タイヤなど自動車関連のカテゴリアーカイブ

タイヤ交換桜が咲き始めた途端に寒波襲来で全国的に花冷えとなっている。しかし、もう雪がつもることはないだろうということでタイヤ交換をした。タイヤ交換をすると季節が変わったことを実感する。
ここは自宅近くのカーサービスショップ。国道に面しており、イオンかほくにも近いので立地も良い。ガソリンスタンドと車検ができる整備工場が一体となった複合施設である。タイヤ交換待ちのお客さんが多数店内にいた。繁盛店だけに手際よく進めてくれる。

のブログ記事の詳細を読む

ガソリン給油口はどっち?ガソリン給油口はどっちか迷ったことがないだろうか?セルフ式ガソリンスタンドなどで時々車を降りて給油口が右か左かを確かめている姿を見ることがある。実は、車を降りなくても運転席に座ったままで給油口が右側か左側かを知ることができる。ガソリンの残量を示す燃料計(フューエルメーター)の給油マークの横の三角印を見ればよい。この三角印が左向きなら給油口は左にあり、右向きなら給油口は右にある。日本国内の自動車メーカーは給油口の位置が一定ではなく車種ごとにバラバラなのでこのようなマークがついているらしい。(画像はプリウスの燃料計、給油口は左側にありアイコンの矢印も左側を向いている)
しかし、なぜ給油口は右側にあったり左側にあったりするのか?実はこの状態のおかげでとてもメリットを受けている業界もある。どうやらそのことを狙って車種ごとに給油口をバラバラにしているということらしい。

のブログ記事の詳細を読む

プリウス10万キロ超え愛車プリウスが先日走行10万キロを超えた。今年の9月に初めての車検だったので新車購入から丸3年経過したが、年間3万キロ超のペースで走っていることになる。思えばよく走ってくれている。ちょうど3年前あたりからガソリン代が高騰しだしたので、燃費のよいプリウスは経費削減にも大きく貢献してくれている。これまでの通算燃費は、リッター当たり22キロくらいだろうか。燃費は走行条件で大きく変動するが、エアコンを使わず高速道路を使わないときがよい。もっともよいときはリッター当たり30キロくらい。

のブログ記事の詳細を読む

気温が上がると燃費も向上 5月はエコドライブに最適の季節だ。気温が上がると車の燃費も向上する。遠田が乗っているプリウスは現在の燃費がリッターあたり30キロを超えている。プリウスで3回めの春だが、例年4~5月の燃費が一番いい
プリウスで燃費をよくするエコドライブの方法もだいぶわかってきた。燃費がよくなる条件としては、「気温が20℃以上(暑くてもエアコンやファンを使わない)」「日中の走行(ライトを点灯しない)」「雨の日はできるだけ走らない(ワイパーを使うと燃費がすごく落ちる)」「高速道路を走らず下道をできるだけ定速度で走る(時速80キロを超えると燃費がぐっと落ちる)」など。

のブログ記事の詳細を読む

タイヤ交換の時期東京では桜が満開になったという知らせもあり、北陸でも今週は桜が開花するような気配である。北陸では、春の便りはタイヤ交換のタイミングでもある。冬用タイヤを外し春夏用タイヤに交換するのが春。例年、遠田のタイヤ交換は4月で、桜の開花の後にタイヤ交換している。今年は少し開花が早そうなので、今日タイヤ交換を行った。

のブログ記事の詳細を読む

冬用タイヤに交換今日で11月も終わり明日から12月となる。北陸では降雪に備えて自家用車のタイヤを冬用タイヤに交換しておく必要がある。毎年少し早めの11月にタイヤ交換をするのだが、今年は11月末になってしまった。すでにまわりでは冬用タイヤに交換済みの方が多く、昨日の打合で4人中タイヤ交換が済んでいいないのは遠田だけだった。
今日、冬用タイヤに交換したので自家用車に関しては冬の準備ができたことになる。

のブログ記事の詳細を読む

ローバーはUSBカーメモリこのヘッドライトが光っているローバーはUSBカーメモリである。このUSBカーメモリはミニカーとしても精度が高く、USBでパソコンに接続するとヘッドライトとテールランプが点灯するすぐれものだ。USBの接続端子の部分は折りたたんで本体に格納できるので、ちゃんとミニカーとして走らせることができる。とにかくかっこいい。

のブログ記事の詳細を読む

冬用のタイヤ冬タイヤに履き替える時期のひとつの目安になるのが最低気温7度。気温が7度以下になったら夏タイヤのグリップ力はかなり低下するらしい。雪が降ってからだとタイヤ交換は大混雑するし、スリップに気を使ってはらはらするし、毎年、冬タイヤの交換は早めに行うことにしている。
とくに今年の冬はラニーニャ現象で気温が低めになるらしいので、いつどかんと雪が降るかわからない。雪道への備えを早めに整えておいたほうがよさそうだ。

のブログ記事の詳細を読む

燃費の計器プリウスには5分毎の燃費を表示する計器がある。調子がよいときはガソリン1リットルあたり25キロくらいの燃費ですみガソリン満タンで1000キロ以上走ることができる。しかし、気温が低く凍結や雪などで路面状況がよくない冬の間は燃費が伸びず、だいたいガソリン1リットルあたり20キロくらいで推移していた。4月になってからは金沢でも暖かい日が続き、燃費も上昇傾向になっている。今日は肌寒い日だったがそれでも真冬の寒さとは違う。燃費は24.3キロと表示されていた。

のブログ記事の詳細を読む

冬用タイヤに交換11月になると北陸は冬の気配が強くなる。県境を越えたり高速道路を走ることが多い遠田は、例年早めに冬用タイヤに交換することにしている。今年は11月8日にタイヤ交換した。これまで使っていたビートル用のタイヤを下取りしてもらい、新たにプリウス用のタイヤを購入してあったので装着してもらった。

のブログ記事の詳細を読む
このページはTwitter、はてな、Google+、FacebookなどのSNSで以下のような反響があります。
なお、コメントはFacebookにログインしている状態でのみ受け付けております。セキュリティ上の観点からこのようにしております。ご了承願います。
このエントリーをはてなブックマークに追加