セミナーの予定のカテゴリアーカイブ

「人を惹きつけるコンテンツの作り方」能登空港を会場として3回シリーズのネットビジネスセミナーを実施することとなった。「人を惹きつけるコンテンツの作り方」というテーマである。3回を通して遠田がコーディネート役となっているが、1回めと2回めのゲスト講師が魅力的なのでそれだけでも価値が高いセミナーになっている。1回めは「おさしみ直送便」を運営している川端鮮魚の川端海富理(みどり)氏、2回めはダンボール通販で国内トップといわれるダンボールワン社長の辻俊宏氏。このふたりの話はぜひとも聴いてほしい。能登から全国に情報発信して商売繁盛しているのはなぜなのかがよくわかるはずだ。

のブログ記事の詳細を読む

「SEO対策とアクセス解析の基本」今年度ISICO(おみせばたけ)が企画しているネット販売向けセミナーが公開になっている。基礎コースとして6つの講座があるが、そのうち「SEO対策とアクセス解析の基本」に関しては遠田が講師を担当することになった。日程は平成29年6月28日(水)と平成29年10月18日(水)の2回だが、前期と後期という意味で同じ内容を2回することになっている。前編後編ではないのでご注意を。

のブログ記事の詳細を読む

nanaosogyo201702flyer200.jpg七尾商工会議所で2月21日(火)15時から創業セミナーの講師をさせていただくことになった。今回の創業セミナーは県域を越えた連携事業で、七尾商工会議所と氷見商工会議所が共同で企画しているのが大きな特徴だ。会場は七尾商工会議所であるが、氷見からも多数の参加者があるようだ。内容は遠田が「小さな会社のネット活用法」という講演をしたあと、七尾と氷見からそれぞれの地域の創業者が発表することになっている。その後、意見交換会と交流会が予定されており、充実した交流が期待できる。

のブログ記事の詳細を読む

チャリセンセミナー告知開始チャリセンセミナー in KANAZAWA の概要が決定し本日告知を開始した。
チャリセンセミナーは2017年3月4日開催、会場は金沢商工会議所である。小西さんの呼びかけで、東日本大震災を応援するチャリティセミナーを開催しようということになり、5人の講師で準備をしてきた。この講師グループの5人は「チャリサポ5(ファイブ)」と命名され、セミナー名称は「チャリセンセミナー in KANAZAWA」となった。セミナー名称の由来は、チャリティで千円(センエン)のセミナーという単純明快なものだが、企画や内容はしっかりとしているつもりである。5人のセミナーどれでも1講座が1000円で受講でき、その受講料は全額チャリティとして東日本大震災の義援金となる。セミナーを受講するだけで、応援できるという企画。興味があるようなら、セミナー概要をご覧いただきたい。

のブログ記事の詳細を読む

wajimaitseminar2017.jpg.jpg輪島商工会議所では1月12日から経営力・経営知識強化月間講習会を開講している。最終6回めは1月26日、IT活用がテーマで講師は遠田が担当する。
この講習会は全6回、いずれも平日の午後6時30分から午後8時30分までの2時間の予定になっている。6回すべてを受講しなくても、希望の講座のみを受講することも可能。詳しくは主催の輪島商工会議所にお問い合わせください。

のブログ記事の詳細を読む

wakatenogyosyakurobe2017cl.jpg富山県の若手農業者支援のセミナーで講師をさせていただくことになった。対象は新川地区の若手農業者で、研修会は全5回の予定である。すでに2回めまでは実施されており、第2回めの講師は遠田と同じ石川県の六次産業化プランナーであるマンディーネの松蔵高子氏だった。松蔵氏は「自社ブランドを活かす」というテーマで講演しているが、アグリビジネスでのブランディングにかけては北陸でも第一人者だけにかなりいい内容だったのではないだろうか。その後の講師となるとハードルが上がるため、少し荷が重いが石川県の6PLの品位をおとさないように頑張りたいと考えている。

のブログ記事の詳細を読む

seotonio20161124.jpg「Googleを活用した SEO & アクセス解析の基礎」を富山県のTONIOにてさせていただくことになった。セミナー内容は、アクセス解析の必要性、SEOの基礎知識、アクセス解析とSEOの関係、Google Analyticsの基礎知識、Google Search Consoleの基礎知識、Googleを活用したSEO&アクセス解析によるサイト改善のノウハウ、などである。
今年1月に同名のセミナーをさせていただいているが、それからGoogleのアルゴリズムに大きな変化があったことから少し内容を変えている。ますます、スマホファーストでWEB対策を実施する必要性が高まっており、Googleの対応もスマホファーストをよりいっそう鮮明にしている。

のブログ記事の詳細を読む

チャリサポ5チャリサポ5というユニットが結成された。東日本大震災復興支援のためのチャリティセミナーを企画している5人である。このユニットのチーム名が「チャリサポ5」だ。チャリサポ5のネーミングは「チャリティセミナーをサポートする人のメンバー」という意味からきている。シンプルだ。
チャリサポ5は2017年3月4日(土)に「チャリセンセミナーin金沢」を開催する準備をしている。チャリセンセミナーとは「チャリティで受講料1000円のセミナー」という意味だ。受講者には1講座ごとに受講料1000円を支払ってもらうが、その集まった受講料は全額を東日本大震災復興支援の義援金にする。会場費や運営費はチャリサポ5が自ら負担する。ふざけた名前からは想像できないくらいなんとも真面目な取り組みを考えている。

のブログ記事の詳細を読む

ishikawasohosogyojyuku2016kokuchi.jpg創業を支援する研修会やセミナーが各地で開催されている。おそらく今年最後の創業塾は「いしかわ創業塾2016」ではないだろうか。いしかわ創業塾は石川県商工会連合会が主催する創業者を支援するセミナーである。金沢市の地場産新館3階が会場で、受講料は無料、11/27(日)、12/4(日)、12/11(日)、12/18(日)の日曜日4日間連続開催される。遠田は12/11と18の2回講師として担当する。なんといっても最終日の12/18の創業者事例発表に注目したい。今年の石川県のトイップ大賞を受賞した平山泰之氏が登壇し、能登島の漁師から飲食店経営まで幅広く経営しはじめたビジネスモデルについて語るからだ。創業者でなくとも聴講が楽しみである。

のブログ記事の詳細を読む

創業塾石川県信用保証協会が創業支援セミナーを開催している。先週の土曜日と今週の土曜日の2回で、4コマづつ合計8コマという終日のセミナーである。遠田は、本日の3コマめに「ネット活用法」というテーマで13:00から14:15までの講義を担当した。
また、このセミナーは「無料個別相談」がセットになっており、両日とも昼休み時間と講義終了後に個別相談することができる。今回の昼休み時間には個別相談のリクエストをいただき、会場には12時過ぎに入った。天気のよい土曜日に終日学ぶ受講生には感心する。このセミナーがよい転機になりますように。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加