https対応になったWordPressにメールフォームを設置するならコンタクトフォーム7が便利

contactform7.jpgワードプレス(WordPress)でメールフォームを設置するならコンタクトフォーム7というプラグインが便利。ただし、https対応していないサーバの場合はフォームがSSLにならないので利用を控えていた。最近ではワードプレスもhttps対応が多いため、むしろコンタクトフォーム7の利用を勧めることが多くなった。コンタクトフォーム7(contactform7)とは日本のTakayuki Miyoshi氏が作ったプラグインで、簡単にメールフォームを設置できることから世界でも超人気になっている。設置と運用方法について簡単に説明しておく。

コンタクトフォーム7(Contact Form 7)の使い方

作者によるコンタクトフォーム7の解説サイトが
https://contactform7.com/ja/docs/
にて公開されている。

コンタクトフォーム7でのスパムメール防止策

上記サイトの説明が秀逸なので、ここでは活用法としてのプチネタとして、ちょっとしたスパムメール送信防止策を紹介する。

コンタクトフォーム7の説明には

Contact Form 7 は Akismet によるスパムフィルタリングをサポート。賢い reCAPTCHA はうっとうしいスパムボットをブロックしてくれます。さらにコメントブラックリストを使えば、指定したキーワードを含むか指定した IP アドレスから送られてきたメッセージを排除できます。

とスパムメール対策が紹介されている。

それほどスパム対策に苦労していないが、ときどき外国語の迷惑メールが送られてくるのを減らしたいというなら、もっと単純な方法でスパムメールを減少できる。

このメールフォームには送信確認画面がありません。このまま送信しますか?
はい、送信します。

という二行ほどを追加するだけでOKだ。

このチェックを必須項目にしておけば、スパマーの自動送信がほぼできなくなるため迷惑メールは激減する。

コンタクトフォーム7での設定方法

コンタクトフォーム7の管理画面で、「チェックボックス」をクリックすると、チェックボックスを作成できる。

そのさいに
・必須項目にする
・オプションに「はい、送信します。」と入れる
と設定し、「タグを挿入」というボタンをクリックする。

▼チェックボックスの設定画面
contactform7tohdajpchecbox.jpg

すると設定画面に
[checkbox* checkbox-332 "はい、送信します。"]
というタグが挿入される。
その一行上に
このメールフォームには送信確認画面がありません。このまま送信しますか?
という文章を追加する。

これで設定保存すれば設定は完了である。

▼設定完了したhtmlソース(タグ)

<p>お名前 (必須)<br />
[text* your-name] </p>

<p>メールアドレス (必須)<br />
[email* your-email] </p>

<p>メッセージ本文<br />
[textarea your-message] </p>

このメールフォームには送信確認画面がありません。このまま送信しますか?
[checkbox* checkbox-332 "はい、送信します。"]

<p>[submit "送信"]</p>

▼実際に設置したフォームの例

contactform7tohdajp.jpg

上記のページはhttp://www.tohda.jp/mailである。このサイトはまだSSLになっていないため、メニューからはリンクできないように隠してある。

事実上、たったの一行チェックボックスを追加しただけだが、スパムメールは激減する。簡単なわりに効果が大きいのでかなり有効な方法である。

このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/06/contactform7.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2017/06/contactform7.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2017/06/contactform7.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。