マインドマップの書き方をマスターしてマインドマップを使いこなそう(マインドマップ作成とサンプル紹介)

マインドマップとは真ん中から放射線状に文字を書くアイデアツールマインドマップとは真ん中から放射線状に文字を書くアイデアツール。ある対象について、関連するキーワードや想起されるイメージを放射状につなげながら描いていくことで分析/表現を行う。キーワードやイメージをつなげていく表現方法は人間の脳が物事を記憶/分析する方法に近いため直感的に理解しやすい。マインドマップは手書きで書くのもOKだし、PCやipadにもマインドマップを書くソフトが増えているのでさまざまな活用法が増えていくだろう。いくつかのマインドマップサンプルを紹介する。

目標設定をマインドマップで書いてみる1マインドマップのサンプル1
目標設定をマインドマップで書いてみる。
この目標設定マインドマップは、会社やビジネスでの目標設定ではなく、個人の人生目標の設定についてのテンプレートになっている。家庭、健康、教養、精神、社会、仕事、家計という7つの視点を用意しておいた。

SWOT分析をマインドマップで書いてみるマインドマップのサンプル2
SWOT分析をマインドマップで書いてみる。SWOT分析を分析は、S:強み、W:弱み、O:機会、T:脅威、という4つの象限にわけて自社や事業の分析を行なうものである。この4つの象限に書くのはどのような要素から生まれるのかを予め出しておくとアイデアを出しやすくなる。

自己紹介をマインドマップで書いてみるマインドマップのサンプル3
自己紹介をマインドマップで書いてみる。
ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアでは、自己紹介が重要になる。メディアごとに書き方が違うし、自由に書ける書式だと抜け漏れが発生しやすい。そこで、あらかじめマインドマップで自己紹介をまとめておくとよい。マインドマップの書き方として一番初めに試してみるのに適している。

4/8の北陸三国志最終決戦で使用したマインドマップミニセミナの資料をダウンロードできます。
マインドマップミニセミナの資料をダウンロード
マインドマップミニセミナの資料「mmapwork.pdf」をダウンロード

※資料を閲覧するさいにはPWが必要です。関係者にはPWをメールでお伝えいたします。

遠田が使っているのはマインドマネージャのウィンドウズ版。製品版は42000円だが、無料試用(3週間)できるのでその間に製品版を使うかどうかを決めてもよい。アカデミック版は半額程度。また、無料のマインドマネージャビュアーを使えばマインドマップ形式(***.mmap)のデータをそのまま閲覧することができる。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/04/mindmap-sakusei.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2011/04/mindmap-sakusei.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2011/04/mindmap-sakusei.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。