AI(人工知能/ディープラーニング)

AI(人工知能/ディープラーニング)のカテゴリアーカイブ

kaihukusinaiizakaya200.jpg「v-resas.go.jp」を使うと、コロナ禍で人の動きがどう変化したのかというビッグデータ分析ができます。国が提供しているサービスで誰でも無料で使えるのがいいですね。
8月分までのデータが整っていたので、石川県に絞ってデータ分析をしてみました。金沢駅での人の動きを見ると県内での人の移動はほぼ前年並みまで回復していますが、県外からの移動は減少したままで、-52%とまだ半分以下です。外食全体では復調傾向が見られますが、居酒屋・バーは対前年で-49%と約半減しているなど、アルコールを伴う飲食業界は厳しさが続いているようです。

 →

kaislogo.jpgKAIsは研究会活動の一環として石川県中小企業診断士会が開催する9月26日の中小企業診断士更新研修で発表をします。本日のオンライン例会はその発表内容についてがメインテーマでした。
発表者は太田会長と長東副会長の2名です。この2名が事前に作成したスライドを見ながらの意見交換となりました。とくにメイン発表者である太田会長のスライドを中心に意見交換が進む、おおむねそのまま発表すればよいということで議論が収束しました。

 →

KAIsの例会はオンライン会議KAIsの例会は今回(8月6日夜)もオンライン会議でした。どうやら今年度はほとんどがオンライン会議となりそうです。
さて、KAIsに中小企業診断士法定更新研修で発表するというお役目が回ってきました。法定研修なので記録に残りますからなかなかの大役です。AIやIotなど第4次産業革命前夜といわれている今だからこそ我々AI研究会の活動にも注目が集まっているのでしょう、また、石川県中小企業診断士会の中にある研究会活動が活発になっていることを紹介する意味でもナイスなタイミングだと思います。

 →

KAIsはオンライン総会を開催KAIsはオンライン総会を開催しました。昨年の6月に発足し、中小企業診断士会の中でAI研究会として1年活動を続けてきましたので節目でしね。この1年、KAIs会長を務めてくれた古賀さんの進行でオンライン総会がスタートしました。(スピーカービューの写真が古賀さんです)
思えばこの一年でいろいろなことがありました。昨年の診断士会総会懇親会の場でひょんなことからAI研究会が発足し、毎月の定期的な例会を重ねました。全景AIフォーラムで発表したり、コロナ禍でオンライン会議にしたりしながら研究会活動を続けてきました。

 →

svresasgojp200.jpgコロナ禍で人の動きがどのように変化したのかを数値で見える化してくれるサービスが6月30日に始まりました。国がビッグデータをAIで解析したものなので、かなりの信憑性が見込めます。基礎となるビッグデータは、POSデータ、コンテンツサイトの閲覧データ、人口データ、GPSデータなど複数のデータを総合的に分析しているようです。
全国的な指標もわかりますが、県別にも分析でき、さらに県内のいくつかのブロックごとのデータも見ることができます。地域経済に与える影響の把握及び地域再活性化施策の検討にとても参考になりますね。活用していきましょう。

 →

KAIsの6月例会石川県中小企業診断士会のAI研究会であるKAIsは発足したのが1年前の総会後の懇親会でした。その後、古賀会長を中心に毎月1回ペースで勉強会を重ねてきました。年間計画ではその最終日が本日(6月12日)です。
一年間の活動としては最後となる本日のKAIs例会はZOOMを使ったオンラインミーティング。先月のオンラインミーティングで岡山県の入矢さんがオブザーバ参加してくれたことから、今回は岡山県中小企業診断士AI研究会のメンバー5人を交えてのオンライン交流会となりました。

 →

kaiszoom20200514.jpgKAIsの発起人であり主要メンバーである太田さんが本日の主役でした。太田さんはこの半年の間、AIの学習に取り組み、ついに目標を達成しました。その目標とは「AIで俳句を自動生成する」というものです。「AI山頭火」と名付けられた俳句のAI生成の取り組みについて、KAIsの定例会で発表してもらいました。
緊急事態宣言の期間中だったため、今日の例会はZOOMを使ったオンラインミーティングとなりました。前半30分は太田さんの発表、後半30分は意見交換。今回は岡山県の中小企業診断士である入矢さんがオブザーバーとして参加してくれました。これから県域を超えたAI交流が活発になるかもしれません。

 →

第16回FIXプロモ研究会「あなたのAI偏差値がアップする講座〜AIの基本・最新実例から、未来予測まで〜」連日のAIセミナー参加。今日は映像や広告を手掛けるFIX社が主催する勉強会で、講師は株式会社ネクストリーマーのAIエンジニア喜多俊之氏。第16回FIXプロモ研究会「あなたのAI偏差値がアップする講座〜AIの基本・最新実例から、未来予測まで〜」
受講者はざっと40名以上いたが、エンジニア系の人よりも広告業界だったり一般の方が多かったようで、AIへの関心度が社会的に高まっていることを感じた。
初心者向きのAIセミナーを想定した内容ということだったが、わかりやすくて事例も盛りだくさんでとても充実したいいセミナーだった。

 →

雪のない金沢雪のない金沢は道路が走りやすくて助かる。マチナカの渋滞もあまりなく、目的地にまですっと到着できるのがいい。さて、本日は中小企業診断士のAI研究会「KAIs(ケーエーアイズ)」の1月例会である。毎月、なにがしかAIのことで勉強する場として設立されこれで半年以上経過した。
今回は全景AIフォーラムで「ゼロから始めるAI」を担当する人気講師でAIエンジニアの古川郁衣さんが参加してくれて、AI談義に花を咲かせた。

 →

全景AIフォーラムのクリスマスセッション毎月のように開催されている全景AIフォーラムも本日が今年の最終日。本日はAIハンズオンと称して、参加者が実際にPCを持ち込み、プログラムを動かしてみたり、ソースを書いてみたりするということを行う。AIエキスパートの市來氏や古川氏がそのサポートをしてくれた。
その後はクリスマスパーティ。楽しくおいしく学ぶクリスマスイブの夜だった。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加