act2020のカテゴリアーカイブ

act2020和歌山開催中小企業診断士の勉強会仲間の集まりで昨日から和歌山県に来ている。今日は全員の近況報告の日である。昨日も使わせていただいた中小企業家同友会の会議室が会場である。今回は各自がばらばらに宿泊施設をとっているので各自が直接会場に参集し午前10時から近況報告会を開始した。
近況報告では各自のこの一年の活動状況などやこれからのことなどが聞けた。隣の家の火事で延焼した災難とその後の保険会社との交渉の話。ビジネスモデルを変えるため社名を変更するという話。業績好調で社員採用を増やし13名の社員を雇用するIT社長の話。どれも興味深い内容だった。

のブログ記事の詳細を読む

伊太祁曽神社act2020という中小企業診断士仲間のオフ会(勉強会)で和歌山県に来た。JR和歌山駅に集合してから貴志川線のたま電車に乗り、伊太祁曽神社(いたきそじんじゃ)に向かった。降りた駅は伊太祈曽駅で片道310円だった。駅から数分歩くと伊太祁曽神社、道はほぼ一本道なので迷わずに到着。伊太祁曽神社では若い神主さんから、お話をうかがった。神社のいわれや神話から地域おこしの話まで幅広い内容だった。貴志川線が10年前に廃線の危機に直面したさいに展開した神社の関係性がおもしろかった。民間活力を結集するポイントとして大きな貢献があったようだ。今や、神社も単に宗教行事だけを行なうのではなく、地域おこしやコミュニティビジネスにも関わっていることがわかった。

のブログ記事の詳細を読む

シェアードバリュー入り口株式会社シェアードバリューは中小企業診断士の入矢和政氏が代表をしているコンサルティング企業である。認定支援機関でもあり経営コンサルティング会社として創業支援にも強く実績も急上昇。さらに特筆的なのはWEBマーケティング能力の高さである。岡山県に本社を置く唯一のGoogleパートナー企業でもあり、様々なネット広告を駆使してクライアント企業の販売促進に貢献している。WEB解析士が9名在籍するなどWEBマーケティングの専門家集団となっている。従業員11名になるまで成長させた経営者としての入矢和政氏の手腕には脱帽である。すばらしい。

のブログ記事の詳細を読む

ハートバードの入り口中小企業診断士仲間の会社に訪問した。倉敷駅前のビル6階の「エールセンター倉敷」内にある株式会社ハートバードである。株式会社ハートバードは介護や地域コミュニティを支援するビジネスを行う企業で、代表者の井上きよみ氏は中小企業診断士である。
かなり昔(平成初期のころ)になるが、井上きよみ氏はパソコン通信のニフティ内会議室で議長だった。その会議室はFLIC(ライセンス資格フォーラム)という会議室で、情報系専門家やIT系診断士が集う上質なコミュニティであり、遠田はこの会議室のおかげで中小企業診断士の資格取得まで学習を続けることができた。だから、井上きよみ氏は現在の遠田の恩人なのである。感謝感謝、本当に感謝である。

のブログ記事の詳細を読む

matuyamaoff2015.jpg毎年5月ころ、年に一度の中小企業診断士ネット仲間同士の勉強会がある。毎年参加しておりいつも大きな刺激をいただくとても楽しみな会である。毎年開催地が変わり持ち回りで感じをしている。昨年は奈良県で開催、今年は愛媛県松山市での開催となった。5月23日(土)昼に松山市駅前の高島屋レストラン街で集合。その後、レスパスシティに移動。レスパスシティでは、3本立ての学びの場があった。そしてその後には道後温泉で宿泊。翌日の午前は近況報告会である。

のブログ記事の詳細を読む

松山市SOHSOH松山市大街道のロープウェイ通りにある「SOHSOH(そうそう)」という居酒屋で、地元の中小企業診断士を囲んだオフ会が昨夜あった。全員がIT系診断士で出版実績がある方ばかり。考えてみればかなりすごいことだ。地元愛媛県の中小企業診断士とは初対面だったがあとのメンバーは気心がしれたact2020という勉強会仲間。ご縁に感謝。なお、act2020の全国オフ会は5月23日開催で、この写真は5月22日夜の前夜祭である。

のブログ記事の詳細を読む

せんとくん中小企業診断士勉強会仲間たちとのオフ会二日目は互いの近況報告などを行なった。昨日の事例発表と今日の近況報告で感じたことは、中小企業を取り巻く環境変化の大きな節目。複数の診断士仲間が「時代の転換点」を感じており、とくに独立系診断士ではほとんどがそのような意識を持っていたようだ。また、成功している中小企業者の特徴として変化対応力の強さや独自性の高さがあり、とくに物語性を持つところは強いと感じた。物語=ナラティブ、奈良ならではの感じ方かもしれない。
さて、日曜の午後、会場の奈良文化会館を後にして、奈良県庁の屋上展望台に登ってみた。

のブログ記事の詳細を読む

image.jpg奈良で中小企業診断士勉強会仲間とのオフ会があった。ニフティのパソコン通信時代にFLIC会議室で知り合った旧知の仲が今でも続いている。2006年は兵庫県淡路島、2007年は東京、2008年は札幌、2009年は岡山県倉敷市、2010年は岐阜県、2011年は石川県金沢市、2012年は福島県、2013年は東京、そして今年は奈良県の予定となっていた。今年も元気に約20人の笑顔を見ることができてうれしい。 会場は奈良県文化会館、近鉄奈良駅から徒歩数分という立地のよさ。いい天候にも恵まれ、歩くと気持ちいい。

のブログ記事の詳細を読む

1995年のFLIC金沢オフ会全員で記念撮影1995年1月28日にFLIC金沢オフ会があった。FLICとは「エフリク」と読んでいたニフティサーブのライセンスフォーラムの略称である。当時はまだインターネットの普及がそれほどでもなく、むしろパソコン通信の全盛期だった。パソコン通信といえば圧倒的にニフティ(nifty)が強く、ニフティには多数のパソコン通信のフォーラム(電子会議室)があった。
FLICは「ライセンス資格フォーラム」というのが正式名称で、様々な資格試験の受験情報があったため、受験生だけでなく有資格者が多数集まる全国屈指で最大かつ良質のコミュニティだった。

のブログ記事の詳細を読む

2013年のact2020診断士オフ会は東京で開催した、来年2014年の開催は奈良県となった2013年のact2020診断士オフ会は東京で開催した。昨日のNFCタグに関するベンチャー企業訪問に続き、今日は参加者全員の意見交換会。
参加者は志が高く、有言実行している強者ばかり。その仲間たちの発表を聞くだけで熱くなれる。5年後の自分、10年後の自分のビジョンをしっかりと持ち、明確な意志を言葉化して完結に笑顔で語ることができる。そんなすばらしい能力を持った仲間たちの存在にあらためて感謝したい。中小企業診断士仲間のこの会のよさは「成長し続ける能力」を持った仲間たちと共感できる場が毎年あることである。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加