福井県のことのカテゴリアーカイブ

福井北インター3月に入って工事中だった福井北インターがリニューアルされたようだ。北陸高速道路の福井北インターで降りると、一般道路に出るまでの道が大きく変わっていた。これまではインターからでるとすぐに信号があり、右折か左折かを選ぶという進路だった。しかし、新しい福井北インターは高架のまま走れるが、そのまままっすぐ走ると勝山方面まで行ってしまう。福井市内に入るには左折して一般道に降りなければならない。勝山方面に行く方には便利だが、福井市内に向かう人たちには少しわかりにくい誘導のように感じた。

のブログ記事の詳細を読む

越のルビー越のルビー(こしのるびー)というミディトマトが福井県ではブランド野菜として人気になっている。越のルビーの大きさはピンポン球かゴルフボール大くらいで、ミニトマトよりは大きいが普通のトマト(大玉トマト)よりは小さい。大人だとちょうどひとくちで食べられるくらいのサイズ。特徴はジューシーな甘味。大玉トマトにくらべ、糖度が3度くらい高い8度前後もあるため、とても甘く感じる。またビタミンCやリコピンが約2倍と栄養価も高い。このようなことから食事のときだけでなく、そのままおやつにしたりジュースなどの加工品にも使われたりする。

のブログ記事の詳細を読む

大野七間通り

今日は福井県大野市にある大野商工会議所でセミナー講師をさせていただく予定だ。大野市内には昼前に到着、午後からのセミナーに備えて早めの昼食をとることにした。観光地としても名高い七間通りを少し歩き、福そば本店に入った。福そば本店では十割蕎麦を注文。まだ昼前とあって店内に人影はまばらだったが、蕎麦を注文し待っている間にたくさんの来店があり、あれよあれよという間にほぼ満席になった。ほとんどの来店客が関西弁をしゃべっていたので、関西方面からの観光客だろう。60歳代以上のグループが多かった。あとで駐車場のナンバーを見たらやはり関西方面のナンバーばかりだった。関西からちょうどいいドライブ先なのだろう。これも舞鶴若狭道開通の効果かもしれない。

のブログ記事の詳細を読む

クマンドーヒルズいつしかこの建物は「クマンドーヒルズ」と呼ばれていた。福井県の中小企業支援センターである「ふくい産業支援センター」が入っているソフトパークふくい福井県産業情報センタービル。福井県はIT関係のベンチャーが多くネットビジネスで独自性を発揮している中小企業者が非常に多く活発な活動をしている。その拠点がここ「クマンドーヒルズ」である。この名称の由来は、ビルの住所が福井県坂井市丸岡町熊堂(くまんどう)であることと、ITベンチャーが集う東京の六本木ヒルズにあやかって、IT関係者が言い出した造語である。しかし、このクマンドーヒルズという名称はいがいに広く知られており、福井県内のネット関係者ならほぼ通用するようになっている。

のブログ記事の詳細を読む

たけくらべ広場BBQ福井県と石川県の県境の近く、白山麓の山あいの竹田地区に「たけくらべ広場」がある。ここは福井県坂井市が管理している公共の広場で、バーベキューやキャンプができるところだ。この三連休も行楽日和のよい天気なので、駐車場いは多数の県外ナンバーの車が留まっていた。隣接施設がたけくらべ温泉で、バーベキューのあと日帰り温泉を楽しむのもよい。家族でキャンプを楽しむには絶好のスポットだ。

のブログ記事の詳細を読む

Fukui_shiencentaer_bldg福井県側から見る白山方向の山々は、すっかり春の装いが感じられる風景になっていた。昨日も春らしい陽気で小松市から見た白山についてブログで紹介した。今日は福井県側から見える白山だが、昨日に増して春らしい気配だ。この写真では、白山は左上にちょこんと白く見える雪山で、白山の姿をすべて見ることはできないのが残念。
白山は福井県と石川県にまたがり、富士山や立山と並ぶ日本三名山のひとつである。

のブログ記事の詳細を読む

Obamaオバマ氏ブームに沸く小浜市に宿泊した。泊まったのは小浜市のホテルせくみ屋。せくみ屋は、明日の「ブログマーケティング入門 ~ブログで集客!ブログで販促!~」の会場となる福井県産業情報センター嶺南支所の隣の建物なのでとても便利な立地である。
で、せくみ屋ではオバマブームで沸きに沸いている小浜市の状況がわかる。オバマ氏の像や、オバマグッズが盛りだくさんなのだ。

のブログ記事の詳細を読む

霊峰白山 霊峰白山。冷え込んだ朝。加賀市内からくっきり見える白山の眺めにしばしうっとり。白山は富士山・立山とともに日本三名山のひとつ。白山は石川県と福井県の県境にある。3000メートル級の白山のシルエットは険しくもあるが、そこはかとなくやさしさを感じる。白山は美しい山だ。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加