iPhoneの標準ブラウザはSafariから変更しましょう。ChromeよりBraveのほうが表示が早くて快適です

brabevschrome.jpgAppleのOSがiOS14になってから、iPhoneの標準ブラウザをSafariではなく自分の好きなものに変更できるようになっています。これまでiPhoneではSafariではなくChromeを使用していましたが、どうしても標準ブラウザのSafariを開いてしまう場面があるので辟易していました。
好きなブラウザを標準設定にできるのは便利ですね。さて、その標準ブラウザをChromeからBraveに変更しました。理由は表示速度が劇的に早いからです。

スマホのブラウザ通信量は約4割が広告でした

なんと、スマホ(iPhone)での通信量のうち約4割が広告だという調査結果がでました。これは衝撃的ですね。月々のデータ通信料金のうち約2900円が広告の通信のために払っているという試算もあります。

以下https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000007697.000007006.htmlから引用

今回調査した15の主要なコンテンツサイトの多くで、そのデータ転送量の半分以上を広告が占めていました。調査した15サイトの単純平均では、全データ転送量のうち約44%が広告と推計されます。これらの結果と、データ通信量の単価やWeb、SNS、動画サイト、メールといった項目ごとの利用時間・データ転送量等から類推すると、4人家族全員がスマートフォンを持っている場合、月々のデータ通信料金のうち約2,900円ぶんを広告のデータ転送に費やしていることになります。

また、表示速度比較の調査結果もでていました。圧倒的に早いのが「Brave」でした。「Brave」の表示が早い理由は広告をブロックする機能が標準でついているからです。

Safariと比較するとどうかというデータも出ていました。Safariが36分かかって表示しているのに対して、Braveは25分でした。単純比較でBraveはSafariの1.44倍早い、ということですね。

iPhoneのブラウザをBraveに変更しました

Braveのサイトに「Brave vs Chrome」という記事があります。
https://brave.com/ja/compare/chrome/

Braveってなに?という方はまずこの記事を読んでみましょう。どうやら、早いし安全だということです。

ということで、iPhoneのブラウザをBraveに変更してみました。

braveappdl.jpg

ダウンロードURL
https://brave.com/ja/download/

をiPhoneでクリックすると、iOS用のBraveをダウンロードする画面になります。

braveapp.jpg

AppleのAPPストアに移動します。「入手」をタップすればインストールできます。

braveappdefsetting.jpg

BraveはGoogleChromeのしくみを使っているので、基本のエンジンはChromeと同じです。なので動作は安定しています。規定の検索エンジンはGoogleを選択しました。

braveshildyahoo.jpg

ちょっとヤフーのサイトをみただけですが、14の広告とトラッカーをブロックしていました。表示はサクサクです。

braveappdef.jpg

標準のブラウザはこれまでChromeにしていましたが、もうBraveにしてしまいました。

パソコンでもBraveを標準ブラウザにできます

iPhoneでのブラウザ体験が衝撃的だったので、PCで使うブラウザにもBraveを入れてみました。

ダウンロードURL
https://brave.com/ja/download/

BraveはChromium(クロミウム)というオープンソースのブラウザのしくみを使っています。わかりやすくいうと、基本のソースコードはGoogleChromeと同じなので、中身はChromeみたいなものです。

Chromium(クロミウム)
https://ja.wikipedia.org/wiki/Chromium

なので、Braveを使ってみて思うのは「Chromeと同じ」という感覚です。Chromeで使用していた拡張機能もそのまま引き継いで利用できました。

win10braveweb.jpg

使用してみると早くて快適です。無駄な広告が表示されないので精神的にもよい(笑)

Googleにログインしておくと、GmailもアナリティクスもGooglePhotoも、これまで使用していたChromeと同じように使えます。

そして、Braveで「You Tube」を見ても広告が表示されませんでした。例えば、これまで、中田敦彦のYou Tube大学を1本見ると、広告が何回も入りました。しかし、BraveでYou Tubeを見ても動画中の広告が差し込まれなくなりました。これは超便利です。

youtubekoukokunasi.jpg

ユーチューバーさんにとっては、広告が表示されないとなると収入が減ってしまうかもしれません。しかし、閲覧する側からすれば見ている動画の途中で広告動画が再生されるほどめんどうなことはありません。

そもそも、You Tubeのプレミアム会員って広告表示を止められるのことがメリットですよね。広告表示をしないためにお金を払うわけです。だから、Googleも広告をださないほうがユーザー体験がよくなることを知っています。

そろそろネットビジネスも広告ビジネスが変わりそうな潮目を感じますね。

というわけで、PCのブラウザもBraveを標準(デフォルト)に格上げしました。

win10bravesetting.jpg

しばらくこれで様子をみようと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/iphonesafarichromebrave.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/iphonesafarichromebrave.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/11/iphonesafarichromebrave.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。