MTOSで行こう!Movable Type Open Source > MTOSをもっと便利に使うために > 買物カゴ > ASPカゴのショップメーカー

ASP買い物カゴのショップメーカー(shopmaker)は使える

Eccube_shopmaker楽 天などのモールではない独自ドメインのWEBショップは独自の買物カゴを用意する必要がある。独自ドメイン店の買物カゴはサーバインストール型かASP型 のどちらかを選択することになる。それぞれに一長一短がある。買物カゴはサーバインストール型がいいかASP型がいいか?代表的な例としてEC-CUBE とショップメーカーを比較して、ASP買い物カゴのショップメーカー(shopmaker)が使えることを検証した。
ショップメーカー(shopmaker)はMTOSとの相性が抜群にいい。
 

EC-CUBEとショップメーカーを比較

項目
利用
形態
WEBサーバーにインストールする。
業者のWEBサービスを利用する。→ASP
月々
料金
無料(オープンソース)
2940円か5250円(携帯ショップOKのプロ)
WEBサーバの月額
独自SSLが使えるサーバが必要。→ワダックスなら月7665円~で独自SSLが使える
不要(ショップメーカーは買い物機能だけをSSLで提供するしくみ)
※ただし、別途に商品紹介をするためのWEBサイトが必要
セキュリテ
自己責任→高リスク
※個人情報の漏洩が懸念
ASP業者→低リスク
商品のページ
テンプレートで自動的に生成するので便利だが定型的で自由度低い。
買物カゴ用のタグを貼るだけなので自由で複数のページに買物カゴ設置可。

サーバインストール型買物カゴの弱点

サーバーインストール型の買物カゴは「安い」「便利」というのが特徴だった。しかし、その特徴は時代の流れとともに変容しつつある。

サーバーインストール型の買物カゴは、「オープンソースのソフトを使えるから運営コストが安い」と思っている方が多いようだ。しかし、かえってASPより高くつく例が多く見受けられる。今では買物カゴはSSLが使えないとお客様が買物をしてくれない可能性が高い。EC-CUBEの場合は仕様上、独自SSLが使えるサーバを用意する必要があるためサーバコストがかかる。

さらに、運営者にITスキルの高さが求められる。買物カゴには、顧客の購買情報が入るので個人情報の管理が必要で ある。単にSSLにするだけではなく、情報漏えいが起きないように適切な管理を行なわなければならない。OSやWEBブラウザにセキュリティホールなどが 発見されたら、すぐに、買物カゴシステムへの対応をしなければならない。また、買物カゴシステムそのものにバグが発見されることもあるだろうし、その対応 も求められる。対応を誤って個人情報をWEB上にさらけだしてしまうようなリスクが常につきまとう。

またに、お客様への買物利便性の向上 策においてASP買物カゴに比較すると不利だ。ASP買物カゴは提供するASP会社同士の競争も激しいためよりよいサービス向上合戦をおこなっているた め、ある程度は自動的にサービス向上することが期待できる。しかし、サーバインストール型の場合は、買物カゴシステムをインストールした後の向上策は基本 的に自分で行なわなければならない。サーバインストール型の買物カゴを運営する場合は、運営者側にかなりのITスキルと運営能力が必須である。情報技術者の専任者がいるくらいでないと、運用は安定しないのではないかと思われる。

つまり、 これまでサーバーインストール型の買物カゴの長所だった「安い」「便利」という点は、今となっては訴求しにくい。むしろ弱点に変わりつつある。

初めてのWEBショップはASP型買物カゴが無難

このような理由から、初めてWEBショップを始めるというかたにはASP型買物カゴが無難である。ASP型買物カゴ(例えばSHOP-Maker)はカートのみのレンタルなので、ショップサイトのデザイン等に制限がない。
既にサイトを持っているのなら、カートへのリンクを張るだけで導入できる。オリジナリティあるショップ構築・きめ細かいショップ運営が可能である。
これから始めるのなら、無料のCMSであるMTOSを使い、さくらインターネットなどの運営コストの安いサーバで独自ドメインで始めるのがおすすめだ。

ショップメーカーにグーグルアナリティクスのタグをつければ売上管理がアナリティクスでできる

ASP買い物カゴを使っている場合 でもグーグルアナリティクスのeコマース解析ができる。ネットショップなら売上の解析がアナリティクスでできるようにしたほうがいい。ASP 買い物カゴのショップメーカー(SHOP-maker)なら、管理画面でタグの貼り方を工夫すればOK。ただし、ショップメーカー(SHOP- maker)は正式にグーグルアナリティクスをサポートしていないので、タグのカスタマイズとタグの貼る場所にはちょっとしたコツが必要になる。

