MTOSで行こう!Movable Type Open Source > MTOSをもっと便利に使うために > 便利なCGI > アシアトログ解析

個別ページのアクセスのアシアトを追うアシアトログはMTタグと相性ぴったり

MT4の<MTIF>活用法、個別ページのアクセスのアシアトを追うアシアトログにMTタグを使いフッターに自動埋め込み

Ashiatolog201アクセス解析ソフトの中には個別ページのアシアトを追うことができるものもある。そのひとつがアシアトログ。アシアトログはフリーソフトで、ver2以降は文字化けも少なく、機能も豊富なのでおすすめ。

ただし、アシアトログを設定するにはすべてのページに特定できる独自の名前を入れたタグを埋め込む必要がある。この手間がかかるため敬遠する人も多かった。しかしこの面倒な作業もMT4(ムーバブルタイプ)ならフッダに埋め込むだけでOK。MT4の<MTIF>を使えばすべてのページに簡単にアシアトログの個別タグが設置できる。

WEBサーバ内のディレクトリ階層

 www(ホームページのルート)
  ┃
  ┗cgi-bin
(ディレクトリ)
    ┃
accdata(ディレクトリ)
    ┃
access(ディレクトリ)
    ┃
lib(ディレクトリ)

アシアトログのcgiをまるごとFTPで「cgi-bin/access」に設置できれば、 
以下のソースを、テンプレートのフッダに貼り付けるだけで動くはずです。

▼ここからフッターモジュールのタグに埋め込むアシアトログのタグの例
設定はアシアトログのシステムが公開するブログのURL(MTタグでは<$MTBlogURL$>になる)の「cgi-bin/access」とする。

■ソース例1(cgiの設置がcgi-bin/accessの場合)め

<!--アシアトログのタグここから-->

<mt:If name="entry_template">
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTEntryPermalink$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTEntryPermalink$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
<mt:Else>
<mt:If name="Category_archive">
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTCategoryArchiveLink$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTCategoryArchiveLink$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
<mt:Else>
<mt:If name="datebased_archive">
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTArchiveLink$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTArchiveLink$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
<mt:Else>
<mt:If name="search_results">
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=[search:<$mt:SearchString$>]<$MTBlogURL$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=[search:<$mt:SearchString$>]<$MTBlogURL$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
<mt:Else>
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTBlogURL$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="/cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTBlogURL$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
</mt:If>
</mt:If>
</mt:If>
</mt:If>
<!--アシアトログのタグここまで、この下にグーグルアナリティクスのタグを貼る-->

 

■ソース例2(cgiの設置がブログごとに違いアクセス記録を別にとりたい場合のために<$MTBlogURL$>を入れてcgiのパスを変えることができます) 

<!--アシアトログのタグここから-->

<mt:If name="entry_template">
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTEntryPermalink$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTEntryPermalink$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
<mt:Else>
<mt:If name="Category_archive">
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTCategoryArchiveLink$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTCategoryArchiveLink$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
<mt:Else>
<mt:If name="datebased_archive">
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTArchiveLink$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTArchiveLink$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
<mt:Else>
<mt:If name="search_results">
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=[search:<$mt:SearchString$>]<$MTBlogURL$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=[search:<$mt:SearchString$>]<$MTBlogURL$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
<mt:Else>
<script type="text/javascript">
<!--
document.write("<img src='<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTBlogURL$>&amp;img=1&amp;scr=", screen.width, "x", screen.height, "x", screen.colorDepth, "&amp;ref=", escape(parent.document.referrer), "' border=0 width=1 height=1>");
//-->
</script>
<noscript>
<img src="<$MTBlogURL$>cgi-bin/access/accimg.cgi?id=<$MTBlogURL$>&amp;img=1&amp;ref=noScript" alt="access" width="1" />
</noscript>
</mt:If>
</mt:If>
</mt:If>
</mt:If>
<!--アシアトログのタグここまで、この下にグーグルアナリティクスのタグを貼る-->
ここまで

 

アシアトログ(最新100件の個別アクセス記録ページ)
http://www.tohda.jp/cgi-bin/access/accview.cgi?dn=0-100
を見ると、
個別エントリー、カテゴリ、メインページ、検索ページの記録が取れていることがわかる。
記録をURL名としているところがポイント。URL名が記録に残るとアシアトをたぐりやすくなる。

アシアトログの作者のホームページはこちらです。
http://funa.s14.xrea.com/access.pro/

 設置方法など解説は以下のとおりです。(作者のサイトから引用)

