講演会やセミナー講師の実績

講演会やセミナー講師の実績のカテゴリアーカイブ

takaokazoomseminar200.jpg富山県中小企業団体中央会の主催で「オンラインシステム普及セミナー」を合計3回のシリーズ開催をすることになりました。本日は1回めのセミナーを高岡エクール(協同組合高岡問屋センター)で開催しました。
DX推進というテーマで「オンライン普及セミナー」というタイトルになりましたが、実質的にはZOOM活用のためのセミナーです。オンライン○○というビジネスを展開すると有効ですよ、というような話もさせていただきました。

 →

sougyoujyuku20211009200.jpg前回は「経営」でしたが今回の講義内容は「財務」でした。財務と言うと難しい数字や計算があるので得意でない...という人が多いと思います。たしかに数字無しで財務を説明するのは困難です。
そこで、初めて財務や経営分析にふれる人にもわかりやすく理解してもらうと、グラフや図形を多用した講義資料にしました。今回もオンラインでの開催になりましたが、どのくらい伝わったのかな。受講者にうまく理解されたらうれしいのですがどうだったでしょうか。

 →

okayamaimg20020210912.jpg岡山県診断士会が診断士フォーラムを開催しました。コロナ禍の影響で完全オンライン開催となりましたが、30名以上の参加があり盛況でした。
今回は「農業AI活用と今後のDX戦略について」というお題をいただき、遠田が講演するということになりました。これまでの画像判定AIの取り組みや石川県診断士会のAI研究会のことなどをお話させていただきました。

 →

金沢大学能登学舎の能登里山里海創業塾2021金沢大学能登学舎の能登里山里海創業塾2021は全5回の講義があります。今日は2回めで「経営」がテーマ、講師は遠田が担当しました。
本来は珠洲市にある能登学舎にて開催する予定でしたが、石川県に新型コロナ感染症対策のまん延防止が適用されたこともあり、オンライン開催に変更になりました。
ということで、ZOOMを使ったオンラインセミナーの形式で講座を進めました。

 →

wajimazoomseminar200.jpg輪島商工会議所でZOOM活用セミナーを開催しました。今回は初めてZOOMを使おうという方を中心にした、割と初心者向けのセミナーです。二部構成になっていて、一部はZOOMでできることやビジネス利用について説明、二部は実際にZOOMを使って体験、となっています。
一部の方だけ遠田が講師を担当させていただきました。輪島商工会議所では何度かセミナー講師をさせていただいてますが、今回はこれまでと参加者層が違ったようで、ほとんど初対面の方ばかりでした。ZOOM活用の必要性に迫られているという状況の方が増えているような気がします。

 →

石川県中小企業診断士会はオンライン勉強会石川県中小企業診断士会は県内の診断士が会員として加入している100人規模の団体です。診断士同士の研鑽の場として会員向けの研修も実施しています。とくに昨年からのコロナ禍で、オンライン勉強会を開催することにもチカラを入れています。
本日夜、遠田が「アクセス解析」というテーマでオンライン勉強会の講師を担当しました。

 →

hakusanonlineseminar20210805200.jpg白山商工会議所主催のセミナー講師をさせていただきました。セミナーは「Google活用」がテーマで、Googleマイビジネスやアナリティクスを使って売上増加を図りましょうという内容でした。今回のセミナーは、ZOOMを使ったオンラインセミナーでした。計画段階からオンライン配信ということでしたので、白山商工会議所で遠田がやらせていただくセミナーとしては初めての取り組みです。
ちょうど石川県白山市には「まんぼう」による時短営業要請がでている中ですので、オンラインセミナーはタイムリーだったかもしれません。

 →

INATO(いしかわ農業総合支援機構)のスキルアップコースINATO(いしかわ農業総合支援機構)は、農業者のためのワンストップ支援機関です。農業者向けに様々な研修も実施しています。
農産物の6次化への取り組みを検討している農業担当者さん向けの6次産業化研修は全8回で平日午後にオンライン開催しています。
また、農業経営者や継承者などの幹部向けの経営革新スキルアップ研修は平日夜に約20回の予定で実施しています。
たまたま本日は、この2つのセミナー講師が重なりました。午後はオンラインで、夜は地場産の研修室で担当することになりました。

 →

INATOの農業経営スキルアップ研修今年度もINATO(いしかわ農業総合支援機構)の経営革新スキルアップ研修が実施されています。1年かけて全部で20回程度の研修をほぼ平日の夜に行うという、受講者にとってはハードな内容になっています。受講対象者は農業経営に関わるキーマンで、とくに事業後継者や創業者に適しています。
遠田は、経営分析や財務などのテーマで3コマ分の担当をさせていただいています。7月5日夜には経営分析や財務というテーマでオンラインセミナーを実施しました。

 →

dxseminartoyama20210322001.jpgDXとは、デジタルトランスフォーメーションのことです。広い意味ではDX=IT化でしょう。深堀りしたDXの意味は「第4次産業革命という環境変化に直面している状況下で、社会や顧客のニーズをとらえなおしてビジネスモデルを変革し、製品やサービスを変革し競争優位を確立すること」となります。
そんなカタイ話もしましたが、後半は実際にどのようにDXに対応していくかについて中小企業の事例を交えて説明しました。

 →
このエントリーをはてなブックマークに追加 遠田幹雄のLINE@アカウントを友だち追加