THINKSのカテゴリアーカイブ

THINKSの6人SMAP解散の今年、THINKSの6人は解散風もなく無事に10回めの忘年会を実施できた。今年の幹事は遠田で、会場は金沢片町にある「海と土」となった。ここ数年は、各自が今年の活動の経緯や成果などを発表しあい、その取組を評価するのが恒例になっている。今年も各自の発表は熱がこもっていた激しかった。笑いのある和やかな席なのだが、メラメラと負けず嫌いの人たちの真剣な気持ちが現れて、その融合具合がとってもおもしろい化学反応を起こす。今年もっとも活躍した人に贈られるMVPの栄誉は野原氏となった。これで2度めの受賞である。おめでとう。

のブログ記事の詳細を読む

石川県内のコンサルタント仲間毎年12月26日ころに最後の忘年会がある。この会はただの飲み会ではない。けっこう冷や汗モノだったりするのだ。集まった6人が、それぞれ今年1年の自分の活動経緯や成果を発表し、他の5人から容赦なく質問を浴びせられる「評価の場」になっているからだ。「売上が低いのはなぜか」とか、「顧客像が見えてないのでないか」とか、鋭い質問が飛んで来るのである。そのような過程を経て、ここ3年ほどは、もっとも活躍した人を「MVP」と称して讃えるようになった。
2013年のMVPは野原氏、2014年のMVPは北川氏、そして今年のMVPは飯山晄朗氏だ。今年の飯山氏の活躍ぶりは目覚ましいものだった。飯山氏は中小企業診断士であり、ビジネスコーチのプロである。ここ数年はスポーツ組織のメンタルトレーニングに力を入れているが、その成果がすばらしいのである。

のブログ記事の詳細を読む

地元の仲間との懇親会石川県内のコンサルタント仲間との忘年会。12月26日夜に金沢駅西に11月オープンしたばかりの新しいホテルの2階に集まった。参加者は独立コンサルタントか中小企業診断士有資格者なので、経営についてのプロである。この忘年会は、各自の経営状況やこの一年の取り組みの経過を発表し意見交換するという場になっている。今年も皆が大活躍した様子が聞けてとても楽しい会だ。今年もたくさんの気づきを得た。感謝である。
なお、昨年からこの一年の活躍のMVPを決めるようになった。昨年は業績をぐんと伸ばした野原氏がMVPだった。今年は社労士資格に合格した北川氏がMVPとなった。北川氏は中小企業診断士として公的支援機関で活躍しているなかで受験勉強し社労士に合格した。

のブログ記事の詳細を読む

東山みずほでごはん石川県のコンサルタント仲間との恒例の忘年会、今年の会場は「東山みずほ」。おいしく楽しく過ごさせてもらった。東山みずほは、ひがし茶屋街という風情ある立地で雰囲気がいい。そして料理がおいしいだけでなく、金沢らしいおもてなしの接客サービスでお客様を喜ばせるプロである。本当にすばらしい飲食店だと思う。懇親会の締めには、釜で炊きあげるお米は「稲架干しコシヒカリ」「ひとめぼれ」「夢ごこち」の3種をリクエスト、おいしくごはんもいただいた。ごちそうさま。

のブログ記事の詳細を読む

懇親会は学び合う学習の場 石川県内の経営コンサルタント仲間たちとの懇親会があった。それぞれが自分自身のビジネスを展開しており、自立したコンサルタントだったりその道の専門家だったりと高度なスキルを持つ方ばかりである。各自が、この一年取り組んだ内容を発表しあって、そのあと皆で意見交換する。楽しい懇親会であるが、互いに学び合う学習の場でもある。この日も多くの気づきをいただいた、感謝。

のブログ記事の詳細を読む

能登島の酒能登島の民宿にコンサルタント仲間6人で泊り込みの忘年会をした。能登半島なら日本海のお魚がおいしいということで舟盛りの刺身がでるコースになった。ただし、ベジタリアンの遠田は精進料理仕様で別メニューで対応してくれたのがうれしい。(舟盛り5人+ベジタリアン料理1人)
みんな大満足。能登には和倉温泉もあるし、氷見の民宿もあるし、能登島の民宿もある。

のブログ記事の詳細を読む

ふらり外観初めてなのに懐かしい風景だ。山里の小さな宿「ふらり」。白山麓のふもとの山里に3組しか泊まれない古民家の宿だ。外観も内装も古民家だが、きちんとしたしつらいになっている。30歳代の若い夫婦二人できりもりしているが、きめ細かい配慮が行き届いたすばらしい宿だった。

のブログ記事の詳細を読む

Sushikappou_sushitora_tohda寿し寅で忘年会をした。中小企業診断士やITコーディネータやISO審査員など気のあう仲間たちが6名集まった。会場となった寿し寅は北陸のブログランキング常連のすし屋さん。魚を食べない遠田にもベジタリアンメニューで迎えてくれた。かつおだしが効いただし汁がだめならということで生醤油をだしがわりに用意してくれたり、行き届いた配慮に感謝。やさしい寿し寅さんありがとう。

のブログ記事の詳細を読む

プロの予感=恋の予感プロの予感は当たった。

「恋の予感」というカクテルをオーダーすると席の目の前でシェイクしてくれるビストロが片町にある。築120年の古民家を改造したというビストロ紙屋市べゑ(かみやいちべえ)。飲み放題プラン4500円というリーズナブルな料金にもかかわらず本格カクテルを提供。この接客サービスにはプロの予感だ。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加