MTOSで行こう!Movable Type Open Source > MTOSをもっと便利に使うために > テンプレートのカスタマイズ > 検索結果テンプレート

タグクラウドを活用したいなら、検索結果のテンプレート改造は必須

タグクラウドを活用したいなら、検索結果のテンプレート改造は必須だ。
というのは、タグウラウドの文字をクリックしたときに表示されるページは「検索結果テンプレート」で生成されるページだからだ。

タグクラウド

タグクラウドとは、サイト内で利用されているタグ(キーワードなど)を一覧表示したものである。クラウド(cloud)とは「雲」「大群」などを意味する英単語で、多数のタグが集まった様子を言い表している。よく使われているタグ(キーワード)は大きく表示され、文字の大小の様が雲が漂うようなイメージなので、文字通りタグのクラウド(文字の雲)なのであろう。
タグは利用者が自由にいくつでも付けられるようになっている場合が多いが、タグクラウドは様々な項目に付けられたタグを抽出した一覧である。人気の高いタグや利用頻度の高いタグは大きなフォントや太字、色付けなどで段階的に強調表示するようになっているものが多い。

このタグクラウドは、SEOにも有効である。タグクラウドに指定したタグ(キーワード)は検索エンジンにヒットしやすい。
さらに、検索にヒットしたさいに、メタタグ(メタディスクリプション)の改造がしてないと、グーグルから「重複するメタディスクリプションがあります」とお叱りをうけることになる。だから、検索結果ごとにメタディスクリプションを変更しなければならない。
そのときに使えるのが<$mt:SearchString$>である。

<$mt:SearchString$>は、検索結果を表わすMTタグ。タグクラウドの表示結果は検索結果のページなので、ページごとに違う文字として表示される「代数」のようなものである。これをメタディスクリプションに仕込むとよい。ついでに、メタキーワードにも<$mt:SearchString$>を入れておくとよい。

このように、検索結果のテンプレートを改造することがさらにSEO強化になる。

挿入は、以下の2行のみでOK。
<meta name="description" content="<$mt:SearchString$>は、どもどもなオヤジが大好きです。" />
<meta name="keywords" content="<$mt:SearchString$>,どもども,オヤジギャグ" />

 

検索結果のテンプレートのサンプル (この内容はカスタマイズ版データと同じ)


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" id="sixapart-standard">
<head>
    <script type="text/javascript">
    /* <![CDATA[ */
    var user = <$mt:UserSessionState$>;
    /* ]]> */
    </script>
    <$mt:Include module="HTMLヘッダー"$>
    <title><$mt:SearchString$>は<$mt:BlogName encode_html="1"$>:検索結果</title>
    <meta name="description" content="<$mt:SearchString$>は、どもどもなオヤジが大好きです。" />
    <meta name="keywords" content="<$mt:SearchString$>,どもども,オヤジギャグ" />
    <mt:Ignore>Below Javascript adds ajax search capability</mt:Ignore>
    <script type="text/javascript">
    /* <![CDATA[ */
    <mt:IfMoreResults>
    function getResults(page) {
        page = parseInt(page);
        if (timer) window.clearTimeout(timer);
        var xh = mtGetXmlHttp();
        if (!xh) return false;
        var res = results[page];
        if (!res) return;
        var url = res['next_url'];
        if (!url) return;

        xh.open('GET', url + '&format=js', true);
        xh.onreadystatechange = function() {
            if ( xh.readyState == 4 ) {
                if ( xh.status && ( xh.status != 200 ) ) {
                    // error - ignore
                } else {
                    try {
                        var page_results = eval("(" + xh.responseText + ")");
                        if ( page_results['error'] == null )
                            results[page + 1] = page_results['result'];
                    } catch (e) {
                    }
                }
            }
        };
        xh.send(null);
    }

