スマホのSMS料金改定は実質的な値上げ?これまで1通@3円だった送信料金が長文送信可能になったことで最大一通@30円と10倍になる可能性がある

SMS料金表docomoからSMS料金改定の案内があった。SMSとは携帯やスマホで送受信できる「ショートメッセージサービス」のことで、電話番号だけでやりとりできるメールサービスである。相手のメールアドレスがわからなくても携帯電話番号さえわかれば送ることができるメールなので便利。しかし、大きな落とし穴がある。SMSは無料ではなく有料であるということだ。しかもSMSが有料であることを知らない人も意外に多い。これまでの料金設定でSMSは送信側が1通あたり3円かかった。毎日10通SMSで送信すると月間300通となり、900円の通信料が請求されていることとなる。
このSMSの料金改定の案内があり、送信上限文字数の大幅な緩和があったが、同時にその分は値上げとなる。1通最大670文字まで送信できるようになるが、上限文字数で送信した際の通信料は1通@30円となる。上記の例(一ヶ月300通)で最大文字数を送信した場合は、単純計算で9000円となる。

なお、これまで通りの文字数(全角70文字以内)であれば、SMSの通信料は同じ1通@3円である。

この料金シミュレーションは、あくまで文字数上限(全角670文字)までの長文SMSをしたというシミュレーションなのでご注意いただきたい。また、契約しているプランによってはSMS追加料金が発生しない場合もある。
ここでいいたいのは、文字数緩和されたことで、ついつい長文メールになってしまったりすると、意図せず通信料金が上がってしまうという懸念があるということである。その点を注意しておきたい。

価格改定されたSMS料金表は以下のとおり。

SMS送信の料金(docomo)

NTTドコモのSMS料金表より(https://www.nttdocomo.co.jp/service/communication/sms/charge/より引用)

送信文字数に応じて1回あたり3~30円です。(ご利用の機種またはアプリにより1回に送信可能な文字数が異なります)

送信文字数 1回あたりの料金(税抜)
1~70文字(半角英数字のみの場合1~160文字) 3円
71~134文字(半角英数字のみの場合161~306文字) 6円
135~201文字(半角英数字のみの場合307~459文字) 9円
202~268文字(半角英数字のみの場合460~612文字) 12円
269~335文字(半角英数字のみの場合613~765文字) 15円
336~402文字(半角英数字のみの場合766~918文字) 18円
403~469文字(半角英数字のみの場合919~1071文字) 21円
470~536文字(半角英数字のみの場合1072~1224文字) 24円
537~603文字(半角英数字のみの場合1225~1377文字) 27円
604~670文字(半角英数字のみの場合1378~1530文字) 30円

注意「FOMA料金プランの無料通信分」の対象です。

SMSは国内だけでなく国外にも送信できるが、国外へのSMS料金はぐっと高くなる。
格安SIMを利用している場合は、ほとんどdocomoの回線を利用しているので注意が必要である。
以下は、docomoの回線を利用しているDTIのSMS料金表(http://www-wp.dream.jp/search.php/?p=22692より引用)

【国外へのSMS送信料】
国内へのSMS送信料は送信文字数に応じて1回あたり50~500円です。

※ご利用の端末またはアプリにより1回に送信可能な文字数が異なります。
  端末の詳細につきましては、こちらをご確認ください。

例:国内の場合
70文字を越えたSMSにつきましてはSMS送信1回あたりの文字数によって通数がカウントします。
例:670文字のSMSは10通分としてカウント。

料金の詳細は以下の表をご確認ください。

SMS国外料金表

なお、SMS料金の変更があったのはdocomoだけで、docomo以外のauやソフトバンクおよびワイモバイルではまだSMS料金の改訂案内はないようだ。

現状のソフトバンクとauのSMS料金表を調べてみた。

ソフトバンクのSMS料金

(http://www.softbank.jp/mobile/service/mail/3g/より引用)

料金プラン スマ放題
ホワイトプラン
ゴールドプラン
ブループラン
オレンジブラン
配信先 ソフトバンクモバイル
携帯電話
左記以外 ソフトバンクモバイル
携帯電話
左記以外
送信 無料※1 3円/通 3円/通
受信 無料
みまもりカメラ宛のSMS送信には、SMS送信料(3円/通)がかかります。送信先が携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用して他の携帯電話会社へのりかえをしていた場合、他の携帯電話宛の通信料が適用されますので、ご注意ください。
ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク携帯電話を含みます。

auのSMS(Cメール)料金表

(http://www.au.kddi.com/mobile/service/mail/sms/より引用)

SMSは電話番号だけでメッセージのやりとりができるサービスです。

送信可能な相手 au携帯電話・国内/海外他社携帯電話・PHS (注1)
送信可能文字数半角文字 最大160文字 (注2)
全角文字 最大70文字 (注2)
メッセージ保持期間

最大72時間

  • 相手が圏外や電源OFFでもメッセージをお預かりします。
  • お預かり後は相手先へのメッセージを繰り返しお送りします (リトライ機能)。
送信料(国内)
(海外ローミング時の料金はこちら
au携帯電話・国内他社携帯電話・PHS宛

3円/通

  • au携帯電話宛は無料となる料金プランがあります。
  • 無料通話つき料金プランの場合、無料通話に含まれます。
  • 「指定割」の割引対象とはなりません。
  • ぷりペイド電話の場合5円/通となります。
海外他社携帯電話・PHS宛

100円/通(免税)

  • 無料通話つき料金プランの場合、無料通話に含まれます。
受信料 無料

迷惑SMS (Cメール) の防止対策のため、SMS (Cメール) 送信可能通数に上限を設定しています。

送信制限対象送信限度数
auサービスご契約者加入月を含む開始月から3カ月 200通/日または3,000通/月
ご加入4カ月目以降 200通/日または6,000通/月
スマイルハート割引 (注3) 200通/日または6,000通/月
ぷりペイド電話ご契約者加入期間にかかわらず 3,000通/月
  • (注1)ぷりペイド専用電話から他社携帯電話への送信はできません。
  • (注2)一部端末は半角100文字・全角50文字までとなります。
  • (注3)身体障がい者手帳・養育手帳・精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けられている方が対象になります。

調べてみると、各社ともSMSの料金体系はけっこう複雑で、完全無料というのはない。

今や、SMSを使わなくとも通信手段は多数ある。メールだけでなく、LINEやFacebookのメッセンジャーなどは便利だし無料の通信手段である。有料のSMSの利用はほどほどにしたほうがよさそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  

この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/11/sms30yen.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2014/11/sms30yen.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2014/11/sms30yen.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。