ZOOMのカメラとして使える「Snap Camera」は楽しいエフェクトができるだけでなく意外に実用的なビデオフィルタです

Snap CameraZOOMで使えるビデオフィルタを試してみました。使用したのはZOOMがバージョン4.xxから5.00にアップデートしたさいに使えなくなったという評判のビデオフィルタの「Snap Camera」です。ZOOMのバージョン5.2以降ではふたたび使えるようになったようなので試してみました。フリーソフトなのでダウンロードして実行すれば使えます。ZOOMのカメラとして「Snap Camera」を選択するだけなので設定も簡単です。
で、この「Snap Camera」ですが、なかなかすごいです。撮影した動画をそのままリアルタイムで加工してくれるのですが、そのフィルタが多数あって選ぶのも楽しいです。

「Snap Camera」は楽しいエフェクトができます

「Snap Camera」で、いくつかのフィルタを試してみました。

camerairoiroeraberu.jpg

帽子をかぶったりヒゲをはやしたりする加工も自動的にできます。

snapcamera001.jpg

ライオンさんになることもできます。

snapcamera002.jpg

二次元の世界にも(笑)

snapcamera003.jpg

どれもすごいですね。本人がわからないくらいのエフェクトです。(笑)

この「Snap Camera」は

https://snapcamera.snapchat.com/

からダウンロードして利用できます。

ZOOMでSnapCameraを使う方法

ZOOMで「Snap Camera」を使う方法は簡単です。
ZOOMのアプリ画面で表示される下部の管理バーにある「ビデオ」アイコン右の「^」をクリックすると「カメラを選択」というウインドウがポップアップします。ここで「Snap Camera」を選ぶだけです。

あとは「Snap Camera」側で好きなエフェクトを選んで利用できます。

zoomsnapcamerasetting.jpg

遊んでいる様子の動画をZOOMでクラウド録画して、You Tubeにアップしてみました。

ふざけて遊んでいるだけのように見えますが、この「Snap Camera」を使うことは、さまざまなメリットがあります。

・割と自然なエフェクターもあり、ちょっとした美肌効果なら使っていることがわからないくらい

・エフェクターを使うと動作が大きくなることで、オンラインミーティングが活性化する

けっこういいなと思いました。

なお、オンラインミーティングを活性化させる手段として「うなづき役」をおくとよいという調査結果もあります。動作の大きい同意を表現する方法としてもエフェクトは有効ではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加  



この記事を書いた人

中小企業診断士:遠田幹雄の顔写真遠田 幹雄(とおだ みきお)
 
経営コンサルティング企業の株式会社ドモドモコーポレーション代表取締役。石川県かほく市に本社があり金沢市を中心とした北陸三県を主な活動エリアとする経営コンサルタントです。
小規模事業者や中小企業を対象として、経営戦略立案とその後の実行支援、商品開発、販路拡大、マーケティング、ブランド構築等に係るコンサルティング活動を展開しています。民民での直接契約を中心としていますが、商工三団体などの支援機関が主催するセミナー講師を年間数十回担当したり、支援機関の専門家派遣中小企業基盤整備機構の経営窓口相談に対応したりもしています。
保有資格:中小企業診断士、情報処理技術者
 
会社概要およびプロフィールは株式会社ドモドモコーポレーションの会社案内にて紹介していますので興味ある方はご覧ください。


この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/zoomsnapcamera.html」をQRコードで表示
この記事のURL「https://dm2.co.jp/2020/11/zoomsnapcamera.html」をQRコードで表示「https://dm2.co.jp/2020/11/zoomsnapcamera.html」
パソコンで表示されたページをスマホでも見たい場合は、このQRコードをスマホのカメラ(QRコードが読めるリーダー)で読むとページが表示されます。