空と雲のカテゴリアーカイブ

車の温度計は36度 7月に入りずっと真夏日が続いている北陸地方。車の温度計は36度を指している。ところによっては35度を超える猛暑になっているようだ。先週まで1週間東京にいたがずっと30度以下で涼しかったので、いきなり真夏になったような気分である。その東京も先日梅雨明け宣言がでていきなり猛暑日になった。全国的に夏がやってきた感じである。

のブログ記事の詳細を読む

冬の北陸で最低気温は2月1日あたりがもっとも低い 冬の北陸で最低気温がもっとも低いのは2月1日あたりだと聞いたことがある。この日は放射冷却現象となったのか、マイナス4度くらいまで冷え込み、車のフロントガラスもガチガチに凍りついていた。しかし、太陽のチカラで東向きにおいてあったフロントガラスは溶け始めていた。日中はおだやかに晴れて、青空が広がり、小春日和の一日だった。

のブログ記事の詳細を読む

Sawayakaakizora今年の夏は猛暑だったが、秋の彼岸も過ぎるとすっかり朝夕は秋を感じるようになった。今日は秋空がさわやかで、道路脇にススキがたなびいていた。
「ススキ(すすき)」は植物としては、草と木の中間の性質があるらしく、草原から森林に変化する過程(一年生草原→多年生草原→森林)で群生するようになるといわれている。すすきがあるところは、そのままにしておけばいずれ森林になるかもしれないという自然なところだといえそうだ。

のブログ記事の詳細を読む

Yukinofuranaifuyu 北陸の冬の空はどんよりと重い雲が立ち込めるのが特徴的。手前に見えるのは田んぼで中ほどに見えるのは国道8号線、その向こうに見えるのは白山だ。
この冬、まだ雪はそれほど降っておらず平地では雪が積もっていない。ただ、今週は雪の予報なのでこれから雪が降るのだろう。

のブログ記事の詳細を読む

昨夜は月のきれいな夜でした 東京の中小企業大学校には東大和寮という宿泊施設があり、3日間の研修対応のため、3泊した。昨夜は月のきれいな夜。

同じ場所から同じ風景が違って見える。
夏の空、夕方の空、月のきれいな夜空、
それぞれに風情があるものだ。

のブログ記事の詳細を読む

北陸は猛暑の一日福井県小浜市は37・4度と全国で最も暑く、この地点の観測史上最高タイ。富山市は全国2位の36・8度、金沢は35・2度と、北陸は猛暑の一日だった。
この影響で北陸電力管内の電力需要が一気に高まり、供給力に対するピーク時の「電力使用率」は93・1%を記録した。電力供給が厳しくなる目安の90%を超えた。まだ梅雨明けしていないが今後も30度を超える真夏日が続く予想で、北陸の電力は黄信号が点滅している。

のブログ記事の詳細を読む

能登島と立山連峰が見える能登有料道路の別所岳SAに新しく展望台ができていた。その展望台に登ってみるとその風景は絶景。よく晴れた空、きれいな海、能登島の向こうに見える立山連峰、美しいパノラマが広がっていた。
この別所岳SAは、2007年の能登半島地震の際に大きく崩れた地域で、3年たった今、ようやく復旧したことになる。

のブログ記事の詳細を読む

Yuuyake金沢はまだまだ暑い。最高気温は連日33℃を超え。暑さ寒さも彼岸まで。たしかに朝夕は涼しくなってきた。夕焼けの色も夏空というよりは秋空。あと数日で昼より夜が長くなる。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加