フェアトレードのカテゴリアーカイブ

のっぽくんコミュニティトレードアル入口フェアトレードとは問題解決型の公正な貿易取引のこと。とくに、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動という意味が強い。国際貿易では先進国と途上国では公平な取引ができていないのが現実である。品目としては、コーヒー、バナナ、カカオなどの食品や、手工芸品・衣服が多い。立場の弱い途上国の生産者・労働者に対して、より良い取引状況を提供し、彼らの権利を強化することで持続可能な開発が実現できるよう支援しようというのがフェアトレードの考え方である。そのようなことを20年前から訴求し続けた女性が小浦むつみ氏(旧姓は葛葉:くずは)。今は野々市でコミュニティトレード・アルという店舗を構え活動をより一層強化していた。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加