポレーションへのご案内地図】
 よろしく、どもども、ドモドモ。 count


         

MTOSで行こう!のコンテンツ

MTOSで行こう![TOP]
 ※SEOに強いカスタマイズデータを利用した導入方法は【MTOS導入ステップ】をご覧ください

遠田幹雄の予定表

遠田幹雄の予定は【Googleカレンダー】で表示しています。
遠田幹雄のスケジュール表はグーグルカレンダーで
※ログインすると予定をご覧いただけます。
※遠田幹雄の公式ブログ 遠田幹雄です。どもども、ドモドモ(^^)v 中小企業診断士ブログは、ほぼ毎日更新しています。遠田の近況はブログでご確認おねがいします。

お問い合わせ

メールでの問合せはこちらから
ご意見/ご感想はSSL対応の
メールフォームからどうぞ

業務経歴書のご請求

業務経歴書の体裁、実際にはA4で5ページです。
遠田幹雄の業務経歴書の請求はこちら
のメールフォームからどうぞ

それぞれSSLのフォームになっています。

遠田幹雄
代表者のグーグルプラスは「 遠田幹雄(Google+) 」です。

株式会社ドモドモコーポレーション
株式会社ドモドモコーポレーションの企業としての公式サイトは株式会社ドモドモコーポレーションdm2.co.jpです。

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク:サイト全体  はてなブックマーク数
MTOSで行こう!  MTOSで行こう!  はてなブックマーク  ブログはてなブックマーク
ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user
MTOSで行こう!Movable Type Open Source
このサイト「MTOSで行こう!Movable Type Open Source」のフィードを取得する。
atom atom.xmlを取得
RSS RSS1.0を取得
※フィード(Feed)とは、ブログやニュースサイトなどのウェブサイトのコンテンツ概要を配信用に加工した文書のこと。代表的なフォーマットとしてはRSSやAtomがある。
株式会社ドモドモコーポレーション 〒929-1171 石川県かほく市木津ロ64-1 電話076-285-8058 IP電話:050-1462-8058
copyright ドモドモコーポレーション by 中小企業診断士ブログの遠田幹雄 since 2000/10/10 ©