ショップメーカー(SHOP-maker)は「MTでネットショップを作るなら、買物カゴはASP型買物カゴが便利」という説明でおすすめしているレンタルのショッピングカートである。
ショッ プメーカー(SHOP-maker)には、グーグルアナリティクスのタグを貼る場所があらかじめ用意されているわけではない。そこで、どこにタグを貼る か?という点がポイントになる。ショップメーカー(SHOP-maker)のサポートに尋ねたところ、正式なサポートはしていないものの、すでに動作確認 して利用しているネットショップが多数あり、その利用法を教えてくれた。
ここでは、その内容にプラスして追加カスタマイズしたタグなどの設定方法を紹介する。

Shopmaker_analytics

管理画面から以下のところに「アナリティクス基本タグ」を貼る。

1 商品注文(カート画面)
[PC版カート]→[共通設定/カート画面>テキスト設定]

2 お客様情報入力画面
[PC版カート]→[お客様情報入力画面]→フリーフォーム(顧客情報)

3 お客様情報入力画面
[PC版カート]→[お客様情報入力画面]→決済テキスト設定
※決済方法の最上位に表示されます。

4 商品お届け先画面(<<商品お届け先>>)
[PC版カート]→[商品お届け先画面>配送カレンダー設定]

5 最終画面
[PC版カート]→[最終画面>テキスト設定]

の5箇所である。

この5箇所には以下の「アナリティクス基本タグ」を貼る。

<!--グーグルアナリティクス基本タグここから-->
<script type="text/javascript">
var gaJsHost = (("https:" == document.location.protocol) ? "https://ssl."
: "http://www.");
document.write(unescape("%3Cscript src='" + gaJsHost + "google-analytics.
com/ga.js' type='text/javascript'%3E%3C/script%3E"));
</script>
<script type="text/javascript">
try {
var pageTracker = _gat._getTracker("UA-*******-1");
pageTracker._setDomainName("none");
pageTracker._setAllowLinker(true);
pageTracker._trackPageview();
} catch(err) {}</script>
<!--グーグルアナリティクス基本タグここまで-->

ここでの注意点は、
UA-*******-1を自分のネットショップのタグに変更すること
通常のタグに比較すると
 pageTracker._setDomainName("none");
pageTracker._setAllowLinker(true);

の2行を追加してあることである。

最後に
プロモーション
[管理画面]→[プロモーション]→[PPC広告]
※[PPC広告]より設置されたタグは、自動的にカートの最終画面に反映されます。
に次の「アナリティクス買物情報取得タグ」を貼る。
ヘルプのPPC広告について

<!--グーグルアナリティクス買物情報取得タグここから-->
<script type="text/javascript">
  var pageTracker = _gat._getTracker("UA-*******-1");
  pageTracker._initData();
  pageTracker._trackPageview();

  pageTracker._addTrans(
    0001,                    // Order ID
    "",                            // Affiliation
    10500,                    // Total
    "",                            // Tax
    "",                            // Shipping
    "",                            // City
    "",                            // State
    ""                             // Country
  );

  pageTracker._addItem(
    0001,                    // Order ID
    "1",                               // SKU
    "domodomo",                            // Product Name
    "goods",                            // Category
    10000,                   // Price
    "1"                             // Quantity
  );

  pageTracker._trackTrans();
</script>
<!--グーグルアナリティクス買物情報取得タグここからまで-->

ここで
"domodomo",                            // Product Name
は商品名が「domodomo」で
10500,                    // Total
は税込み価格が10500円であることであり、
10000,                   // Price
は税別の商品単価が10000円であることを示している。

この状態で動くはず。

出典は、Analyticsヘルプのeコマース トランザクションをトラッキングするにはどうすればよいですかより。

ただし、このままのタグだと、すべての商品が「domodomo」で商品単価「10000円」となってしまう。

その対策は、その部分に「変数」を入れることである。
「10000円」などという固定の数値ではなく、商品ごとの単価という「変数」をうまくひっぱってこれれば、この処置でうまくいく。

さて、その変数とは…。(^^;

なんとショップメーカーのデモ画面にログインすると紹介されていた。PC版カート(最終画面)
また、ヘルプの最終画面説明にも同様のタグが紹介されている。

~以下引用~
注文最終画面に注意書き等、オリジナルメッセージを追加することができます。(HTMLタグ有効)
[% onum %] や [% email %] などの置換タグを入力されますと、受注番号や注文者のメールアドレス等と置き換えて表示させることができます。「初期設定に戻す」ボタンを押すと、初期設定の状態に戻すことができます。
例) 受注番号:[% onum %] → 受注番号:0123456789

ご利用頂けるタグは以下の通りです。

受注番号   :  [% onum %]
注文者メールアドレス   :  [% email %]
ショップ名   :  [% sname %]
ショップURL   :  [% surl %]
ショップURL(TARGET)   :  [% starget %]
ショップメールアドレス   :  [% smail %]

さらに、問い合わせたところ

商品合計金額(消費税・送料・手数料含まない)  : [% gtamt %]
総合計金額(消費税・送料・手数料を含む)        : [% tamt %]