    function swapContent(direction) {
        if ( direction == undefined ) direction = 1;
        var page_span = document.getElementById('current-page');
        if (!page_span) return true;
        var next_page = direction + parseInt(page_span.innerHTML);
        var res = results[next_page];
        if (!res) return true;
        var content = res['content'];
        if (!content) return true;
        var div = document.getElementById('search-results');
        if (!div) return true;
        div.innerHTML = content;
        timer = window.setTimeout("getResults(" + next_page + ")", 1*1000);
        window.scroll(0, 0);
        return false;
    }
    <mt:Else><mt:IfPreviousResults>
    function swapContent(direction) {
        return true;
    }</mt:IfPreviousResults>
    </mt:IfMoreResults>
    /* ]]> */
    </script>
</head>
<body id="<$mt:BlogTemplateSetID$>" class="mt-search-results <$mt:Var name="page_layout"$>">
    <div id="container">
        <div id="container-inner">
            <$mt:Include module="バナーヘッダー"$>
            <div id="content">
                <div id="content-inner">
                    <div id="alpha">
                        <div id="alpha-inner">
<mt:Ignore><!--
    Below is the block to show search results.
    This makes an independent block to support
    Ajax-based background retrieval of the next search results.
--></mt:Ignore>
<mt:SetVarTemplate id="search_results" name="search_results"> 
<mt:SearchResults>
    <mt:SearchResultsHeader>
                            <div id="search-results">
                                <span id="current-page" class="hidden"><$mt:CurrentPage$></span>
                                <h2 id="page-title" class="search-results-header">
        <mt:IfStraightSearch>
                                    「<$mt:SearchString$>」と一致するもの
        </mt:IfStraightSearch>
        <mt:IfTagSearch>
                                    タグ「<$mt:SearchString$>」が付けられているもの
        </mt:IfTagSearch>
                                </h2>
                                <div class="search-results-container autopagerize_page_element">
    </mt:SearchResultsHeader>
                                    <$mt:Include module="ブログ記事の概要" hide_counts="1"$>
    <mt:SearchResultsFooter>
                                </div><div class="autopagerize_insert_before"></div>

    <mt:Ignore><!-- Used with the ajax search capability of the new search class --></mt:Ignore>
                                <div class="content-nav">
                                    <mt:IfPreviousResults><a href="<$mt:PreviousLink$>" rel="prev" onclick="return swapContent(-1);">&lt; 前</a>&nbsp;&nbsp;</mt:IfPreviousResults><mt:PagerBlock><mt:IfCurrentPage><$mt:Var name="__value__"$><mt:Else><a href="<$mt:PagerLink$>"><$mt:Var name="__value__"$></a></mt:IfCurrentPage><mt:Unless name="__last__">&nbsp;</mt:Unless></mt:PagerBlock><mt:IfMoreResults>&nbsp;&nbsp;<a href="<$mt:NextLink$>" rel="next" onclick="return swapContent();">次 &gt;</a></mt:IfMoreResults>
                                </div>
                            </div>
    </mt:SearchResultsFooter>
</mt:SearchResults>
</mt:SetVarTemplate>
<mt:Ignore><!-- Display search results constructed in the block above --></mt:Ignore>
<$mt:Var name="search_results"$>
<mt:Ignore><!-- Display no results message --></mt:Ignore>
<mt:NoSearchResults>
                            <h1 id="page-title" class="search-results-header">
    <mt:IfStraightSearch>
                                「<$mt:SearchString$>」と一致するもの
    </mt:IfStraightSearch>
    <mt:IfTagSearch>
                                タグ「<$mt:SearchString$>」が付けられているもの
    </mt:IfTagSearch>
                            </h1>
                            <p>「<$mt:SearchString$>」と一致する結果は見つかりませんでした。</p>
</mt:NoSearchResults>
<mt:Ignore><!-- Display instructions for searching if search script was accessed without a query --></mt:Ignore>
<mt:NoSearch>
                            <h1 id="page-title" class="search-results-header">例</h1>
                            <p>すべての単語が順序に関係なく検索されます。フレーズで検索したいときは引用符で囲んでください。</p>
                            <blockquote>
                                <p><code>"movable type"</code></p>
                            </blockquote>
                            <p>AND、OR、NOTを入れることで論理検索を行うこともできます。</p>
                            <blockquote>
                                <p><code>個人 OR 出版</code></p>
                                <p><code>個人 NOT 出版</code></p>
                            </blockquote>
</mt:NoSearch>

