Contact Form 7で設定エラーが検出されたらメールアドレスがホームページのドメイン名と不一致でないか確認してみよう

contactform7maileroor.jpgWordPressのContact Form 7(コンタクトフォームセブン)は便利なプラグインである。ホームページの問い合わせフォームを簡単に設置でき、カスタマイズもかなり自由にできるのがいい。最近は常時SSLになってきているので、セキュリティをあまり気にせずフォームを複数設置しやすくなっている。
ところで、過去に設定したフォームに設定エラーが検出されているという例をよく見るようになった。この原因はいくつか考えられるが、メールアドレスのドメイン名がそのホームページのドメイン名と一致していないエラーがもっとも多いようだ。Contact Form 7で設定エラーが検出されたら、まずはメールアドレスがホームページのドメイン名と不一致でないか確認してみよう。

コンタクトフォーム7の設定エラー修正方法

▼コンタクトフォーム7の設定でエラーが表示された画面
contactform7mailawase1.jpg

上記の画面でなにがエラーなのかというと、ホームページのドメイン名(ブラウザのアドレスバーに表示されているURL)と、送信元で設定しようとしているメールアドレスのドメイン名が一致していないということである。

アドレスバーのURL https://sindan.org
メールアドレスのドメイン名 domo-domo.com

アドレスバーのURLがhttps://sindan.orgなのに、設定しようとしているメールアドレスのドメイン名がdomo-domo.comなので、この2つのドメイン名が一致していないことがわかるだろう。

いまや、詐欺サイトなどのなりすまし問題が深刻である。この被害を減らすためには、表示されているURL名と同じメールアドレスを送信元として設定すべきである。また、ユーザーへの信頼感向上のためにもそうすべきだろう。

現在、コンタクトフォーム7では、このドメインが一致していないとエラー警告がでるようになったようである。

▼メールアドレスを修正した画面
contactform7mailawase2.jpg

上記のように、ホームページのドメイン名で利用しているメールアドレスに変更したところエラー表示はなくなった。

送信完了画面の工夫

なお、コンタクトフォーム7では送信完了画面の表示が弱い。コンバージョン設定のためにも送信完了画面を別ページで表示したいところだが、現在はその設定ができない。送信完了という文字は、フォームのURLのままその下部に自動的に表示される設定である。

そこで、送信完了という表示を工夫するとよい。送信完了のメッセージにはhtmlタグは使えないが、テキスト文字は長文でもOKだし、URL名の表示も可能である。

▼コンタクトフォーム7の送信完了メッセージの設定例
contactform7sousingorei.jpg

ありがとうございます。メッセージは送信されました。あなたのメールアドレスに自動送信メールをお送りします。できれば「https://sindan.org」をブックマークお願いします。

この送信完了のメッセージ例には、テキスト文字を少し追加し、URL名の表示もしてある。

この設定方法は、コンタクトフォーム7の設定画面で「メール」のタブを開き、メッセージ一覧の中から修正したいところを修正して保存すればいい。

ここでは、「メッセージが正常に送信された」のところに記述されているテキスト内容を編集してある。

contactform7mailawase3.jpg

コンタクトフォーム7はとても便利なプラグインである。うまく活用していきたいものだ。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  
 

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/03/contactform7error.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2018/03/contactform7error.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2018/03/contactform7error.html」
パソコンで表示されたページをスマフォでも見たい場合は、このQRコードをリーダーで読むと表示されます。