も使えることがわかった。

なので、この「変数」を組み込むと「ショップメーカー用のタグ」ができあがる。

<!--グーグルアナリティクス買物情報取得タグここから-->
<script type="text/javascript">
  var pageTracker = _gat._getTracker("UA-*******-1");
  pageTracker._initData();
  pageTracker._trackPageview();

  pageTracker._addTrans(
    [% onum %],                    // Order ID
    "",                            // Affiliation
    [% gtamt %],                    // Total
    "",                            // Tax
    "",                            // Shipping
    "",                            // City
    "",                            // State
    ""                             // Country
  );

  pageTracker._addItem(
    [% onum %],                    // Order ID
    "1",                               // SKU
    "goods",                            // Product Name
    "shopmaker",                            // Category
    [% tamt %],                   // Price
    "1"                             // Quantity
  );

  pageTracker._trackTrans();
</script>
<!--グーグルアナリティクス買物情報取得タグここからまで-->

変数が使えないSKU、Product Name 、Category、Quantityのところはとりあえず固定値で文字や数値を入れてある。今後のサポートを期待しよう。

▼eコマース機能を使うとECサイトの売上金額の推移がわかる
Anlytics_ec

 


※ASP とは、アプリケーションサービスプロバイダの略。ASPはビジネス用のアプリケーションソフトをインターネットを通じて顧客にレンタルする事業者のこと。 ユーザはWebブラウザなどを通じて、ASPの保有するサーバにインストールされたアプリケーションソフトを利用する。
レンタルアプリケー ションを利用すると、ユーザのパソコンには個々のアプリケーションソフトをインストールする必要がないので、企業の情報システム部門の大きな負担となって いたインストールや管理、アップグレードにかかる費用・手間を節減することができる。従来はERPなどの大規模な業務システムがレンタルの対象であった が、近年ではワープロや表計算などの日常頻繁に使われるアプリケーションソフトもレンタルされるようになりつつある。(出典:e-words)

 

ASP買い物カゴのショップメーカー(shopmaker)は使えるMTOSで行こう!Movable Type Open Source

フェイスブックの「いいね」はいいですね。

はてなブックマーク:  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク数  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク  ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録  user ドモドモ[TOP]

株式会社ドモドモコーポレーション


株式会社ドモドモコーポレーション
〒929-1171 石川県かほく市木津ロ64-1 電話076-285-8058 IP電話:050-1462-8058
遠田幹雄 経済産業大臣登録 中小企業診断士#301227 ITコーディネータ#0026162002C
※事務所所在地は地図上で金沢市北部のかほく市JR横山駅近く、
 石川県庁からクルマで約30分北上したところです。
 【ドモドモコーポレーションへのご案内地図】
 よろしく、どもども、ドモドモ。 count


         

MTOSで行こう!のコンテンツ

MTOSで行こう![TOP]
 ※SEOに強いカスタマイズデータを利用した導入方法は【MTOS導入ステップ】をご覧ください

遠田幹雄の予定表

遠田幹雄の予定は【Googleカレンダー】で表示しています。
遠田幹雄のスケジュール表はグーグルカレンダーで
※ログインすると予定をご覧いただけます。
※遠田幹雄の公式ブログ 遠田幹雄です。どもども、ドモドモ(^^)v 中小企業診断士ブログは、ほぼ毎日更新しています。遠田の近況はブログでご確認おねがいします。

お問い合わせ

メールでの問合せはこちらから
ご意見/ご感想はSSL対応の
メールフォームからどうぞ

業務経歴書のご請求

業務経歴書の体裁、実際にはA4で5ページです。
遠田幹雄の業務経歴書の請求はこちら
のメールフォームからどうぞ

それぞれSSLのフォームになっています。

遠田幹雄
代表者のグーグルプラスは「 遠田幹雄(Google+) 」です。

株式会社ドモドモコーポレーション
株式会社ドモドモコーポレーションの企業としての公式サイトは株式会社ドモドモコーポレーションdm2.co.jpです。

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク:サイト全体  はてなブックマーク数
MTOSで行こう!  MTOSで行こう!  はてなブックマーク  ブログはてなブックマーク
ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user
MTOSで行こう!Movable Type Open Source
このサイト「MTOSで行こう!Movable Type Open Source」のフィードを取得する。
atom atom.xmlを取得
RSS RSS1.0を取得
※フィード(Feed)とは、ブログやニュースサイトなどのウェブサイトのコンテンツ概要を配信用に加工した文書のこと。代表的なフォーマットとしてはRSSやAtomがある。
株式会社ドモドモコーポレーション 〒929-1171 石川県かほく市木津ロ64-1 電話076-285-8058 IP電話:050-1462-8058
copyright ドモドモコーポレーション by 中小企業診断士ブログの遠田幹雄 since 2000/10/10 ©