Gmailで添付できるファイルの容量は25MBが上限、25MBを超えるファイルサイズの送信はグーグルドライブにアップしリンク作成するのが推奨

gmailjyougen25m.jpgGmailあてに送信するメールに添付できるファイルのサイズには上限がある。25MBを超えるとメールがエラーとなりリターンされてくる。そのさいのエラーメール内には
https://support.google.com/mail/?p=MaxSizeError
というリンクがあり、開くと「添付ファイルのサイズ制限」について書かれている。
内容は、「最大 25 MB の添付ファイルを送信できます。複数のファイルを添付する場合は、合計 25 MB まで追加できます。サイズが 25 MB を超えるファイルは添付されず、Google ドライブのリンクが自動的にメール内に追加されます。詳しくは、Google ドライブの添付ファイルの共有設定をご覧ください。」となっている。

▼リターンされたエラーメール
gmail25mchoerror.jpg

しかし、実際にはグーグルドライブのリンクは生成されずに、単にメールが届いていないというだけになっていた。グーグルドライブを使う場合は、きちんとグーグルドライブにアップしてからリンクをメールで送るという手順にしたほうがよさそうである。

さて、上記のエラーの場合は、メールの宛先は独自ドメインであり、利用しているサーバは「さくらインターネット」だった。さくらインターネットは添付できるファイルサイズ上限がとても大きく、残りのメール保存容量内ならどれだけでもよいはずである。そのため100MBを超えるメールも送信できてしまう。

そして、先方は独自ドメインメールに届いたメールはGmailにも転送しているようである。だからGmailのエラーメールが届いたのだろう。

実際に、自分自身もメール送信の際は自分宛てにBCCしており、そのBCC先のメールはGmailに転送しているので、同様のエラーメールが届いている。なので、Gmailからのエラーは2通来ている。

直接Gmailを使っていない場合でもこのようなエラーが発生するので、メールに添付するファイルの上限サイズは25MB以内という運用ルールにしておいたほうがよさそうである。

大きなファイルを送る方法

25MBを超える大きなファイルを送る場合はメール添付以外の方法を選んだほうがよさそうである。

その場合は、クラウドストレージを使った方法がベターだろう。Googleなら「グーグルドライブ」のGoogleOneドロップボックスなら「トランスファー機能」を使うとスマートにファイルを送ることができる。


このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加  

この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/01/gmail25mb.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/01/gmail25mb.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/01/gmail25mb.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。