かな漢字変換のカテゴリアーカイブ

漢字の手書き入力かな漢字変換のIMEはウィンドウズに標準添付されているMS -IMEから、グーグルの日本語入力(かな漢字変換IME)に変更している人も増えている。ふだんとくに問題にしていないが、グーグル日本語入力には漢字の手書き入力がない。1年以上使っていて不便を感じなかったが、人名などで読み方がわからず、手書きでないと入力できないときがあるときどうするか。MS-IMEなら「手書き入力パレット」があるが、このときだけMS-IMEを使うのもしゃくにさわる。そこでWEBサービスで手書き入力を探してみるとあった。

のブログ記事の詳細を読む

Googleimeグーグル日本語入力(GogleIME)の使い勝手がよい。予測変換の精度が高くて入力がすいすいと進む。動作も軽快だ。
ただひとつ難点があるのはワード2000を使った時だけアプリケーションエラーになること。ワードを終了したときには必ず"0x44e27780"の命令が"0x03b31ec4"のメモリを参照しました。メモリが"read"になることはできませんでした。…というメッセージがでる。どうやら原因はグーグルIMEではなく、ワードの「自動文章校正」機能に不具合があるようだ。

のブログ記事の詳細を読む

叱は「口」+「七」 新常用漢字が改正され2010年3月にもスタートする見込みだ。注目する漢字は「叱」。「叱」は「しかる/叱る」で使われており馴染みの深い漢字だ。
よく漢字を見て欲しい。この「叱」の字源は「口」+「七」であり、漢字の右部分(つくり)は「七」であり「匕」ではない。しかし、慣用的にはつくりが「匕」に近い字体が頻用されており、かな漢字変換で「しかる」と変換すると「叱る」となる。
で、新常用漢字では本来の「口」+「七」にすべきだということで、これまでの「叱」ではなくなる。

のブログ記事の詳細を読む

アプリケーションエラー
"0x7c951bf4"の命令が"0x3c7e3550"のメモリを参照しました。メモリが"written"になることはできませんでした。プログラムを終了するには[OK]をクリックしてください。プログラムをデバッグするには[キャンセル]をクリックしてください。...このようなアプリケーションエラーが頻繁に発生した場合どのように対処するか?
ちなみにエラーメッセージは「メモリが"written"になることはできませんでした。」と表示される場合だけでなく「メモリが "read" になることはできませんでした。」と表示される場合もあった。

のブログ記事の詳細を読む

imjp31udicW-ZERO3のかな漢字変換を便利にした。いつも使うパソコンのユーザ辞書をW-ZERO3側にコピーするだけでOK。
以下は遠田の環境の場合の移行手順。(パソコンはレッツノートR3/ウィンドウズxppro)
▼手順(パソコン側)
1.パソコンのimjp81u.dicをminiSDにコピー
2.imjp81u.dicをimjp31u.dicにリネーム
※パソコン側の辞書は「C:\Documents and Settings」→「自分のユーザー名」→「Application Data」→「Microsoft」→「IMJP8_1」→imjp81u.dicにある。
▼手順(W-ZERO3側)
1.W-ZERO3のimjp31u.dicをimjp31u1st.dicにリネーム(まずはバックアップ)
2.miniSDのimjp31u.dicをW-ZERO3本体の「マイデバイス」→「Windows」にコピー
※W-ZERO3側の辞書は「マイデバイス」→「Windows」→imjp31u.dicにある。
遠田の場合、imjp31u.dicの上書きコピーはうまくいかなかったが、imjp31u1st.dicへのリネームはうまくできた。
これで辞書が便利になり、メールのほうも少しは使えるようになりそうだ。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加