アマゾンの商品検索で「&emi=AN1VRQENFRJN5」をつけるとマーケットプレイス商品を除外できます

アマゾンの商品検索で「&emi=AN1VRQENFRJN5」をつけるアマゾンはブラックフライデーのセールを開催しています。検索すると多数の商品を探すことができますが、その商品の中にはマーケットプレイスの商品も含まれています。
マーケットプレイスとは、Amazonで販売するAmazon以外の出品者たちが販売するしくみのことです。マーケットプレイス出品者が販売する商品には、在庫ありと表示していてもその在庫は中国にあり、発送されても2~3週間かかることもあります。一度、Amazonでイヤホンを購入したことがありますが、そのケースがこれでした。Amazonだと翌日に着くイメージが強いので到着まで3週間もかかるといらいらしますね。
そこで、マーケットプレイスの商品を除外して検索する方法を発見しました。それは、商品検索に「&emi=AN1VRQENFRJN5」をつけることです。

Amazonで商品検索してみる

試してみましょう。Amazonで「イヤホン」を検索してみると、検索結果は40000以上と表示されています。安い順に並べ替えた画面が以下のものです。

amazonemi000.jpg

この「イヤホン」の検索に「&emi=AN1VRQENFRJN5」をつけて検索すると...

amazonemi001.jpg

となります。

検索結果の件数が4万から111に激減しました。この111件は、マーケットプレイスの商品が除外されて、Amazonが直接販売している商品だけになります。

ということはマーケットプレイスの商品だけで約4万点もあるということなんですね。びっくりです。

&emi=AN1VRQENFRJN5は魔法の検索キーワード

このように検索に「&emi=AN1VRQENFRJN5」を付与するだけで検索結果が激変するのです。マーケットプレイス商品を除外して検索したいときは便利ですね。

なお、「&emi=AN1VRQENFRJN5」は検索結果のURL末尾につけるように書かれている情報サイトが多くありましたが、検索画面でもうまくできました。PCだとURL末尾の操作はできますが、スマホだとうまくできません。検索画面に入れたほうが便利ですね。

実際に、スマホでも商品名検索をしたあとで、商品名の後ろに「&emi=AN1VRQENFRJN5」をつけると、絞り込み検索になりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/emian1vrqenfrjn5.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/emian1vrqenfrjn5.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/11/emian1vrqenfrjn5.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。