自分が住んでいる町の海抜地図をgooglemapで見る方法

陸地の海抜を調べる地図サービス「金沢市県庁付近」東北関東大震災(東日本大震災)とその余震などで大津波の被害が甚大になっている。津波の被害は海に面しているところだけでなく、海から十数キロ陸地のところもあった。地形など条件も影響しているが、その場所の海抜(海面からの高さ)の影響も大きい。避難するさいは「近くの高台へ」というが、その高台の海抜は何メートルあるのか?また自宅の海抜は何メートルなのか?事前に調べておくと避難場所を確認できるかもしれない。
陸地の海抜を調べる地図サービスを発見したので紹介する。

この海抜を調べる地図サービスは「http://flood.firetree.net/」である。英語版でグリニッジを中心に表示されているが、googlemapと連動しており、緯度経度などの情報を入れると日本国内の地図でも調べることができる。

日本国内で、ためしに石川県の県庁周辺の金沢市内海抜地図を調べてみた。(上記の画像はこのURLのもの)
この表示のまま、見たい地域や自分が住んでいる地域などに移動するだけで、日本中の海抜7メートルの地図を見ることができる。海の色は濃いブルーで、陸地でも海抜7メール以内だと水色になるのでわかりやすい。

▼東京付近の海抜7メートルの地図
東京付近の海抜7メートルの地図

▼名古屋付近の海抜7メートルの地図
名古屋付近の海抜7メートルの地図

▼大阪神戸付近の海抜7メートルの地図
大阪神戸付近の海抜7メートルの地図

URLの表示を工夫すれば、直接見たい場所へ移動することもできる。
http://flood.firetree.net/?ll=36.59513,136.62658&z=3&m=7
地図サービスのURL    (↑その地区の緯度経度)

海抜を調べる地図のURL解説
http://flood.firetree.net/?ll=
35.7145,139.8034 その地区の緯度経度(グーグルマップで別途に調べる)
&z=3 地図のサイズ(数字が小さいほど詳細地図)
&m=7 海抜の高さ(単位はメートル)

Googlemap緯度経度マーカーを配置グーグルマップでその地点の緯度経度を調べる方法は、調べたい地図内の場所をカーソルの先端にあわせ、右クリックすると、左図のような説明画面が現れる。この一番下に「緯度経度マーカーを配置」をクリックすると、その地点の緯度と経度の数値が表示される。

この地図サービスでは海抜の高さを変えて見ることができる。あらためて見ると、海抜数メートル程度のところに人口が密集していることがわかる。

ちなみに「海抜ゼロメートル地帯」とは、海岸付近で地表標高(海抜)が満潮時の平均海水面よりも低い土地のこと。東京都23区の湾岸部や東部には海抜ゼロメートル地帯が広がっている。江東区、江戸川区、墨田区、葛飾区などにわたって広がるこの地域には150万人もの人々が暮らしている。更に東に隣接した千葉県の浦安市や市川市行徳、船橋市にも同様の地域がある。(海抜ゼロメートル地帯についてはwikipedia.orgの情報を参考にしました)

【2018年9月5日追記】
日本語でわかりやすい地理院のWEB地図で海抜を調べることが可能である。
ishikawakenchokaibatsumap.jpg
上記地図をクリックすると該当記事に移動します。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/03/googlemap-4c14.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/03/googlemap-4c14.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/03/googlemap-4c14.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。