<mt:Ignore><!-- Used with the ajax search capability of the new search class --></mt:Ignore>
<mt:IfMoreResults>
<script type="text/javascript">
<!--
var div = document.getElementById('search-results');
var results = {
    '<$mt:CurrentPage$>': {
        'content': div.innerHTML,
        'next_url': '<$mt:NextLink$>'
    }
};
var timer = window.setTimeout("getResults(" + <$mt:CurrentPage$> + ")", 1*1000);
//-->
</script>
</mt:IfMoreResults>
                        </div>
                    </div>
                    <$mt:Include module="サイドバー"$>
                </div>
            </div>
            <$mt:Include module="バナーフッター"$>
        </div>
    </div>
</body>
</html>
 

 

タグクラウドを活用したいなら、検索結果のテンプレート改造は必須MTOSで行こう!Movable Type Open Source

フェイスブックの「いいね」はいいですね。

はてなブックマーク:  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク数  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク  遠田幹雄中小企業診断士ブログはてなブックマーク  ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録  user ドモドモ[TOP]

株式会社ドモドモコーポレーション


株式会社ドモドモコーポレーション
〒929-1171 石川県かほく市木津ロ64-1 電話076-285-8058 IP電話:050-1462-8058
遠田幹雄 経済産業大臣登録 中小企業診断士#301227 ITコーディネータ#0026162002C
※事務所所在地は地図上で金沢市北部のかほく市JR横山駅近く、
 石川県庁からクルマで約30分北上したところです。
 【ドモドモコーポレーションへのご案内地図】
 よろしく、どもども、ドモドモ。 count


         

MTOSで行こう!のコンテンツ

MTOSで行こう![TOP]
 ※SEOに強いカスタマイズデータを利用した導入方法は【MTOS導入ステップ】をご覧ください

遠田幹雄の予定表

遠田幹雄の予定は【Googleカレンダー】で表示しています。
遠田幹雄のスケジュール表はグーグルカレンダーで
※ログインすると予定をご覧いただけます。
※遠田幹雄の公式ブログ 遠田幹雄です。どもども、ドモドモ(^^)v 中小企業診断士ブログは、ほぼ毎日更新しています。遠田の近況はブログでご確認おねがいします。

お問い合わせ

メールでの問合せはこちらから
ご意見/ご感想はSSL対応の
メールフォームからどうぞ

業務経歴書のご請求

業務経歴書の体裁、実際にはA4で5ページです。
遠田幹雄の業務経歴書の請求はこちら
のメールフォームからどうぞ

それぞれSSLのフォームになっています。

遠田幹雄
代表者のグーグルプラスは「 遠田幹雄(Google+) 」です。

株式会社ドモドモコーポレーション
株式会社ドモドモコーポレーションの企業としての公式サイトは株式会社ドモドモコーポレーションdm2.co.jpです。

ソーシャルブックマーク

はてなブックマーク:サイト全体  はてなブックマーク数
MTOSで行こう!  MTOSで行こう!  はてなブックマーク  ブログはてなブックマーク
ヤフーブックマーク: Yahoo!ブックマークに登録 user
MTOSで行こう!Movable Type Open Source
このサイト「MTOSで行こう!Movable Type Open Source」のフィードを取得する。
atom atom.xmlを取得
RSS RSS1.0を取得
※フィード(Feed)とは、ブログやニュースサイトなどのウェブサイトのコンテンツ概要を配信用に加工した文書のこと。代表的なフォーマットとしてはRSSやAtomがある。
株式会社ドモドモコーポレーション 〒929-1171 石川県かほく市木津ロ64-1 電話076-285-8058 IP電話:050-1462-8058
copyright ドモドモコーポレーション by 中小企業診断士ブログの遠田幹雄 since 2000/10/10 ©