  • ディレクトリ構成
    圧縮ファイルを解凍すると、以下のディレクトリ構造が出来るはずです。FTPソフトを使って、この構成のままサーバーにアップロードするようにしてください。アップロード前の準備については、後述します。
    cgi-bin(ディレクトリ)
    	   |
    	   |----accdata(ディレクトリ)
    	   |       |
    	   |       |----index.html
    	   |       |
    	   |       |----lock2.dat
    	   |
    	   |
    	   |----access(ディレクトリ)
    	   |       |
    	   |       |----access.pl
    	   |       |
    	   |       |----accgate.cgi
    	   |       |
    	   |       |----accimg.cgi
    	   |       |
    	   |       |----accupdate.pl
    	   |       |
    	   |       |----accview.cgi
    	   |       |
    	   |       |----accviewsub.pl
    	   |       |
    	   |       |----bar1.gif
    	   |       |
    	   |       |----bar1v.gif
    	   |       |
    	   |       |----configA.pl
    	   |       |
    	   |       |----configB.pl
    	   |       |
    	   |       |----index.html
    	   |       |
    	   |       |----jumper.cgi
    	   |
    	   |
    	   |----lib(ディレクトリ)
    	           |
    	           |----Jcode.pm
    	           |
    	           |
    	           |----Jcode(ディレクトリ)
    	           |        |
    	           |        |----Constants.pm
    	           |        |
    	           |        |----H2Z.pm
    	           |        |
    	           |        |----Tr.pm
    	           |        |
    	           |        |----Unicode.pm
    	           |        |
    	           |        |
    	           |        |----Unicode(ディレクトリ)
    	           |                 |
    	           |                 |----Constants.pm
    	           |                 |
    	           |                 |----NoXS.pm
    	           |
    	           |
    	           |----MIME(ディレクトリ)
    	                    |
    	                    |----Base64.pm
    		
    ※「lib」ディレクトリ以下は、CPANで配布されている標準モジュールです。既に導入されているサーバーの場合は、 「lib」ディレクトリ以下のアップロードは不要です。
    導入されていない場合は、(AshiatoLOG 2.0 の圧縮ファイルに同梱されていますので、解凍後に)「lib」ディレクトリも、そのままアップロードしていただければOKです。
  • パーミッションの変更
    アップロードしたら、以下の表のようにファイルおよびディレクトリ(フォルダ)のパーミッションを変更してください。設定の仕方は後述します。(以下の表に入っていないファイル・ディレクトリのパーミッションの設定は、通常は不要です。設定しなければ上手く動かないのでしたら、それらのファイル・ディレクトリのパーミッションは「604」です()。)

ファイル名

内容 パーミッション()
accdata/ 記録ディレクトリ 707
    lock2.dat ロックファイル(記録データへの多重書込みを防止するためのファイル) 606
access/ 実行ディレクトリ 705
 accimg.cgi 記録(&ダミーイメージ出力)CGI 705
 accview.cgi 記録集計表示CGI 705
accgate.cgi パスワード入力および集計表示項目設定CGI 705
    jumper.cgi 記録集計表示CGIからリンク元にジャンプするためのCGI 705

パーミッションについて

上記のパーミッションの3桁の数値は全て真中の桁が「0」になっていますが、

サーバーによっては下二桁を最下位の数字にそろえる

(例えば「705」と書いてあるものは「755」にする)必要がある場合があります。


専門的にいうと、CGIが「group」のパーミッションで起動される(ホームページ設置者と同じグループIDをホームページを訪問した人に割り当てる)サーバーが該当します。


