アリナミンとキューピーコーワゴールドはどっちがよいか?アリナミンAとQPコーワゴールドAの成分比較をすると...

アリナミンとキューピーコーワゴールドビタミン剤は夏バテと戦うビジネスマンにとって欠かせないアイテム。液体タイプのビタミン剤よりも錠剤タイプの方が携帯性やコストパフォーマンスに優れている。ところで錠剤タイプのビタミン剤はどれがよいだろうか?
錠剤タイプのビタミン剤は武田薬品工業のアリナミン興和のキューピーコーワゴールドの2ブランドが横綱格。180錠入りの価格比較ではアリナミンAが4,253円(税込み)、キューピーコーワゴールドAが3,675円(税込み)。実売価格ではキューピーコーワゴールドAがアリナミンAの半額程度。さてどっちを買うのがよいか?

アリナミンAとキューピーコーワゴールドAの成分の違い

アリナミンAとキューピーコーワゴールドAの錠剤まずは成分比較をしてみた。メーカーのサイトで成分を見るとアリナミンAは3錠あたりの成分を表示しているが、キューピーコーワゴールドは2錠あたりの成分を表示している。このままでは比較しにくいので、それぞれ1錠あたりの成分を計算し比較表を作ってみた。

アリナミンAキューピーコーワゴールドAの1錠あたり成分比較

成分キューピーコーワゴールドAアリナミンA
フルスルチアミン(ビタミンB1誘導体)として(塩酸フルスルチアミン) 36mg
硝酸チアミン 3mg
ビタミンB2(リボフラビン) 1mg 4mg
ビタミンB6(塩酸ピリドキシン) 3mg 6mg
ビタミンB12(シアノコバラミン) 20μg
パントテン酸カルシウム 5mg
コハク酸トコフェロールカルシウム 6mg
L-アスコルビン酸ナトリウム 37mg
ニコチン酸アミド 8mg
ビタミンA油 0.6mg

※この比較表はメーカーの成分データをもとに遠田が1錠あたりを計算したものです。キューピーコーワゴールドは「」より、アリナミンは武田薬品工業よりデータを参考に抽出しました。正確を期すために詳細データを知りたい方はそれぞれのメーカーの最新データから成分表を確認ください。

アリナミンAのほうがキューピーコーワゴールドAより主要のビタミン有効成分が多い

数値で見る限り、主要のビタミン有効成分(ビタミンB2、B6、B12)はアリナミンAのほうが多くキューピーコーワゴールドAの倍以上ある。問題は、この量の多さが体内に吸収できるかどうかだろう。人はビタミンを一日に吸収できる量の上限があり、それ以上過剰に飲んでも体外に流れ出してしまうからだ。
そこに効果を発揮するのがアリナミンAに含有されているフルスルチアミン(ビタミンB誘導体)。フルスルチアミンがビタミンを効率よく体内に取り込む役目を果たす。このおかげでビタミンの含有量が多くともその有効成分を吸収できるという。その意味で、1錠あたりのビタミンパワーはアリナミンAのほうがキューピーコーワゴールドAより上回っているといえるだろう。ひどい疲れのときなどはかなり有効かもしれない。

賢い消費者としての選択はアリナミンAかキューピーコーワゴールドAか?

ただし、ほぼ日常的に飲む場合は一日の摂取量がどれほど必要かという点も考える必要がある。同じ180錠入りなら実売価格ではキューピーコーワゴールドAがアリナミンAの半額程度なので、一錠あたりの単価も約半額ということになる。一日4錠以上は飲んでも過剰なビタミンは体内に流れ出るため、効果を考えるなら一日2~3錠以内で十分ということになる。この量で効果を実感できるならコストの安いほうで十分という現実的な選択もある。

結局は、それぞれの体質や疲れの感じ方や飲み方によって選択することになるだろう。

アリナミンA 3錠(成人の1日最大服用量)中 (2008年7月26日)

