ギターのカテゴリアーカイブ

14601083_1380503271979609_1026600299291333690_n.jpg金沢市片町スクランブル交差点から海側に進むと中央通り左手に法船寺という寺がある。この法船寺では毎年秋の日の一日がフォークソング生演奏の日になる。主催はいわし組という居酒屋。お寺の住職やいわし組店主のフォークソング好き仲間たちが集まるイベントで今年が9回目。10月9日(日)、初めて参加したが違和感なく楽しめた。演奏者も参加者も年齢層が昭和フォークソングをよく知っている40~60歳あたりが多いようだ。いわし組さんが料理をふんだんに用意してくれて、飲んで食べて聴いて歌ってととても楽しく過ごせた一日だった。

のブログ記事の詳細を読む

斎藤誠完全弾き語り斎藤誠のライブに行ってきた。会場は金沢市柿木畠のもっきりや。ギター1本だけの完全弾き語りライブということで、ギター好きの遠田としては興味津々だった。斎藤誠といえば、サザンオールスターズの桑田佳祐など大物ミュージシャンたちとも親交が厚く、ギターの名手としての有名なミュージシャンである。とくに生ギターはマーチンのギターを使い、アコギならではの音色や心地よい演奏手法やメジャーセブンスを多用したコード進行パターンが気に入っている。今日は、スチール弦のマーチンをメインにしていたが、ナイロン弦のマーチンもあり、2本のギターを使い分けていた。スチール弦のマーチンではプラグを刺さずに生音をマイクで拾うスタイルの「アンプラグド」方式。アコースティックギターのよい音色がとても気持ち良い響きだった。

のブログ記事の詳細を読む

Folk酒bar ばんけん 弾き語りフォーク酒場の「ばんけん」はギターとステージが用意された居酒屋である。昨年までこの場所では「ぷかぷか」という店の名で営業していたが、今年から経営者が変わり店名も「ばんけん」になった。しかし、音楽好きな人たちの憩いの場で、飲んで食べて弾いて歌って楽しめるのは同じ。グループで来ても楽しいけれどひとりでふらっと来ても楽しめる。初めてギターを弾かしてもらっても暖かく迎えてくれる雰囲気がある。ギター好きオヤジにはぜひとも来てもらいたい店である。

のブログ記事の詳細を読む

つい金沢ギター部の部活つい金沢ギター部の部活は2月17日に2回目が行われた。参加者は8人で今回は10代から50代まで幅広い年齢層が集まった。それぞれ好きな音楽は違うけれどギター好き音楽好きなところは同じ。飲んで歌って楽しんだ。会場は片町のフォーク酒場ぷかぷか、マスターの丸山さん楽しかった、ありがとう♪

のブログ記事の詳細を読む

ギター部の部活の様子01つい金沢は部活というグループ活動が盛んになっている。今日はギター部の初めての部活を片町フォーク酒場ぷかぷかで行った。集まった7名は初対面の方も多かったがツイッター仲間なので「初めて会っても旧知の仲」、すぐに打ち解けて楽しく音楽をした。
マイギターやフルートやマイピックを持参して参加したつい金沢ギター部部員のみなさん、ありがとう、楽しかった。

のブログ記事の詳細を読む

Tsubasaつばささんは金沢出身で生ギター弾き語りの女性シンガーソングライター。天使のような美しい声とゆったりしたギターの爪弾きですごく癒される音場を醸し出してくれる。つばささん(@tsubasa_music)は、7/1(木)金沢市文化ホールにてDVD収録コンサートを行うが、それに先駆けたミニライブがある。
6/4(金)石田屋犀川店の2階ギャラリーにて60名限定。肉声が届く距離でのミニライブはすごく楽しみだ。

詳細はふとんの石田屋さんホームページ http://bit.ly/aQclX0 にて。

のブログ記事の詳細を読む

好きなフォークソングをギターを弾きながら熱唱弾き語りフォーク酒場「ぷかぷか」はギターとステージが用意された居酒屋である。音楽好きな人たちの憩いの場、飲んで食べて弾いて歌って楽しめる。グループで来ても楽しいけれどひとりでふらっと来ても楽しめる。店内は意外にもそれほど混んでいないし、初めてギターを弾かしてもらっても暖かく迎えてくれる雰囲気がある。ギター好きオヤジにはぜひとも来てもらいたい店である。

のブログ記事の詳細を読む

Shimazaki_tennai長年楽器店に勤めていた知人の島崎さんが楽器店を新規開業した。北陸最大マーチンショップ「Pon-Polo-Pooh」だ。店名の由来は、打楽器の「ポン♪」アコギ&ウクレレの「ポロン♪」ハーモニカの「プー♪」で「ポンポロプー」だということ。さすがにたくさんのギターが並んでいて、とくにマーチンはいいものがたくさん展示されていた。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加