CGI設置

  • accview.cgi」・「accgate.cgi」・「accimg.cgi」・「jumper.cgi」の1行目のPerlのパスをプロバイダにあわせて書き換えてください。メモ帳(Notepad.exe)などのテキストエディタで書き換えます。プロバイダの設置案内を見ると、「#!/usr/bin/perl」とか,「#!/usr/loca/bin/perl」とかいうような、Perlのパスが書いてあると思います。そのパスにあわせて1行目を書き換えます(※注)。不明の場合は、プロバイダのサポート窓口にお問い合わせください。 
  • GIFファイル(画像ファイル)以外のファイルはすべてアスキー(テキスト)モードでアップロードして下さい。(FFFTPなどの高機能FTPソフトをお使いの場合、漢字コードをEUCコードなどに自動変換してアップロードする場合がありますが、「無変換」でアップロードするようにして下さい。AshiatoLOGはSJISで動作するように設計されています。)
  • GIFファイル(画像ファイル)は、バイナリモードでアップロードして下さい。
  • ファイル名はすべて半角、アルファベットは小文字です。
  • 上記「パーミッションの変更」の表を参考にして、各ファイルのパーミッションを設定して下さい。
  • 次に、記録を残したい既存ページを改造するわけですが、その前に、うまく動作しているか確認します。ブラウザで「http://.../access/accgate.cgi」を表示してみてください。(「configA.pl」および「configB.pl」で各種設定を書き換える前に行ってください。)
    上手く表示されたらなら、今度は「http://.../access/accview.cgi」を表示してみてください。
    まだアクセス記録ファイルがないので、以下のメッセージが表示されれば、正常に動作しています。
    ERROR:指定期間(20XX年X月X日までのX日間)のアクセス記録ファイルを読み込めません。
  • 「http://.../access/accview.cgi」の動作が正常であることを確認できたら、記録を残したいページを改造して、アップロードしてください。 
  • 以上で、運用開始です。改造した既存ページをブラウザでアクセスしたあと、ブラウザで「http://.../access/accview.cgi」を表示して、うまく記録されていることを確認してください。 
  • ※注: 一行目のperlのパスについて:
    libディレクトリを使用する場合は、一行目のperlのパスには、以下の例のように「-I../lib」をつけるようにして下さい。

      例:
    	#!/usr/local/bin/perl -I../lib
    	#!/usr/bin/perl -I../lib
    逆に、CPANで配布されている標準モジュールを既に導入しているため、libディレクトリを使用しない場合は、「-I../lib」をつけてはいけません。(なんのことか良くわからない方は、libディレクトリを使用することにすれば、とりあえず動くのではと思います)

 

個別ページのアクセスのアシアトを追うアシアトログはMTタグと相性ぴったりMTOSで行こう!Movable Type Open Source

フェイスブックの「いいね」はいいですね。

はてなブックマーク:  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク数  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク  ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録  user ドモドモ[TOP]

株式会社ドモドモコーポレーション


株式会社ドモドモコーポレーション
〒929-1171 石川県かほく市木津ロ64-1 電話076-285-8058 IP電話:050-1462-8058
遠田幹雄 経済産業大臣登録 中小企業診断士#301227 ITコーディネータ#0026162002C
※事務所所在地は地図上で金沢市北部のかほく市JR横山駅近く、
 石川県庁からクルマで約30分北上したところです。
 【ドモドモコーポレーションへのご案内地図】
 よろしく、どもども、ドモドモ。 count


         

MTOSで行こう!のコンテンツ

MTOSで行こう![TOP]
 ※SEOに強いカスタマイズデータを利用した導入方法は【MTOS導入ステップ】をご覧ください

遠田幹雄の予定表

遠田幹雄の予定は【Googleカレンダー】で表示しています。
遠田幹雄のスケジュール表はグーグルカレンダーで
※ログインすると予定をご覧いただけます。
※遠田幹雄の公式ブログ 遠田幹雄です。どもども、ドモドモ(^^)v 中小企業診断士ブログは、ほぼ毎日更新しています。遠田の近況はブログでご確認おねがいします。

お問い合わせ

メールでの問合せはこちらから
ご意見/ご感想はSSL対応の
メールフォームからどうぞ

業務経歴書のご請求

業務経歴書の体裁、実際にはA4で5ページです。
遠田幹雄の業務経歴書の請求はこちら
のメールフォームからどうぞ

それぞれSSLのフォームになっています。

遠田幹雄
代表者のグーグルプラスは「 遠田幹雄(Google+) 」です。

株式会社ドモドモコーポレーション
株式会社ドモドモコーポレーションの企業としての公式サイトは株式会社ドモドモコーポレーションdm2.co.jpです。

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク:サイト全体  はてなブックマーク数
MTOSで行こう!  MTOSで行こう!  はてなブックマーク  ブログはてなブックマーク
ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user
MTOSで行こう!Movable Type Open Source
このサイト「MTOSで行こう!Movable Type Open Source」のフィードを取得する。
atom atom.xmlを取得
RSS RSS1.0を取得
※フィード(Feed)とは、ブログやニュースサイトなどのウェブサイトのコンテンツ概要を配信用に加工した文書のこと。代表的なフォーマットとしてはRSSやAtomがある。
株式会社ドモドモコーポレーション 〒929-1171 石川県かほく市木津ロ64-1 電話076-285-8058 IP電話:050-1462-8058
copyright ドモドモコーポレーション by 中小企業診断士ブログの遠田幹雄 since 2000/10/10 ©