小売店ショッピングセンターのカテゴリアーカイブ

blackfridaysale.jpgBLACK FRIDAY(ブラックフライディ)とは、アメリカで感謝祭明けの金曜日から始まるセールのことで、クリスマス商戦の始まりを示す商業的な意味を持つ。BLACK FRIDAY(ブラックフライディ)のBLACKは「黒字」を示しており、アメリカでは小売店すべてが黒字になるくらい繁盛することから名づけられたようである。雇用面で問題のあるブラック企業のBLACKと、ブラックフライデーのBLACKは全く違う意図だ。
政府は、日本版BLACK FRIDAYを提唱している。イギリス、中国、韓国、台湾など世界ではブラックフライデー商戦を打ち立てているため、国内の消費喚起を刺激したいということだろう。

のブログ記事の詳細を読む

高松ショッピングプラザ アイ高松ショッピングプラザアイは2015年4月に閉店した。久しぶりに店の前を通ってみると店舗の建物はそのまま残っていたが、廃墟となっており、ヒトケは全く無くなっていた。かほく市の商業環境は2008年に「イオンかおくSC」がオープンしてから激変し、周辺の小規模な商業施設は閉店が相次いでいた。アイは、イオンかほくSCオープン後も、館内の核店舗の退出なので歯抜け状態になりながらも残った店舗が営業を続けていたが、ついに継続が困難になったようだ。これで閉店して約半年になろうとしているが、グーグルマップではまだ表示されている。

のブログ記事の詳細を読む

コストコ野々市コストコ野々市店がオープンして10日ほど経過した。北陸初のコストコ出店ということで話題になっていたがようやく落ち着いてきたようだ。コストコは、普通のショッピングセンターと大きく異る特徴がある。それは入場が会員のみで会員は年会費を払う必要があるということである。つまり入場が有料なのである。コストコの公開されている財務諸表を見ると企業としての収益はほぼ会費収入の分である。つまり、大量発注で安く仕入れた商品原価に通常の販売管理費をのせた価格だけで販売するという安売りのしくみである。商品点数も少なく絞り込んでいるし、商品そのもの箱売りなど大きくて量が多いものがメインになっている。これまでの商習慣とは違う購買スタイルなので新たな地域に根づくかどうかが注目される。

のブログ記事の詳細を読む

三井アウトレットパーク小矢部富山県小矢部市に7月オープンした三井アウトレットパーク小矢部に行ってみた。アウトレットパーク小矢部は先月オープンしたばかり。本日は平日だが8月末で夏休み最後の日ということもあり、午前中のうちからお子様連れや家族連れの姿も目立った。昼前にはかなりの来店客で平日でも人の入りはまあまあよさそうだ。駐車場を見ると金沢ナンバーが多く富山県よりむしろ石川県からの来店が目立つ。
店の作りは大きな1つの建物内に閉じられた大空間になっている。先週行った倉敷のアウトレットパークは分棟方式で公園と一体化した開放的空間だったのに比較すると地域性がうかがえる。晴れの国「岡山」に比べると降水量が多く冬は雪の心配がある北陸では開放的な空間よりもこのようにひとつの建物内で完結するほうがいいだろう。

のブログ記事の詳細を読む

倉敷駅北口は巨大な商業空間だった倉敷駅北口方面は巨大な商業空間だった。倉敷駅は新幹線も停まるJRの駅だが改札がひとつだけでとてもわかりやすい。南口に出るとこれまでメインだったいわゆる表玄関。一方、北口に出ると新しく開発された巨大な商業空間につながっている。北口方面の商業施設は、まずアリオという商業施設があり、アリオの中を通って向こう側に抜けると三井アウトレットパーク倉敷がある。自然豊かな公園とも一体化した巨大な空間はとても居心地がよい。

のブログ記事の詳細を読む

JR岡山駅JR岡山駅前には巨大なイオンモールがある。イオンが西日本の旗艦店として昨年末にグランドオープンした。地上7階すべてが商業施設で、25万平米の延べ床面積に350以上の専門店が入居している。
遠田の住んでいるかほく市にあるイオンモールかほくは延べ床面積が7.5万平米(商業施設面積6.7万平米)なので、イオンモール岡山は4倍の面積ということになる。比較するのが恐縮なくらいだが、岡山市は政令指定市だし、新幹線が停車する岡山駅前という一等地にこのような巨大な商業施設ができてしまうことにも驚きを感じる。

のブログ記事の詳細を読む

イオンかほくリニューアルオープンイオンかほくは本日(4/24)リニューアルオープンした。全体の約3分の2に相当する86店が改装で、2008年の開業以来、初の大規模改装だ。このリニューアルで北陸初出店が11店、石川県初出店が6店と、新店も大幅に増える。ファッションや雑貨かばんなどの石川県初出店組が目立つ。また2階フードコート(飲食)では長崎ちゃんぽんの「リンガーハット」が石川県で初出店。リンガーハットは地元ハチバンとの資本提携が昨年発表されているので、いよいよ北陸での展開が具体的になった。

のブログ記事の詳細を読む

どんたくでは楽天チェックを開始石川県内のスーパーマーケット「どんたく」は楽天チェックを開始をした。スマートフォンでチェックインすれば楽天スーパーポイントがもらえるサービスで7月からスタートしたサービスである。買い物をしなくてもとにかく来店すればチェックインできるので消費者にとってもお得なサービス。スーパーマーケットの販促の基本は折込チラシだが、年々集客効果が薄れている。また価格訴求すればするほど、安売り競争に拍車がかかる。コストの安い集客ツールとしては、このようなチェックインサービスは有効ではないだろうか。
スマートフォンで楽天チェックというアプリを入れれば、チェックインができ、ポイントをもらって貯めることができる。たまったポイントはネット通販などで利用可能。

のブログ記事の詳細を読む

hakomachiかなざわはこまち「KANAZAWAhakomachi」はGW直前の4月26日に開業した新たな商業施設である。場所は武蔵交差点角。近江町市場に隣接し、百貨店エムザが筋向かいというの一等地である。ここは元々ダイエーがあった場所で、金沢市の中心商業地域のエリアでありながら長らく空き地になっていた。金沢の商業地域の玄関口ともいえる場所に新たな商業施設ができたことは好ましいことである。
地下1階、地上10階の建物名称は「ル・キューブ金沢」。1~3階の商業フロアを「かなざわはこまち」と呼ぶ。5階から10階まではマンションになっている。

のブログ記事の詳細を読む

消費税率8%前夜のSC消費税率8%前夜のSC(ショッピングセンター)やコンビニなどの小売店は最後の駆け込み消費で普段の月曜日とは思えないくらい混雑していた。イオンかほく、コンビニ、家具店、ホームセンター、ドラッグストア、衣料品店、その他の小売店を回り、店内の価格表示をチェックしてみた。明日から消費税率8%になるが今日はまだ税率5%。価格表示のポップやレジがどうなっているか気になっていた。おりしも本日は月曜日。飲食店や小売店では本日や明日の火曜日が定休日ということろもあるだろう。そのような店舗はポップやレジのシステムでの税率変更は定休日返上で作業することもできる。しかし、年中無休で営業している小売店ではどうか。ほとんどの店で店内の消費税率表示が5%と8%が混在していた。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加