講演会やセミナー講師の実績

講演会やセミナー講師の実績のカテゴリアーカイブ

nanaosakeseminar.jpg組合員のための経営活性化研修ということで研修会講師を担当した。セミナータイトルは「原価50円のドーナツはいくらで売れば儲かるか?」。内容としては、価格設定はマーケティング戦略のひとつであることを説明したうえで、価格を自由につけるというグループワークを行った。飲食店のFLコスト分析や財務の損益分岐点分析の解説も行った。経営力向上のお役に立てたのなら幸いである。

のブログ記事の詳細を読む

googleitseminarhakusancity200.jpg白山市商工会議所にて実践的IT活用販促講座「Googleフル活用で商売繁盛」を開催した。白山商工会議所は今年度からIT経営応援隊というしくみで、地元中小企業者のIT活用支援を強化しており、その一環として企画したセミナーである。
GoogleがSSL対応を強化したこと、MFI(モバイルファーストインデックス)の実施、Googleマイビジネスの活用法などを解説した。

のブログ記事の詳細を読む

netkatsuyoutyukyu2kaime.jpg能登のネット活用セミナー中級2回めを開催。前回は福井県鯖江市で印鑑を販売して新境地を切り開いている小林大伸堂の小林社長の講演とワークショップだった。今回はそのワークショップを受け、宿題として作成してくれた戦略案を持参してもらった。宿題の戦略案をもとに、これから行おうとする新ビジネスのペルソナ(たったひとりのお客様)を想定するワークと相互発表を行った。

のブログ記事の詳細を読む

notoisico20180725hajimari.jpg能登空港でのネット活用セミナー初級2回めが開催された。前回は、仏師坂上氏の事例紹介だったが、今回は能登でいしりを製造販売しているカネイシの新谷社長が登壇した。カネイシは船凍イカの卸売が主だったが、薄利多売のビジネスだけでは経営が安定しないことから、加工や直販のビジネスに取り組んだ。いまや、「いしり」といえば「カネイシ」というくらいに有名になっているが、新谷社長が取り組んできた道は平坦ではなかった。すばらしい経営の成果をだしていることがわかった。

のブログ記事の詳細を読む

koukajyuku2018zaimu.jpgいしかわ耕稼塾では「経営革新スキルアップコース」という若手後継者の農業者が経営を学ぶ場がある。毎週、平日夜18時から21時まで金沢の地場産業振興センターにやる気ある農業者が集結する。輪島や加賀方面からの農業者などは、往復3時間かけて参加するだけに熱心である。
遠田は本日と来週、財務の講義を担当する。オヤジギャグは若干入る程度に留めたい。

のブログ記事の詳細を読む

keigenzeiritsusetumeikaihakusan.jpg白山商工会議所で「レジ補助金IT導入補助金活用セミナー」を開催。税務署から軽減税率についての概要説明があり、その後、遠田が補助金関係について解説をした。
今回は、軽減税率のほうを主体にしているため、IT導入導入補助金の説明は軽くして、レジ補助金といわれている軽減税率対策補助金の説明を厚くおこなった。軽減税率対策補助金は複数税率対応のレジシステムを刷新する場合に受けられる補助金であり、レジ1台につき最大20万円の補助がある。1企業で最大200万円まで受けられるので、複数台のレジの入れ替えはこの機会に行うのがチャンスである。

のブログ記事の詳細を読む

財務知識を習得するためのセミナーJAのスーパーTAC研修で、財務知識を習得するためのセミナー講師を担当した。単に簿記などの仕訳の説明はせず、財務諸表をベースに農業経営を分析するための手法についての説明とワークを中心とした。損益計算書の概要をみてA法人とB法人はどちらがいい会社なのかを意見交換したり、損益分岐点計算のワークを行ったりした。優秀な方ばかりでワークはスムーズに進行できた。

のブログ記事の詳細を読む

notonetkatsuyostartupseminar201806.jph.jpg能登空港でのネット活用セミナー初級1回めを実施した。定員30名きっちり満席でスタート。中級とあわせると60名が参集していることになる。今年の能登のみなさんはネット活用が熱い!
本日は、メイン講師として仏師の坂上俊陽氏を招いた。仏師のネットビジネスへのチャレンジの軌跡を紹介してもらった。伝統的工芸品の世界で型破りな展開で成功を収めているが、本質的なところはとても誠実で真面目な取り組みが功を奏していることが伝わりとてもいい基調講演だった。

のブログ記事の詳細を読む

yumemilkinstseminarsatuei.jpgISICOのインスタグラム活用セミナーを夢ミルク館で開催した。メイン講師は坂田誠氏、受講生はお店ばたけ出店者有志である。ISICOのセミナー会場はというと通常は地場産業振興センターの会議室だが、今回の会場は自然感たっぷりの夢ミルク館。休憩時間にはソフトクリームを食べたり、写真撮影したりして、本当にソーシャルな感じの勉強会だった。

のブログ記事の詳細を読む

6jikaseminarkanban.jpg今日は、いしかわ農業総合支援機構の6次産業化研修トライアルコースの2回めの講義で講師を担当しており、石川県地場産業振興センター本館3階にやってきた。3階は満室のようで、すべての会議室でセミナーを行っていた。
6次産業化研修トライアルコースは、農業者が自社製品を開発しテスト販売にいたるまで合計6回以上、半年かけて支援していく研修体系になっている。今回は2回めで「価格の決め方」がテーマであった。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加