農菓PJのカテゴリアーカイブ

農菓PJ第1回めグランプリは八野田・舘ペア農菓プロジェクトが実施した第1回め創作菓子コンテストのグランプリは八野田・舘ペアだった。写真は表彰状と記念のトロフィーを手にして喜ぶ二人。
結果は...
総合グランプリ 八野田&館(特別栽培米)ペア
総合2位 行松&岡元(加賀丸芋)ペア
総合3位 野村&本田(小松トマト)&岡元(加賀丸芋)トリオ
1回め石川県庁ラウンド、2回め北陸学院大学ラウンド、3回め香林坊大和ラウンドと合計3回行われた3部門賞全て八野田&館(特別栽培米)ペアが1位となり、この3つ結果を踏まえた総合グランプリも取得し、4冠総ナメの堂々たるグランプリという快挙となった。

のブログ記事の詳細を読む

農菓PJ北陸学院短大ラウンドのお菓子農菓プロジェクトの創作菓子コンテンストは早くも第2ラウンドの北陸学院短大ラウンドとなった。今回の対象者は女性の中でも「大学生」。20歳前後の若い女性が創作和菓子にどのような興味や関心を示すのかが焦点になる。今回提供された創作和菓子は15種類。すべてが石川県内の農業者の農産物を使い、和菓子職人とのコラボで創作されたお菓子である。
創作菓子コンテストは今週末日曜日の11月1日が最終ラウンドで、一般女性の試食による投票で最終決着する。

のブログ記事の詳細を読む

農菓PJ県庁ついに農菓プロジェクトのコンテストが実施された。昨年の呉から企画してきた農業者と和菓子職人のコラボで創作和菓子を創るという企画である。12組25人のガチンコ勝負ラウンド1の会場は石川県庁。「石川県の女性がこっそり食べたいお菓子」をイメージして作られた創作和菓子がずらりと並んだ。いずれも石川家の農業者の農産物をふんだんに使った和菓子である。県庁の女性が試食してどう感じたかという結果はいずれ公開される。来週には北陸学院短大で第2ラウンド、そして11/1は大和デパートで一般女性が参加しての第3ラウンドである。どの創作和菓子が人気NO1になるのかとても楽しみである。

のブログ記事の詳細を読む

農菓PJ大和コンテストフライヤー農菓プロジェクトという農業者と和菓子職人のコラボによる創作菓子の取り組みで、11月1日に大和デパートでコンテストを開催する。詳細は告知のフライヤーのとおり。第一回コンテストのテーマは「石川県の女性がこっそり食べたいお菓子」。今回は和菓子職人12名と農業者13名が12組のペアを組み、それぞれのペアで農産物を活かした特徴ある和菓子を創作する。その創作菓子の1位を決める試食と投票の権利は一般公募の審査員が持つ。審査員は事前応募者の中から抽選で100名が選ばれることになっている。

のブログ記事の詳細を読む

農菓PJ8月7日の会議農菓プロジェクト(農菓PJ)の会議に参加した。7月30日に行われた農業者と和菓子職人のコラボマッチング決定イベントで12のマッチングが成立した。今後、この12のグループが10月に行われるコンテストに向け、それぞれが即時の創作菓子を開発する。今日の会議では、これからの広報やコンテスト詳細について検討した。コンテンスト会場やコンテストの形態をショー・イベントにするのか、地味な投票試食会にするのかで、運営スタイルやコストが大きく変化する。予算にも大きく関係することなのでいつも以上に真剣な議論がかわされた。

のブログ記事の詳細を読む

農菓PJ7月の会議農菓PJ(のうかプロジェクト)は10月のコンテストを前にして会議にも熱が入っている。今日は10月に開催予定のコンテストの日程調整が主要議題。だが、その前に課題山積である。
農菓PJは和菓子職人と農業者のコラボにより、新しい石川県の菓子文化を創造しようという意気込みを持っている。石川県内の農業者が作る野菜や果物や穀類などを使って、和菓子職人が新しい菓子を創る。その新しい組み合わせで作られた和菓子の新商品を発表するコンテストは10月に予定されている。なのに、和菓子職人と農業者の組み合わせ(ペアリング)がまだ決まっていないのである。予定よりも大幅に遅れている。

のブログ記事の詳細を読む

農菓PJの少数ミーティング農菓PJでは農業者と和菓子職人のマッチングが来月(5月末)に決まる。そのための準備や10月開催予定のコンテストのルール化など決めなければならないことが多数ある。
とくにコンテストのルール決めが課題である。これまで素案として、価格200円、大きさは10センチ四方以内、石川県産の農業者が作った野菜や穀類などの農産物を必ず使うこと、などが検討されてきた。しかし、販売価格については自由にすべきであるという意見もあり、なかなか調整がつかない。またコンテンストなので投票方法や採点方法なども明確にしなければならない。残された時間はあまりない。

のブログ記事の詳細を読む

農菓PJのミーティング農菓PJとは石川県の農業者と和菓子職人が、新たな和菓子文化を創造するために新商品開発などの事業を行うグループである。4月となり新しい年度が始まったが、今年は10月にコンテストも予定されており、いよいよ勝負の年だ。これまでに農産物見本市という農産物紹介の場も実施した。和菓子職人がどの農業者のどのような農産物を選んで菓子を作るのかのポイントは農産物の選定にある。5月までに、和菓子職人は農産物を選定し、6月から商品開発の段階に入る。その実行体制を確実にするために、役割分担を明確にする委員案もでてきて、いよいよ体制も固まりつつある。

のブログ記事の詳細を読む

加賀丸いも農菓PJで農業者見本市を開催した。お菓子創りコンテストにエントリーした農業者たちが自分たちの農作物や農作物の一次加工品を持ち寄って、和菓子職人たちに見て触れてもらいそして試食して体験したもらうための会である。会場は金沢市粟崎にあるものづくり会館の調理実習室。総勢30名を超える集まりで会場は熱気でムンムンとなった。
農業者からの5分プレゼンでは、農作物や地域に対する熱い思いが伝わってきた。また和菓子職人さんたちからも自店の和菓子が振る舞われ、おいしく楽しく交流ができた。

のブログ記事の詳細を読む

noukapj20150130農菓PJ準備会の会議は20名以上参加する大人数の集まりになった。毎回人数が増えていくため、毎回自己紹介の時間が必要になっている。今回は創作菓子コンテストの発表の時期を決めることが主要議題である。農業者が提供できる旬の農作物や和菓子職人が試作を行う時間を考慮し、10月に第一回コンテンストを開催するという企画案を進めていくことになった。
今回の会議ではウーマンスタイルの成田由里氏が参加してくれて、女性視点のマーケティングについてのことや、モニタ調査の方法などさまざまな知見を披露。今後の農菓PJを展開するためにとても役に立つありがたい情報であった。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加