成   分含 量
フルスルチアミン(ビタミンB誘導体)として
(塩酸フルスルチアミン
100mg
109.16mg)
ビタミンB(塩酸ピリドキシン) 20mg
ビタミンB12(シアノコバラミン) 60μg
ビタミンB(リボフラビン) 12mg
パントテン酸カルシウム 15mg
添加物: 乳酸Ca、部分アルファー化デンプン、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、セルロース、乳糖、ヒドロキシプロピルセルロース、ステアリン酸Mg、トウモロコシデンプン、エリスリトール、酸化チタン、アラビアゴム、炭酸Ca、タルク、白糖

キューピーコーワゴールドA 2錠あたり成分(2錠中) (2008年7月26日)

成分名分量働き
塩酸アルギニン 50.0mg アミノ酸の一種で、体に元気がない時、エネルギー源の合成・貯蔵を促進します。
ガンマ-オリザノール 10.0mg ビタミン様物質といわれ、体調が悪い時や疲れている時にすぐれた効きめがあらわれます。
オキソアミヂン末 50.0mg ニンニクから抽出された成分で、ニンニク特有のニオイがほとんどなく、体の調子が悪い時、すぐれた滋養強壮効果をあらわします。
硝酸チアミン(V.B1 ) 10.0mg 疲れた体に必要な7種のビタミンが補給され、栄養物のエネルギー化を促します。
リボフラビン(V.B2) 4.0mg
塩酸ピリドキシン(V.B6) 10.0mg
コハク酸トコフェロールカルシウム(V.E) 20.7mg
ビタミンA油(V.A) 2.0mg (2000ビタミンA単位)
L-アスコルビン酸ナトリウム(V.C) 112.6mg
ニコチン酸アミド 25.0mg
無水カフェイン 50.0mg

[添加物]
セルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、トウモロコシデンプン、ステアリン酸Mg、ケイ酸Ca、硬化油、タルク、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、炭酸Ca、アラビアゴム、ゼラチン、白糖、酸化チタン、ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール、リン酸水素Na、カルナウバロウ、黄色五号

ビタミン剤とサプリメントの違い

アリナミンAやキューピーコーワゴールドはビタミン剤である。ビタミン剤は医薬品である。医薬品には大きく二種類あり、医師の診断が必要な処方箋医薬品と、薬局やコンビニなどで自由に購入できるOTC薬、がある。薬事法(※)に基づき厚生労働書の厳しい検査に合格しており、必ず成分の含有量や一回の分量などが示されているのが特徴である。

一方、サブリメントは栄養補助食品や健康補助食品であり、食品の一種である。食品から抽出した天然成分のものもあれば、化学的に合成されているものもある。また含まれる栄養素の数によって「単一型」「複合型」「総合型」などと分類されます。業界団体(財団法人 日本健康・栄養食品協会) ではこれらのサプリメントに製品規格や表示広告基準など、いくつかの規格基準を設けており、この審査をクリアした製品に「JHFA」というマークがつけられている。

つまり、ビタミン剤は医薬品で、サプリメントは食品である。そして、医薬品と食品は明確に区別されている。

昭和46年6月1日付け厚生省薬務局長通知「無承認無許可医薬品の指導取締りについて」の中で、人が経口的に服用する物について「医薬品の範囲に関する基準」が定められており、製品が医薬品に該当するかどうか判断される。医薬品と判定するための要素を大きく分けると以下の4つとなっている。
1.成分本質(原材料):制定された医薬品リストに含まれた成分は健康食品に使用できない...など
2.効能効果:食品は医薬品と誤認されるような効果効能を表示できない...など
3.形状:アンプルなどは形状で医薬品として判断できるが錠剤などは食品と書かれていれば医薬品として判断できない...など
4.用法用量:医薬品は服用時期や用量が明確に決められているが、食品は明示することで医薬品の効果を期待させる可能性があるので明示してはいけない...など 
この4つについては「医薬品と食品との区別について」の記事がわかりやすいので一部引用した。

平成26年11月25日から、薬事法は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(略称:医薬品医療機器等法)」に名称が変わっている。

このようにビタミン剤とサプリメントは似ているようだが違うものなのである。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2008/07/qparinamin.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2008/07/qparinamin.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2008/07/qparinamin.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。