マイクロソフトワード(word)のカテゴリアーカイブ

スマートオフィスアイコンiPhoneやiPod touchでエクセルのファイルを見たりちょっと編集をしたりする便利なアプリがあった。スマートオフィス2「smart office 2」である。このアプリが優秀だと思われるのは、読み書きできるファイル形式が「.xlsx」「.docx」などの最新の拡張子に対応しているので、パソコンとデータ共有がラクなのである。
これまでスマフォのアプリでエクセルやワードのデータを見るときはグーグルドキュメントなどのクラウドサービスが多く、ファイルそのものを編集できないので、見るだけの利用が多かった。このスマートオフィス2「smart office 2」だとドロップボックス上で「.xlsx」「.docx」などのファイルを直接読み書きができるので、ちょっとした入力にも使える。保存すればあとでそのままパソコンのエクセルで開くこともできる。

のブログ記事の詳細を読む

Office2010にはoffice2013の無償ダウンロードの権利がついているマイクロソフトの新オフィス(Office2013)がまもなく2月7日に発売される。パソコンからタブレットへと主要な端末がシフトしている中なので、事実上最後のオフィス製品になるかもしれない。パソコンを使い続けるなら購入しておいてもよいソフトである。
ただし、今買うなら、Office2013ではなくOffice2010がよい。なぜならOffice2010にはOffice2013の無償ダウンロードの権利がついていて、販売価格が同じだからである。(ネット通販ではむしろOffice2010のほうが安い!)

のブログ記事の詳細を読む

Word2003_teisiワードプロセッサーソフトとしてマイクロソフトワードを使用している人は多い。ワードは1989年に発表されたワープロソフトで、20年以上の歴史があり、実に幅広くいろんなシーンで使われている。現在でも使われているワードのバージョンは2000から最新の2013(2/7発売予定)まで10年以上と人気が高い。
このワードが不安定になっている。「動作を停止しました」というエラーメッセージが頻繁にでるようになったという報告を聞くことが増えた。この原因にはいろんなことが考えられるが「Normal.dot」ファイルをリネームしたり削除したりすると、エラーが治まる率が高い。

のブログ記事の詳細を読む

.docx メールに添付された最新ワード文章は「.docx」となっており、古いワードしか入っていないパソコンではワードのファイルが開かない。ワード2003以前だと、ワードのファイルの拡張子は「.doc」で、「.docx」は読み書きができない。この現象はエクセルでも同様で、「.xls」しか読み書きできない古いエクセルでは、最新のエクセルで作成された「.xlsx」のファイルは開けない。対策としては無料でダウンロードできるマイクロソフトの「オフィス互換パック」を使う方法が無難であるが、うまくいかない場合は、グーグルドキュメントを使うのも便利な方法だ。

のブログ記事の詳細を読む

.doc→.docx マイクロソフトのオフィス製品は2003以前のものでもけっこう現役で使っている方が多い。十分につかえるのだが、困ったことに、最新のオフィス製品についているワードで作成されたファイルが開けない。この理由は、拡張子が違うということである。ワード2003以前のデータファイルの拡張子は「.doc」だが、オフィス2007以降からワードの拡張子は「.docx」に変更されている。オフィス2003以前の古いワードで、オフィス2007以降の新しいワードで作成されたファイルを開くためには無料の「オフィス互換パック」を使うのがよい

のブログ記事の詳細を読む

Googleimeグーグル日本語入力(GogleIME)の使い勝手がよい。予測変換の精度が高くて入力がすいすいと進む。動作も軽快だ。
ただひとつ難点があるのはワード2000を使った時だけアプリケーションエラーになること。ワードを終了したときには必ず"0x44e27780"の命令が"0x03b31ec4"のメモリを参照しました。メモリが"read"になることはできませんでした。…というメッセージがでる。どうやら原因はグーグルIMEではなく、ワードの「自動文章校正」機能に不具合があるようだ。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加