商工会議所

商工会議所のカテゴリアーカイブ

itkeieiouentaihakusancity200.jpg石川県白山市にある白山商工会議所は「IT経営応援隊」という制度を今年度実施している。この制度は域内の中小企業者に無料で専門家を派遣する経営支援で、支援テーマがIT系になっているのが特徴である。今年度から石川県の企業ドックという専門家派遣制度ではIT支援が使いにくくなった。そこで、あえてIT支援に絞って実施しようということである。

のブログ記事の詳細を読む

氷見商工会議所でSNS活用セミナー氷見商工会議所にてセミナー講師をさせていただいた。「小さな会社のIT活用」というテーマで、ホームページやSNSを使ったマーケティング戦略やその展開の事例などを紹介した。
氷見商工会議所では初めての講演だったが多数の方が参加してくれた。実は氷見には縁がある。もう20年近くも前になるが、氷見市にフォーワンコンサルティングというコンサルタント会社があり、毎月経営品質の勉強会を開催されていたので、遠田は定期的に参加していたからだ。約2年近く通っただろうか。そのころは中小企業診断士の資格を取得したものの独立する前で、もんもんとしていた30歳代のころだった。ずいぶんと氷見ではお世話になった。ある意味、これで少しは恩返しができたのかもしれない。

のブログ記事の詳細を読む

jizokukahojyokinh28hoseikaisi.jpg今年も小規模事業者持続化補助金の公募が開始された。ひょっとしたら前年度が最後かと思われていたので今回こそ最後のチャンスかもしれない。
小規模事業者持続化補助金は小規模事業者の販路開拓を支援することが目的の補助金である。国内の小規模事業者が対象で、補助上限は50万円(補助対象事業の2/3で1/3以上は自己負担額あり)となっている。今回は、賃上げ、雇用対策、海外展開、買物弱者対策などの対策については補助金が倍額の100万円に増額されている。公募は2016年11月4日から始まっており、〆切は2017年1月27日(金)となっている。

のブログ記事の詳細を読む

fukuishokookairengoukaiseminar.jpg福井県商工会連合会のビルは6階建てで、福井市の中心部のいい場所にあった。県庁や裁判所のすぐ近くの大通り沿いで、繁華街も近い。福井駅からもじゅうぶんに徒歩圏内である。行政サービスも商業集積もこの一帯に集中しており、福井県内では一番よいエリアだろう。
この福井県商工会連合会ビルの3階はとても広いホールになっており、さまざまな研修などのイベントにも使うことができる。今回は、商工会指導員さんたちの研修の場として活用していた。

のブログ記事の詳細を読む

notochoshokokaiitseminar.jpg能登町商工会にて「小さな会社のネット活用セミナー」の講師を担当させてもらった。当初は建物1階の部屋だと聞いていたが2階に変更になっていた。なんてもセミナー参加希望者が当初の予想を超えて1階の部屋に入り切らなくなってしまったらしい。2階は大きな大ホールで、約20名だと少し広すぎたかもしれないが、多数の方々が足を運んでくれたことに感謝したい。

のブログ記事の詳細を読む

金沢商工会議所の会議室金沢商工会議所の建物は2014年4月に建て替えて都会的になっている。何度も金沢商工会議所には訪問しているが、これまでは2階より上の階に上がったことがなかった。今日、初めて金沢商工会議所の建物2階にある貸し会議室のフロアに足を踏み入れてみた。近代的な会議室フロアになっていてびっくりした。ひとつひとつの会議室も広く快適な空間になっている。
2階には、大会議室と研修室が3つで、あまり細かい部屋割りにせず比較的ゆったりとした大きな空間になっているようだ。3つの研修室では一番大きな研修室1に入ってみたがとても広く感じた。また、金沢商工会議所の貸し会議室の特徴として、事前の机配置をしてくれて会議終了後も原状復帰せずそのまま帰っていいというのも便利で親切なサービスだ。金沢商工会議所の貸し会議室は女性の利用ニーズが高いということを聞いたことがあるがそのような理由からだろう。

のブログ記事の詳細を読む

小規模事業者持続化補助金採択結果平成28年実施の小規模事業者持続化補助金の採択結果が7月15日に発表になった。 商工会議所エリアは日本商工会議所の持続化補助金専用WEBサイトで、商工会エリアは全国商工会連合会のWEBサイトで別々に発表されている。両方のサイトから採択起業を拾い出してみた。石川県内では商工会議所エリアで76事業者、商工会エリアで114事業者が採択された。合計すると190事業者である。今年の持続化補助金は二次募集の予定がないためこれで終了となる。

のブログ記事の詳細を読む

持続化補助金2016持続化補助金は小規模事業者が販路拡大のための対策を行なうための費用の一部を助成してくれる補助金である。これで3年連続の実施となる。過去二年間は申し込み申請が非常に多く「使い勝手がよい補助金」と利用者の評判が高かった。
小規模事業者が販路拡大のために行なう事業の費用には以下のようなものがある。店舗前の大きな導入看板の設置費用、チラシ・パンフレット・DMなどの印刷物作成や発送費用、展示会や見本市などへの出展費用、外国人向けインバウンドツアーなど新規顧客からの受注増加を目指した外国語ホームページの作成など、かなり広範囲である。

のブログ記事の詳細を読む

小規模事業者持続化補助金採択結果平成27年実施の小規模事業者持続化補助金の三次募集の採択結果が9月11日に発表になった。商工会議所エリアは日本商工会議所の持続化補助金専用WEBサイトで、商工会エリアは全国商工会連合会のWEBサイトで別々に発表されている。石川県内では商工会議所エリアで54事業者、商工会エリアで101事業者が採択された。合計すると155事業者である。一次採択数が120、二次採択が249だった。三次採択数が一次採択数より多いというのもこの事業が人気になっている現れだろう。

のブログ記事の詳細を読む

金沢商工会議所外観金沢商工会議所の建物は「金沢商工会議所会館」。建て直し工事を行い2014年3月に竣工し、4月より新しい建物で営業開始した。これで約1年ほど経過している。建物の玄関には堂々と「金沢商工会議所会館」と書いてある。特徴は、純粋に金沢商工会議所としての機能がぎゅっと詰まっているということだ。3階建の建物内の1階が金沢商工会議所、2階は開始会議室やホール、3階は関係団体のテナントとなっている。他県の県庁所在地にある商工会議所は多数のテナントを入れ大きなビルになっている例をよく見かける。
しかし、金沢商工会議所はテナント入居を最低限にとどめ、コンパクトにしている点が好感を持てる。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加